ケアマネ試験[認知症]一問一答100

認知症1問1答

ケアマネ試験の頻出テーマである認知症に関する過去問(1問1答形式)を100問集めてみました。

何問解けるかな!!

BPSD (認知症の行動・心理症状)について 周囲の人々を驚かせたり、理解できない行動や言動を示したりすることが多い。
BPSD (認知症の行動・心理症状)について 症状悪化の要因のうち最も多いのは、身体合併症である。 ×
BPSD (認知症の行動・心理症状)について 認知症では、必ず出現する症状である。 ×
BPSD (認知症の行動・心理症状)について 非薬物療法を行う場合の原則は、精神的安定を図ることである。
BPSD (認知症の行動・心理症状)について BPSDを起こしやすい要因として、孤立・不安、不適切な住環境、睡眠等の生活リズムの乱れなどがある。
BPSD(認知症の行動・心理症状)について BPSDは、認知症が進行し、終末期に向かうほど顕著になる。 ×
BPSD(認知症の行動・心理症状)について BPSD出現の背景には、便秘や睡眠障害がある場合もある。
BPSD(認知症の行動・心理症状)について BPSDへの対応には、認知症の人に対するもののほか、介護者(家族)への支援も含まれる。
BPSD(認知症の行動・心理症状)について BPSDへの対応は、薬物療法を優先して行うべきである。 ×
BPSD(認知症の行動・心理症状)について 家族や福祉施設では対応が困難なBPSDの場合には、老人性認知症疾患療養病棟などへの入院も検討する。
ソーシャルワークに関する記述 認知症のクライエントは自分で判断することが困難であるため、専ら家族の判断を仰ぐ。 ×
ソーシャルワークの視点から援助困難事例への対応方法について 認知症のある利用者から、訪問介護員に物を盗られたとの訴えがあったため、最初に警察に相談し助言を求めた。 ×
ソーシャルワークの視点から援助困難事例への対応方法について 認知症が疑われる利用者が、保健・医療・福祉の専門家チームが必要と考えるサービスを拒否したため、やむを得ず居宅介護支援の契約を打ち切った。 ×
ソーシャルワークの視点から援助困難事例への対応方法について 家族が認知症からくる行動障害のために介護負担を感じていたため、介護支援専門員の判断で、本人をグループホームに入所させた。 ×
高齢者のがんとターミナルケアについて BPSD(認知症の行動・心理症状)には、がん性疼痛が原因のこともある。
メゾ・ソーシャルワーク(集団援助)について 認知症高齢者を介護する家族の集まりにおいて行う介護方法等に関するグループ活動
介護老人保健施設が提供するサービスについて 認知症行動・心理症状緊急対応加算は、認知症行動・心理症状が認められるため在宅でも生活が困難であり、緊急に入所することが適当であると医師が判断した場合に、算定できる。
高齢者に対する検査について 認知症は、知能評価スケールによって診断できるため、頭部のCTやMRIなどの画像検査は行わなくてよい。 ×
高齢者の医療について 認知症治療薬には、錠剤以外にも経皮吸収型製剤や内服ゼリー剤があり、経口内服が困難な高齢者でも使用が可能である。
高齢者の飲酒問題に関して 高齢者の過度の飲酒は、脳血管障害、骨折、認知症のリスク因子である。
高齢者の睡眠障害について 認知症では、夜間の不眠とともに午睡が増え、昼夜逆転をきたしやすい。
高齢者の精神障害について アルツハイマー病では、人格が比較的保たれることが特徴である。 ×
高齢者の転倒について 認知症高齢者は、夜間の排尿行動や不穏状態で転倒することが多い。
高齢者の転倒について 徘徊などで転倒を繰り返す介護施設入所者については、向精神薬などの薬物を用いて歩けないように行動を制限する。 ×
高齢者の薬物療法について 認知症高齢者については、自分で剥がしてしまうため、原則として、経皮吸収型貼付剤(パッチ剤)は用いない。 ×
次の記述について 認知症の原因は、脳血管障害と脳変性疾患に分類される。 ×
次の記述について 長谷川式認知症スケール(HDS―R)は、認知症の簡易検査法であり、21点以上であれば認知症が疑われる。 ×
次の記述について 認知症がある場合でも、治療や介護についての説明には本人の関与が必要である。
次の記述について 回想法は、高齢者の思い出話を積極的な意味を持つものとして捉えた援助方法である。
