ケアマネ試験[居宅介護支援]一問一答100

ケアマネ試験の頻出テーマである認知症に関する過去問(1問1答形式)を100問集めてみました。

何問解けるかな!!

サービス担当者会議について 特記事項を書いた認定調査員は、出席しなければならない。 ×
サービス担当者会議について 地域包括支援センターの主任介護支援専門員は、出席しなければならない。 ×
介護に疲れた妻は、ショートステイを利用させたいが、夫である利用者本人は、不安らしく頑なに拒んでいる。この際の介護支援専門員の対応について 本人に「みんなショートステイに行っているのだから、あなたも行ったほうがよい。」と話して、同じ事情の人がたくさんいることをわからせる。 ×
介護に疲れた妻は、ショートステイを利用させたいが、夫である利用者本人は、不安らしく頑なに拒んでいる。この際の介護支援専門員の対応について 本人に「保険料を納めているのだから、ショートステイを利用するのは権利ですよ。」と説明して、一方的にショートステイの利用手続を進める。 ×
介護に疲れた妻は、ショートステイを利用させたいが、夫である利用者本人は、不安らしく頑なに拒んでいる。この際の介護支援専門員の対応について 「奥さんが疲れて倒れてしまったら、困りますね。」と話しかけ、本人が状況を理解し、自ら決めるのを待つ。
介護に疲れた妻は、ショートステイを利用させたいが、夫である利用者本人は、不安らしく頑なに拒んでいる。この際の介護支援専門員の対応について 妻に「奥さんと離れてしまうことをおそれているのかもしれませんね。」と本人の心情を伝え、お互いが理解しあえるよう助言する。
介護に疲れた妻は、ショートステイを利用させたいが、夫である利用者本人は、不安らしく頑なに拒んでいる。この際の介護支援専門員の対応について 妻から本人に「私が倒れたら家にいられなくなりますよ。」と伝えさせ、本人に分からせるように指示する。 ×
介護支援専門員が活用する社会資源について   社会資源の活用に際しては、 要介護者本人及び家族との協働が求められている。
介護支援専門員が活用する社会資源について   株式会社やNPO法人が提供するサービスは、 すべてインフォーマルサポートである。 ×
介護支援専門員が活用する社会資源について   要介護者を支援するためには、 介護保険サービスのほかに、 保健医療、 福祉、 住宅等に関するサービスや地域におけるボランティア活動などの理解が必要である。
介護支援専門員が活用する社会資源について   要介護者の家族や知人といった内的資源の活用が求められている。 ×
介護支援専門員が活用する社会資源について   インフォーマルサポートは、 画一的になりやすいものの、 安定した供給が可能であるといわれている。 ×
介護支援専門員の業務について 必要に応じて再課題分析を行う。
介護支援専門員の業務について サービスの種類、内容及び頻度を最終的に決定する。 ×
介護支援専門員の業務について サービス担当者会議を主宰する。
介護支援専門員の業務について 居宅介護サービス事業者からも情報を得て、モニタリングを行う。
介護支援専門員の業務について 要介護度の変化があれば、認定調査員に再調査を依頼する。 ×
介護保険法における介護支援専門員の義務 資質向上努力義務
介護保険法における介護支援専門員の義務 サービス事業者指導義務 ×
介護保険法における介護支援専門員の義務 基準遵守義務
介護保険法における介護支援専門員の義務 要介護度改善義務 ×
介護保険法における介護支援専門員の義務 保険者協力義務 ×
基準該当サービスについて 居宅介護支援は、基準該当サービスとして認められる。
居宅サービス計画の実施状況の把握(以下「モニタリング」という。)について 同居家族がいる場合は、家族との面接を実施しなければならない。 ×
居宅サービス計画の実施状況の把握(以下「モニタリング」という。)について 定期的にサービス提供者との面接を実施しなければならない。 ×
居宅サービス計画の実施状況の把握(以下「モニタリング」という。)について モニタリングの結果は、少なくとも1月に1回記録しなければならない。
居宅サービス計画の実施状況の把握(以下「モニタリング」という。)について モニタリング標準項目は、厚生労働省から提示されている。 ×
居宅サービス計画の実施状況の把握(以下「モニタリング」という。)について モニタリングを行い、必要に応じて居宅サービス計画を変更するものとする。
高齢者を介護する家族への介護支援専門員による支援 家族の就労の継続の支援はしない。 ×
高齢者を介護する家族への介護支援専門員による支援 家族の休養を目的としたサービスの利用も検討する。
高齢者を介護する家族への介護支援専門員による支援 家族と要介護者との考え方が違う場合は、家族の立場に立って指導する。 ×
