合格率・受験者数・合格者数の推移グラフ(第1回~第20回)

ケアマネ試験の合格率・受験者数・合格者数をわかりやすいように、グラフにしてみました。

受験者数は増えたり減ったりしていますが、合格者数はじわじわ減ってきています。

結果として、合格率は右肩下がりになっていることがわかります(第20回でぐっと盛り返しましたが・・)。

 

受験者数・合格者数・合格率 一覧表(第1回~第20回)

表も掲載してみました。

回数(年度) 受験者数 合格者数 合格率(%)
第1回(平成10年度) 207080 91269 44.1
第2回(平成11年度) 165117 68090 41.2
第3回(平成12年度) 128153 43854 34.2
第4回(平成13年度) 92735 32560 35.1
第5回(平成14年度) 96207 29508 30.4
第6回(平成15年度) 112961 34634 30.4
第7回(平成16年度) 124791 37781 30.3
第8回(平成17年度) 136030 34813 25.6
第9回(平成18年度) 138262 28391 20.5
第10回(平成19年度) 139006 31758 22.8
第11回(平成20年度) 133072 28992 21.8
第12回(平成21年度) 140277 33119 23.6
第13回(平成22年度) 139959 28703 20.5
第14回(平成23年度) 145529 22332 15.3
第15回(平成24年度) 146586 27905 19.0
第16回(平成25年度) 144397 22331 15.5
第17回(平成26年度) 174974 33539 19.2
第18回(平成27年度) 134539 20924 15.6
第19回(平成28年度) 124585 16280 13.1
第20回(平成29年度) 131560 28233 21.5
累計 2755820 695017 25.2

 

第1回、第2回は40%以上の合格率がありました。

ケアマネをとにかく増やそうとしていた時代ですね。

 

やがて来る高齢者減少時代には、

合格率はさらに下がるのかもしれませんね。

 

いずれにしても、『資格は取れるときに取る』。

これは鉄則です。

 

ケアマネは難関資格

第20回試験の結果

過去最低の合格率13.1%となった第19回から一転、第20回試験は21.5%と、

ここ数年では高い合格率となりました。

それでも難関資格の一つといってもよいレベルです。

 

ちなみに

  • 介護福祉士は70.8%(第30回)
  • 社会福祉士は30.2%(第30回)

単純な比較はできませんが、ケアマネ試験の難易度の高さが際立っています。

 

受験者の要件(実務経験)が新しくなった第21回試験の合格率がどうなるか?

要注目ですね。

 

ケアマネ試験は試験対策が必須

ケアマネ試験は、やるべきことをやれば、決して合格できない試験ではありません。

 

ですが、以前のように、「何となく勉強すれば受かるかも」という時代は終わっています。

 

合格するためには、しっかりとした試験対策を講じることが必要です。

 

試験対策をしっかりやろう

やるべきことは何か

ケアマネ試験に合格するためには、

いつまでに、どのような方法で、どの程度の実力をつけるべきか、

また、その実力はどのように測ればよいかなどを

よく考えることが大切です。

 

よく考えて、どのようにするかを決めたら、あとは実行するだけです。

考えた通りにならない時は、もう一度考えて、やり方を見直しましょう。

 

試験対策などについては、別のところに書いています。

試験対策の考え方についてはこちら

ケアマネ試験に合格できる実力についてはこちら

独学におすすめの教材(第21回(平成30年度)版ですが)についてはこちら

よろしければ、参考にしてみてください。

 

試験対策に自信がなければプロに任せよう

試験対策を自分でしっかりできる自信がない方には、

通信講座、通学講座といった受験のプロに頼るという方法がお勧めです。

 

ですが、試験対策講座といっても、種類や内容やクオリティーは千差万別です。

自分に必要なものは何か、自分に合う講座がどれなのか、しっかり吟味してから決めましょう。

 

お勧めの試験対策講座比較サイト

いろいろな試験対策講座を比較できるだけでなく

無料で一度にまとめて資料請求できます。

   >>【ケアマネ試験対策講座】の選び方

   >>【ケアマネージャー 試験対策講座】の選び方2