次の記述について 認知症高齢者では、身体の老化に加え、自分の心身の機能について正確な判断ができないため、転倒や骨折が多くなる。
次の記述について 認知症高齢者については、表情や動作といった非言語的メッセージではなく、言葉による表現に基づいて対応する。 ×
次の記述について 慢性心不全に用いられるジギタリス製剤や認知症治療薬は、食欲不振の原因になることがある。
次の記述について 認知症の高齢者への食事摂取の促しとしては、声かけ、見守りなども重要である。
次の記述について 介護保険施設の入所者に認知症の行動・心理症状が認められるため、医師が往診した場合には、認知症行動・心理症状緊急対応加算を算定することができる。 ×
若年性認知症について 平成21年の厚生労働省の「若年性認知症の実態調査」によれば、我が国における65歳未満で発症した、いわゆる若年性認知症の者の数は、約1万人と推計される。 ×
若年性認知症について 若年性認知症利用者受入加算を算定するためには、若年性認知症利用者ごとに個別に担当者を定め、利用者の特性などに応じたサービスを提供しなければならない。
若年性認知症について 若年性認知症の者は、精神障害者保健福祉手帳の取得や障害基礎年金等の受給はできない。 ×
若年性認知症について 若年性認知症の者を介護する家族には、抑うつ的な精神状況や減収による経済的困難が生じている現状が指摘されている。
成年後見制度について 成年後見制度とは、認知症・知的障害・精神障害等により判断能力が不十分であるために、意思決定が困難な者の判断能力を成年後見人等が補う制度である。
認知症について 若年性認知症では、作業能率の低下など実行機能の障害が引き起こす諸症状が先行することが少なくない。
認知症について 若年性認知症者が入院による精神医療を継続的に必要とする場合には、自立支援医療の対象となり、健康保険の自己負担が軽減される。 ×
認知症について 若年性認知症である介護保険の第2号被保険者であっても、市町村が必要があると認めた場合には、障害福祉サービスの利用が可能である。
認知症について 養護者により虐待を受けたと思われる認知症高齢者を発見した者は、高齢者本人の意思確認ができないときは、そのまま経過を観察する。 ×
認知症について 認知症地域支援推進員は、市町村や地域包括支援センターに配置され、家族等からの認知症に関する総合相談に応じ、コーディネーターの役割を担う。
認知症について BPSD(認知症の行動・心理症状)とは、認知症の中核症状のことで、認知症の高齢者に必ずみられる症状である。 ×
認知症について BPSDの悪化要因として最も多いのは、家族の不適切な対応である。 ×
認知症について BPSDの治療としては、非薬物療法が優先され、薬物療法は必要最少にとどめるべきである。
認知症について アルツハイマー病の治療薬は、組合せによって2剤併用が可能である。
認知症について アルツハイマー病の治療薬の効果は、認知症初期の進行防止に限られる。 ×
認知症について 介護支援専門員は、認知症の人やその家族の状況把握に加え、かかりつけ医等から情報提供を受け、アセスメントを行う。
認知症について 若年性認知症の人が取得できるのは、知的障害者手帳である。 ×
認知症について 若年性認知症の人は、認知機能の低下により仕事に支障が生じ、早期に発見されるため、予後がよい。 ×
認知症について 「認知症カフェ」は、認知症の人の家族に対する支援の取り組みの1つであり、専門職にとっては、認知症の人やその家族の状況を把握できる場である。
認知症について 都道府県は、若年性認知症の人の状態にあわせた適切な支援が図られるよう、医療、介護、福祉及び雇用の関係者が連携するネットワークを構築するための会議を設置する。
認知症について パーソン・センタード・ケア(PCC)は、介護者の効率を優先し、薬物療法等の医療を中心とした認知症のケアである。 ×
認知症について 初期では基本的ADLは保たれるが、中期には基本的ADLに支援が必要になるなど、認知症の進行過程により症状やケアの方法が異なる。
認知症について BPSD(認知症の行動・心理症状)は、脳の病変により症状が生じるため、個人因子や環境因子の影響は受けない。 ×
認知症について アルツハイマー型認知症の初期症状としては、近時記憶の障害が著しい。