高齢者を介護する家族への介護支援専門員による支援 家族がもっているケアの潜在的可能性を見きわめる。
次の記述について サービス担当者会議は、医師・歯科医師の訪問に合わせて自宅で開催することもできる。
利用者から「訪問介護員が気に入らない。こちらが希望する仕事をしてくれない。」との訴えを受けた。この際の介護支援専門員の対応について 苦情を受けるのは介護支援専門員の業務ではないことを説明し、「訪問介護事業所とよく話し合ってください。」と伝えた。 ×
利用者から「訪問介護員が気に入らない。こちらが希望する仕事をしてくれない。」との訴えを受けた。この際の介護支援専門員の対応について まず、利用者がどのような性格の人かを確かめるため、民生委員に事情を聞きに行った。 ×
利用者から「訪問介護員が気に入らない。こちらが希望する仕事をしてくれない。」との訴えを受けた。この際の介護支援専門員の対応について 希望する仕事が保険給付の業務に含まれるかを確認した。
利用者から「訪問介護員が気に入らない。こちらが希望する仕事をしてくれない。」との訴えを受けた。この際の介護支援専門員の対応について 訪問介護事業所に連絡を取り、事実関係を聞いた。
利用者から「訪問介護員が気に入らない。こちらが希望する仕事をしてくれない。」との訴えを受けた。この際の介護支援専門員の対応について 希望するサービスを要求どおり行うよう、訪問介護事業所に伝えた。 ×
障害者総合支援法及び介護保険法について 介護支援専門員は、介護保険の被保険者であって居宅サービスを利用する障害者に対しては、居宅サービス計画を作成する必要はない。 ×
要介護状態区分によって指定居宅介護支援及び指定居宅サービスに要する費用の額が異なるもの 居宅介護支援費
自宅で暮らしている利用者Aさんは、最初の面接で「自分ができないことをやってもらえばいいし、サービスを使うのは権利だ。ケアプランはいらないから、何曜日にどんなサービスが使えるかを書いた紙だけをくれればいい」と言っている。この際の介護支援専門員の対応について 「私は専門職で、いろいろな指導もできますし、生活はきちんと管理して差し上げますから、まずは私の言うことを聞いてください」と話した。 ×
自宅で暮らしている利用者Aさんは、最初の面接で「自分ができないことをやってもらえばいいし、サービスを使うのは権利だ。ケアプランはいらないから、何曜日にどんなサービスが使えるかを書いた紙だけをくれればいい」と言っている。この際の介護支援専門員の対応について 「サービスを利用する権利があることはそのとおりです。しかし、ケアプランを作らないと規則違反になりますから、そのようなご意向でしたらほかの事業者と契約してください」と話し、利用者宅を辞した。 ×
自宅で暮らしている利用者Aさんは、最初の面接で「自分ができないことをやってもらえばいいし、サービスを使うのは権利だ。ケアプランはいらないから、何曜日にどんなサービスが使えるかを書いた紙だけをくれればいい」と言っている。この際の介護支援専門員の対応について 「あなたがサービスを利用して楽しく幸せに暮らせるように願っています。それを実現するために、どんなサービスが必要か相談させてください」と話した。
自宅で暮らしている利用者Aさんは、最初の面接で「自分ができないことをやってもらえばいいし、サービスを使うのは権利だ。ケアプランはいらないから、何曜日にどんなサービスが使えるかを書いた紙だけをくれればいい」と言っている。この際の介護支援専門員の対応について 「サービスは一緒に考えましょう。でもケアプランは必要なものです。良いものを作りますから私に任せてください」と話した。 ×
自宅で暮らしている利用者Aさんは、最初の面接で「自分ができないことをやってもらえばいいし、サービスを使うのは権利だ。ケアプランはいらないから、何曜日にどんなサービスが使えるかを書いた紙だけをくれればいい」と言っている。この際の介護支援専門員の対応について 「私の仕事は、できないことを補うサービスを入れて終わりではありません。どのように毎日暮らしたいと考えておられるか教えていただいたら、それをケアプランに目標として書き込んで、一緒に持っていましょう」と話した。
Aさん(92歳)は重度の認知症である。長女家族と同居しながら自宅で生活を続けていたが、肺炎を発症し緊急入院した。ある日、入院先の病院の医師より「嚥下の機能が低下しているため、今後経口摂取は難しい。胃ろうを造設して退院しますか?」と言われ、家族が悩んでいる。病院から介護支援専門員に、家族の相談にのってくれるよう依頼があった。この際の介護支援専門員の対応について Aさんが延命処置についてどのような価値観や意向を持っていたかを家族と話し合い、冷静に判断できるように支援した。
Aさん(92歳)は重度の認知症である。長女家族と同居しながら自宅で生活を続けていたが、肺炎を発症し緊急入院した。ある日、入院先の病院の医師より「嚥下の機能が低下しているため、今後経口摂取は難しい。胃ろうを造設して退院しますか?」と言われ、家族が悩んでいる。病院から介護支援専門員に、家族の相談にのってくれるよう依頼があった。この際の介護支援専門員の対応について 「注入した栄養剤が逆流して誤嚥性肺炎が起きることがあるので、胃ろうはしない方がよい」と家族に勧めた。 ×
Aさん(92歳)は重度の認知症である。長女家族と同居しながら自宅で生活を続けていたが、肺炎を発症し緊急入院した。ある日、入院先の病院の医師より「嚥下の機能が低下しているため、今後経口摂取は難しい。胃ろうを造設して退院しますか?」と言われ、家族が悩んでいる。病院から介護支援専門員に、家族の相談にのってくれるよう依頼があった。この際の介護支援専門員の対応について 自宅で生活する際の主治医の意見を聞いてから、家族と話し合うことにした。
Aさん(92歳)は重度の認知症である。長女家族と同居しながら自宅で生活を続けていたが、肺炎を発症し緊急入院した。ある日、入院先の病院の医師より「嚥下の機能が低下しているため、今後経口摂取は難しい。胃ろうを造設して退院しますか?」と言われ、家族が悩んでいる。病院から介護支援専門員に、家族の相談にのってくれるよう依頼があった。この際の介護支援専門員の対応について 病院と在宅サービスの関係者を招集したカンファレンスの開催について、病院と相談した。
Aさん(92歳)は重度の認知症である。長女家族と同居しながら自宅で生活を続けていたが、肺炎を発症し緊急入院した。ある日、入院先の病院の医師より「嚥下の機能が低下しているため、今後経口摂取は難しい。胃ろうを造設して退院しますか?」と言われ、家族が悩んでいる。病院から介護支援専門員に、家族の相談にのってくれるよう依頼があった。この際の介護支援専門員の対応について 退院後についても病院の医師の判断に任せてはどうかと家族に伝えた。 ×
意思疎通が難しくなった認知症のAさん(75歳)は、夫(80歳)と二人で暮らしている。子供も親族もなく、妻の介護は夫一人で行っている。夫なりに工夫して介護しているが、おむつ交換や食事の介助がうまく行えていない。Aさんは最近寝ていることが多くなり、痩せてきている。夫は「妻の介護はできているから、今までどおり介護ベッドを借りるだけでいい」と頑なである。この際の介護支援専門員の対応について 現在の居宅サービス計画を継続して、夫が危機を自ら発見し、相談に来るまで待つ。 ×
意思疎通が難しくなった認知症のAさん(75歳)は、夫(80歳)と二人で暮らしている。子供も親族もなく、妻の介護は夫一人で行っている。夫なりに工夫して介護しているが、おむつ交換や食事の介助がうまく行えていない。Aさんは最近寝ていることが多くなり、痩せてきている。夫は「妻の介護はできているから、今までどおり介護ベッドを借りるだけでいい」と頑なである。この際の介護支援専門員の対応について 夫に妻が最近痩せてきているという観察結果を伝え、まずは、その原因を明らかにするための受診を勧める。
意思疎通が難しくなった認知症のAさん(75歳)は、夫(80歳)と二人で暮らしている。子供も親族もなく、妻の介護は夫一人で行っている。夫なりに工夫して介護しているが、おむつ交換や食事の介助がうまく行えていない。Aさんは最近寝ていることが多くなり、痩せてきている。夫は「妻の介護はできているから、今までどおり介護ベッドを借りるだけでいい」と頑なである。この際の介護支援専門員の対応について 夫の努力を高く評価していることを伝えてねぎらうとともに、一人で頑張らず外部サービスの利用も考えるよう働きかけを行う。
意思疎通が難しくなった認知症のAさん(75歳)は、夫(80歳)と二人で暮らしている。子供も親族もなく、妻の介護は夫一人で行っている。夫なりに工夫して介護しているが、おむつ交換や食事の介助がうまく行えていない。Aさんは最近寝ていることが多くなり、痩せてきている。夫は「妻の介護はできているから、今までどおり介護ベッドを借りるだけでいい」と頑なである。この際の介護支援専門員の対応について 今後の生活をどのように考えているのか、夫婦二人の考えを聞く。
意思疎通が難しくなった認知症のAさん(75歳)は、夫(80歳)と二人で暮らしている。子供も親族もなく、妻の介護は夫一人で行っている。夫なりに工夫して介護しているが、おむつ交換や食事の介助がうまく行えていない。Aさんは最近寝ていることが多くなり、痩せてきている。夫は「妻の介護はできているから、今までどおり介護ベッドを借りるだけでいい」と頑なである。この際の介護支援専門員の対応について 受けるべき支援が受けられていない状況は虐待に当たるので、地域包括支援センターに通報する。 ×
Aさん(85歳・男性)は、居宅介護サービスの利用や近隣の見守りによって一人暮らしを継続しているが、最近は虚弱が増し、寂しいと娘に電話をするようになっている。他県に住む娘は、同居は難しいが、一人暮らしは心配なので、施設入所を勧めている。介護支援専門員にもそのことを説得してほしいと依頼してきた。しかし、Aさんは、「死んでもこの家から動かない」と言っている。この際の介護支援専門員の対応について Aさんに対して施設入所の説得に努める。 ×
Aさん(85歳・男性)は、居宅介護サービスの利用や近隣の見守りによって一人暮らしを継続しているが、最近は虚弱が増し、寂しいと娘に電話をするようになっている。他県に住む娘は、同居は難しいが、一人暮らしは心配なので、施設入所を勧めている。介護支援専門員にもそのことを説得してほしいと依頼してきた。しかし、Aさんは、「死んでもこの家から動かない」と言っている。この際の介護支援専門員の対応について Aさんの寂しさや不安感に共感する。
Aさん(85歳・男性)は、居宅介護サービスの利用や近隣の見守りによって一人暮らしを継続しているが、最近は虚弱が増し、寂しいと娘に電話をするようになっている。他県に住む娘は、同居は難しいが、一人暮らしは心配なので、施設入所を勧めている。介護支援専門員にもそのことを説得してほしいと依頼してきた。しかし、Aさんは、「死んでもこの家から動かない」と言っている。この際の介護支援専門員の対応について 一人暮らしが心配であれば同居をするよう娘を説得する。 ×
Aさん(85歳・男性)は、居宅介護サービスの利用や近隣の見守りによって一人暮らしを継続しているが、最近は虚弱が増し、寂しいと娘に電話をするようになっている。他県に住む娘は、同居は難しいが、一人暮らしは心配なので、施設入所を勧めている。介護支援専門員にもそのことを説得してほしいと依頼してきた。しかし、Aさんは、「死んでもこの家から動かない」と言っている。この際の介護支援専門員の対応について Aさんの自宅での生活に対するこだわりを理解し、それを大切にすることも大事だと娘に伝える。
Aさん(85歳・男性)は、居宅介護サービスの利用や近隣の見守りによって一人暮らしを継続しているが、最近は虚弱が増し、寂しいと娘に電話をするようになっている。他県に住む娘は、同居は難しいが、一人暮らしは心配なので、施設入所を勧めている。介護支援専門員にもそのことを説得してほしいと依頼してきた。しかし、Aさんは、「死んでもこの家から動かない」と言っている。この際の介護支援専門員の対応について Aさんの希望を尊重し、可能な限り在宅生活が継続できるよう支援する。
腰痛の持病のある一人暮らしのYさん(75歳、女性)が、つまづいた拍子にさらに腰を痛めて動けなくなった。要介護2の認定を受け、当初は週5回訪問介護を利用していた。その後要介護度が改善し、家事は相当程度行えるようになったが、訪問介護員の火事に頼り、訪問介護員との会話を楽しみにしている。このため、訪問介護の回数を減らすことに納得しない。この際の介護支援専門員の対応について 家事について、現状でYさんができることとできないことを一緒に確認する。
腰痛の持病のある一人暮らしのYさん(75歳、女性)が、つまづいた拍子にさらに腰を痛めて動けなくなった。要介護2の認定を受け、当初は週5回訪問介護を利用していた。その後要介護度が改善し、家事は相当程度行えるようになったが、訪問介護員の火事に頼り、訪問介護員との会話を楽しみにしている。このため、訪問介護の回数を減らすことに納得しない。この際の介護支援専門員の対応について 話し相手になってくれるインフォーマルサポートを探す。
腰痛の持病のある一人暮らしのYさん(75歳、女性)が、つまづいた拍子にさらに腰を痛めて動けなくなった。要介護2の認定を受け、当初は週5回訪問介護を利用していた。その後要介護度が改善し、家事は相当程度行えるようになったが、訪問介護員の火事に頼り、訪問介護員との会話を楽しみにしている。このため、訪問介護の回数を減らすことに納得しない。この際の介護支援専門員の対応について 自分でできる家事は保険で給付できないとして、一方的に自立を求める。 ×
腰痛の持病のある一人暮らしのYさん(75歳、女性)が、つまづいた拍子にさらに腰を痛めて動けなくなった。要介護2の認定を受け、当初は週5回訪問介護を利用していた。その後要介護度が改善し、家事は相当程度行えるようになったが、訪問介護員の火事に頼り、訪問介護員との会話を楽しみにしている。このため、訪問介護の回数を減らすことに納得しない。この際の介護支援専門員の対応について 訪問介護事業所に訪問回数を減らすよう指示する。 ×
腰痛の持病のある一人暮らしのYさん(75歳、女性)が、つまづいた拍子にさらに腰を痛めて動けなくなった。要介護2の認定を受け、当初は週5回訪問介護を利用していた。その後要介護度が改善し、家事は相当程度行えるようになったが、訪問介護員の火事に頼り、訪問介護員との会話を楽しみにしている。このため、訪問介護の回数を減らすことに納得しない。この際の介護支援専門員の対応について Yさんの生活上の楽しみを見つけ、それを実現するための方法を検討する。
一人暮らしのAさんは、脳梗塞を発症して入院し、現在は介護老人保健施設に入所している。右半身に麻痺が残るものの、在宅生活が可能との判断から退所が決まり、担当することになった居宅介護支援事業所に相談が入った。Aさんのこれからの在宅生活を考えるに当たり、居宅介護支援事業所のこの際の介護支援専門員の対応について 介護老人保健施設の支援相談員に、居宅サービス計画原案の作成を依頼する。 ×
一人暮らしのAさんは、脳梗塞を発症して入院し、現在は介護老人保健施設に入所している。右半身に麻痺が残るものの、在宅生活が可能との判断から退所が決まり、担当することになった居宅介護支援事業所に相談が入った。Aさんのこれからの在宅生活を考えるに当たり、居宅介護支援事業所のこの際の介護支援専門員の対応について 着脱しやすい衣服の工夫について、介護老人保健施設の理学療法士や作業療法士に相談する。
一人暮らしのAさんは、脳梗塞を発症して入院し、現在は介護老人保健施設に入所している。右半身に麻痺が残るものの、在宅生活が可能との判断から退所が決まり、担当することになった居宅介護支援事業所に相談が入った。Aさんのこれからの在宅生活を考えるに当たり、居宅介護支援事業所のこの際の介護支援専門員の対応について 転倒を防止するため、なるべくベッド上での生活を中心とした居宅サービス計画を作成する。 ×
一人暮らしのAさんは、脳梗塞を発症して入院し、現在は介護老人保健施設に入所している。右半身に麻痺が残るものの、在宅生活が可能との判断から退所が決まり、担当することになった居宅介護支援事業所に相談が入った。Aさんのこれからの在宅生活を考えるに当たり、居宅介護支援事業所のこの際の介護支援専門員の対応について 退所前に介護老人保健施設の理学療法士や作業療法士とともに自宅を訪問し、動線と家具の配置を確認する。
一人暮らしのAさんは、脳梗塞を発症して入院し、現在は介護老人保健施設に入所している。右半身に麻痺が残るものの、在宅生活が可能との判断から退所が決まり、担当することになった居宅介護支援事業所に相談が入った。Aさんのこれからの在宅生活を考えるに当たり、居宅介護支援事業所のこの際の介護支援専門員の対応について 介護老人保健施設入所中にアセスメントを行い、退所に向けたカンファレンスに参加する。
要介護者Aさんが、長男Bさんから「金をよこせ。」などと怒鳴られていると、訪問介護員から居宅介護支援事業所に連絡があった。Aさんを担当することになったこの際の介護支援専門員の対応について まず、近隣の家を1軒1軒まわり、AさんとBさんとの関係に関する個人的情報を収集した。 ×
要介護者Aさんが、長男Bさんから「金をよこせ。」などと怒鳴られていると、訪問介護員から居宅介護支援事業所に連絡があった。Aさんを担当することになったこの際の介護支援専門員の対応について 初回面接の冒頭に、「どうしてAさんを虐待するのですか。」と同席しているBさんに尋ねた。 ×
要介護者Aさんが、長男Bさんから「金をよこせ。」などと怒鳴られていると、訪問介護員から居宅介護支援事業所に連絡があった。Aさんを担当することになったこの際の介護支援専門員の対応について 状況把握をする前に、Aさんをショートステイに避難させた。 ×
要介護者Aさんが、長男Bさんから「金をよこせ。」などと怒鳴られていると、訪問介護員から居宅介護支援事業所に連絡があった。Aさんを担当することになったこの際の介護支援専門員の対応について Aさん宅を訪問してAさんとBさんの状況を把握し、事業所に戻って支援策を検討した。
要介護者Aさんが、長男Bさんから「金をよこせ。」などと怒鳴られていると、訪問介護員から居宅介護支援事業所に連絡があった。Aさんを担当することになったこの際の介護支援専門員の対応について Bさんの行為は経済的虐待に当たる可能性があるため、今後の対応について地域包括支援センターに相談した。
一人暮らしのAさん(80歳、女性)は、身寄りがなく、要介護1で訪問介護を利用している。最近、訪問介護員に対して怒りっぽくなり、以前に比べて身支度に無頓着になってくるなど、認知症が疑われる状況となってきた。この際の介護支援専門員の対応について 訪問介護事業所に担当の訪問介護員の交代を依頼した。 ×
一人暮らしのAさん(80歳、女性)は、身寄りがなく、要介護1で訪問介護を利用している。最近、訪問介護員に対して怒りっぽくなり、以前に比べて身支度に無頓着になってくるなど、認知症が疑われる状況となってきた。この際の介護支援専門員の対応について 市に措置入所を依頼した。 ×
一人暮らしのAさん(80歳、女性)は、身寄りがなく、要介護1で訪問介護を利用している。最近、訪問介護員に対して怒りっぽくなり、以前に比べて身支度に無頓着になってくるなど、認知症が疑われる状況となってきた。この際の介護支援専門員の対応について 精神科の受診について主治医に相談した。
一人暮らしのAさん(80歳、女性)は、身寄りがなく、要介護1で訪問介護を利用している。最近、訪問介護員に対して怒りっぽくなり、以前に比べて身支度に無頓着になってくるなど、認知症が疑われる状況となってきた。この際の介護支援専門員の対応について 近隣住民も含めた支援体制などについて地域包括支援センターに相談した。
一人暮らしのAさん(80歳、女性)は、身寄りがなく、要介護1で訪問介護を利用している。最近、訪問介護員に対して怒りっぽくなり、以前に比べて身支度に無頓着になってくるなど、認知症が疑われる状況となってきた。この際の介護支援専門員の対応について 認知症初期集中支援チームの支援を依頼した。
Bさんは、要介護3であり、軽度の認知症の妻による介護を受けながら二人で暮らしていた。しかし、「妻の認知症の症状が急に重くなり、Bさんの介護は困難になったようだ。」と訪問介護事業所のサービス提供責任者から連絡があった。この際の介護支援専門員の当面の対応について サービス担当者会議を開催し、対応を協議した。
Bさんは、要介護3であり、軽度の認知症の妻による介護を受けながら二人で暮らしていた。しかし、「妻の認知症の症状が急に重くなり、Bさんの介護は困難になったようだ。」と訪問介護事業所のサービス提供責任者から連絡があった。この際の介護支援専門員の当面の対応について 地域包括支援センターに相談した。
Bさんは、要介護3であり、軽度の認知症の妻による介護を受けながら二人で暮らしていた。しかし、「妻の認知症の症状が急に重くなり、Bさんの介護は困難になったようだ。」と訪問介護事業所のサービス提供責任者から連絡があった。この際の介護支援専門員の当面の対応について 妻の医療保護入院の手続きをした。 ×
Bさんは、要介護3であり、軽度の認知症の妻による介護を受けながら二人で暮らしていた。しかし、「妻の認知症の症状が急に重くなり、Bさんの介護は困難になったようだ。」と訪問介護事業所のサービス提供責任者から連絡があった。この際の介護支援専門員の当面の対応について 妻の成年後見について家庭裁判所に相談した。 ×
Bさんは、要介護3であり、軽度の認知症の妻による介護を受けながら二人で暮らしていた。しかし、「妻の認知症の症状が急に重くなり、Bさんの介護は困難になったようだ。」と訪問介護事業所のサービス提供責任者から連絡があった。この際の介護支援専門員の当面の対応について 状況を把握するために速やかに訪問した。
飼い犬の世話ができなくなった一人暮らしの利用者から、保険給付として飼い犬の世話をしてもらえないかと訪問介護員に相談があった。その報告を受けた訪問介護事業所は、利用者にとって必要なサービスなので実施したいと介護支援専門員に相談した。この際の介護支援専門員の対応について 利用者の意思を尊重し、当面、飼い犬の世話を行うことを認める。 ×
飼い犬の世話ができなくなった一人暮らしの利用者から、保険給付として飼い犬の世話をしてもらえないかと訪問介護員に相談があった。その報告を受けた訪問介護事業所は、利用者にとって必要なサービスなので実施したいと介護支援専門員に相談した。この際の介護支援専門員の対応について 飼い犬の世話を依頼できるボランティアを探す。
飼い犬の世話ができなくなった一人暮らしの利用者から、保険給付として飼い犬の世話をしてもらえないかと訪問介護員に相談があった。その報告を受けた訪問介護事業所は、利用者にとって必要なサービスなので実施したいと介護支援専門員に相談した。この際の介護支援専門員の対応について 利用者に対し、訪問介護事業所を変更するよう指示する。 ×
飼い犬の世話ができなくなった一人暮らしの利用者から、保険給付として飼い犬の世話をしてもらえないかと訪問介護員に相談があった。その報告を受けた訪問介護事業所は、利用者にとって必要なサービスなので実施したいと介護支援専門員に相談した。この際の介護支援専門員の対応について 保険給付としては不適切である旨の説明をする。
飼い犬の世話ができなくなった一人暮らしの利用者から、保険給付として飼い犬の世話をしてもらえないかと訪問介護員に相談があった。その報告を受けた訪問介護事業所は、利用者にとって必要なサービスなので実施したいと介護支援専門員に相談した。この際の介護支援専門員の対応について 地域ケア会議に提案し、必要な社会資源の開発・充足を促す。
A さん(85歳、女性)は大腿骨頸部骨折の手術を受け、近々退院予定である。自力での排泄や移動にはやや困難が伴い、要介護2の認定を受けた。本人も同居している息子夫婦も、在宅生活を望んでいる。息子夫婦はお互いに協力して自宅で介護を行うつもりである。介護保険のサービス利用について相談があったが、この際の介護支援専門員の対応について トイレ介助の負担を減らすため、排泄についてはおむつを利用することを提案する。 ×
A さん(85歳、女性)は大腿骨頸部骨折の手術を受け、近々退院予定である。自力での排泄や移動にはやや困難が伴い、要介護2の認定を受けた。本人も同居している息子夫婦も、在宅生活を望んでいる。息子夫婦はお互いに協力して自宅で介護を行うつもりである。介護保険のサービス利用について相談があったが、この際の介護支援専門員の対応について 歩行機能の向上を図るため、通所リハビリテーションの利用を提案する。
A さん(85歳、女性)は大腿骨頸部骨折の手術を受け、近々退院予定である。自力での排泄や移動にはやや困難が伴い、要介護2の認定を受けた。本人も同居している息子夫婦も、在宅生活を望んでいる。息子夫婦はお互いに協力して自宅で介護を行うつもりである。介護保険のサービス利用について相談があったが、この際の介護支援専門員の対応について 住宅改修の利用を検討するため、住環境のアセスメントを提案する。
A さん(85歳、女性)は大腿骨頸部骨折の手術を受け、近々退院予定である。自力での排泄や移動にはやや困難が伴い、要介護2の認定を受けた。本人も同居している息子夫婦も、在宅生活を望んでいる。息子夫婦はお互いに協力して自宅で介護を行うつもりである。介護保険のサービス利用について相談があったが、この際の介護支援専門員の対応について 家族介護者の負担を軽減するため、訪問介護による生活援助の利用を提案する。 ×
A さん(85歳、女性)は大腿骨頸部骨折の手術を受け、近々退院予定である。自力での排泄や移動にはやや困難が伴い、要介護2の認定を受けた。本人も同居している息子夫婦も、在宅生活を望んでいる。息子夫婦はお互いに協力して自宅で介護を行うつもりである。介護保険のサービス利用について相談があったが、この際の介護支援専門員の対応について 将来に備えて、施設入所を提案する。 ×
A さん(80歳、女性、変形性膝関節症、要介護1)は、週2回介護保険の訪問介護で買い物と掃除を利用し、一人暮らしをしていたが、息子が来月から同居することになった。A さんは「息子は精神的に弱い面があり、仕事をしながら私の世話をするのは無理だ」と言って、現在利用している訪問介護の継続を希望している。この際の介護支援専門員の当面の対応について 一人暮らしではなくなるため、訪問介護の対象外となることを A さんに伝える。 ×
A さん(80歳、女性、変形性膝関節症、要介護1)は、週2回介護保険の訪問介護で買い物と掃除を利用し、一人暮らしをしていたが、息子が来月から同居することになった。A さんは「息子は精神的に弱い面があり、仕事をしながら私の世話をするのは無理だ」と言って、現在利用している訪問介護の継続を希望している。この際の介護支援専門員の当面の対応について 訪問介護が受けられなくなっても自分でできるように、住宅改修を提案する。 ×
A さん(80歳、女性、変形性膝関節症、要介護1)は、週2回介護保険の訪問介護で買い物と掃除を利用し、一人暮らしをしていたが、息子が来月から同居することになった。A さんは「息子は精神的に弱い面があり、仕事をしながら私の世話をするのは無理だ」と言って、現在利用している訪問介護の継続を希望している。この際の介護支援専門員の当面の対応について 息子に対して、A さんに必要な援助ができる状況かを確認する。
A さん(80歳、女性、変形性膝関節症、要介護1)は、週2回介護保険の訪問介護で買い物と掃除を利用し、一人暮らしをしていたが、息子が来月から同居することになった。A さんは「息子は精神的に弱い面があり、仕事をしながら私の世話をするのは無理だ」と言って、現在利用している訪問介護の継続を希望している。この際の介護支援専門員の当面の対応について A さんの希望どおり、同居後も今までのサービスを継続することを約束する。 ×
A さん(80歳、女性、変形性膝関節症、要介護1)は、週2回介護保険の訪問介護で買い物と掃除を利用し、一人暮らしをしていたが、息子が来月から同居することになった。A さんは「息子は精神的に弱い面があり、仕事をしながら私の世話をするのは無理だ」と言って、現在利用している訪問介護の継続を希望している。この際の介護支援専門員の当面の対応について 改めてアセスメントを行う必要があることを A さんに伝える。

当サイト運営人が講師をやっています■ケアマネ試験対策講座[ケアマネ3000]◆受講者さん募集のご案内

2019年10月13日に行なわれる
ケアマネ試験(介護支援専門員実務研修研修受講試験)の試験対策講座の受講者さんを募集します。

『聴いて理解して合格する』音声配信講座です。

❖こんな人におすすめ!!
◇テキストを読んでもよくわからない
◇試験範囲の内容をしっかり理解したい
◇問題の意味がわからない
◇独学で合格できる自信がない

❖ケアマネ試験対策講座[ケアマネ3000]が提供する価値
インプットに特化したプログラムです。丁寧な解説によりケアマネ試験の出題範囲を理解できるようにします。

●テキストを見ながら講義を聴くことで、テキストをただ読むことに比べて、各段に試験範囲の内容の理解を高めることができます。
●試験対策のプロが難しい制度や用語をわかりやすく解説します。
●独学者の弱点となりやすいインプット(=試験範囲の内容の理解)に特化した講座です。アウトプットのコツは講座の中で解説。
●仕事や家事に追われながらの試験学習にピッタリの聴く講座です。

❖ケアマネ試験対策講座[ケアマネ3000]の内容
〇講義
 講義は音声ファイルにて配信(mp3形式)
 *7回に分けて配信します
 配信済の講義はいつもで聴くこと・ダウンロード可能(2019年10月31日まで)
〇資料
 講義を補足する資料を随時配信(PDF形式)
 資料はいつでも閲覧・ダウンロード・印刷可能(2019年10月31日まで)
〇過去問題
 8年分(計480問・2400肢)の過去問題を配信(excel形式)
 過去問題はいつでも閲覧・ダウンロード・印刷可(2019年10月31日まで)
〇LINE・メールでのサポート
 学習上の疑問点はLINE・メールでサポート(2019年10月31日まで)

❖担当講師 
熊谷洋平(介護支援専門員・介護福祉士・福祉住環境コーディネーター2級)
プロフィール詳細はこちらでみられます。

❖受講料 
受講料:1万円

❖お支払い方法
・クレジットカード
・銀行振込 

❖申し込み後のキャンセル
講義の再生ができない場合のみキャンセルのお取り扱いをいたします。

❖募集終了
受講者さんの募集は予告なしに終了することがあります。

❖詳細について
詳細ページをご覧ください。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

❖申し込み方法
詳細ページよりお入りください。

❖お問い合わせ
お問い合わせは「お問い合わせフォーム」または「電話」でご連絡ください。
お問い合わせフォーム
電話:080-7315-8010 (048-812-5508)

「お問い合わせフォーム」よりご連絡いただいた場合は、担当熊谷より電話またはメールで折り返しご連絡いたします。
「電話」は携帯電話までお願いいたします。こちらから折り返しご連絡いたします。

ご不明な点、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせいただいた方に無理に受講をお勧めすることは絶対にありませんのでご安心下さい。

❖主催者情報
「ケアマネ試験対策講座[ケアマネ3000]」
事務局:くまがい行政書士事務所
担当者:熊谷 洋平
〒349-0114
住所:埼玉県蓮田市馬込2-449 A208
TEL:048-812-5508/080-7315-8010
FAX:048-812-5581


詳細ページはこちらです↓↓↓