認知症について 認知症初期集中支援チームは、認知症が疑われる者やその家族を複数の専門職が訪問し、アセスメント、家族支援などの初期の支援を包括的、集中的に行う。
認知症について レビー小体型認知症では、起立性低血圧や失神による転倒、便秘などの症状はまれである。 ×
認知症について 認知症ケアパスとは、医療機関の連携を示すもので、介護体制は含まない。 ×
認知症について 若年性認知症者は、自立支援医療の対象となる。
認知症について 認知症のSOSネットワークは、警察だけでなく、介護事業者や地域の生活関連団体等が捜索に協力して、行方不明者を発見する仕組みである。
認知症について 正常圧水頭症にみられる認知機能障害は、脳の周囲や脳室内に脳脊髄液が貯留するために生じる。
認知症について BPSD(認知症の行動・心理症状)は、一般に認知症が進行するほど重症化する。 ×
認知症について 血管性認知症では、適切な治療やリハビリテーションにより、認知機能が改善した例もある。
認知症について レビー小体型認知症は、幻視が特徴的で、払いのけたり、逃げるような動作を伴う。
認知症について アルツハイマー型認知症の治療薬は、易怒性などの興奮性のBPSD(認知症の行動・心理症状)を悪化させる可能性がある。
認知症について 慢性硬膜下血腫による認知機能障害は、慢性化しているため、血種を除去しても回復が期待できない。 ×
認知症について レビー小体型認知症では、便秘や立ちくらみなどの自立神経症状を伴うことがある。
認知症について うつ状態が続くと、認知症と診断されてしまうことがある。
認知症について 認知症の初期では、ADLの低下がみられ、進行するとIADL の低下が起こってくる。 ×
認知症について 認知症初期集中支援チームの訪問支援対象者は、初期の認知症患者に限られる。 ×
認知症に関する記述 BPSD(認知症の行動・心理症状)には、せん妄、睡眠障害、抑うつなどが含まれる。
認知症に関する記述 レビー小体型認知症では、具体的で詳細な内容の幻視がみられることが特徴である。
認知症に関する記述 認知症疾患医療センターは、専ら認知症患者の高度な治療を行うことを目的としている。 ×
認知症に関する記述 認知症患者の精神科病院への措置入院は、精神保健指定医ではない主治の医師による診断のみでも、緊急時においては可能である。 ×
服薬管理について 認知機能低下は、用法や薬効に対する理解不足を生じさせ、適切な服薬管理を困難にする。
薬剤について 腎機能が低下している場合には、血中濃度が下がるため、抗菌薬を使用するときは、適宜増量する。 ×
薬剤について BPSD(認知症の行動・心理症状)がある場合には、漢方薬は使用しない。 ×
Aさん(92歳)は重度の認知症である。長女家族と同居しながら自宅で生活を続けていたが、肺炎を発症し緊急入院した。ある日、入院先の病院の医師より「嚥下の機能が低下しているため、今後経口摂取は難しい。胃ろうを造設して退院しますか?」と言われ、家族が悩んでいる。病院から介護支援専門員に、家族の相談にのってくれるよう依頼があった。この際の介護支援専門員の対応について Aさんが延命処置についてどのような価値観や意向を持っていたかを家族と話し合い、冷静に判断できるように支援した。
Aさん(92歳)は重度の認知症である。長女家族と同居しながら自宅で生活を続けていたが、肺炎を発症し緊急入院した。ある日、入院先の病院の医師より「嚥下の機能が低下しているため、今後経口摂取は難しい。胃ろうを造設して退院しますか?」と言われ、家族が悩んでいる。病院から介護支援専門員に、家族の相談にのってくれるよう依頼があった。この際の介護支援専門員の対応について 「注入した栄養剤が逆流して誤嚥性肺炎が起きることがあるので、胃ろうはしない方がよい」と家族に勧めた。 ×
Aさん(92歳)は重度の認知症である。長女家族と同居しながら自宅で生活を続けていたが、肺炎を発症し緊急入院した。ある日、入院先の病院の医師より「嚥下の機能が低下しているため、今後経口摂取は難しい。胃ろうを造設して退院しますか?」と言われ、家族が悩んでいる。病院から介護支援専門員に、家族の相談にのってくれるよう依頼があった。この際の介護支援専門員の対応について 自宅で生活する際の主治医の意見を聞いてから、家族と話し合うことにした。
Aさん(92歳)は重度の認知症である。長女家族と同居しながら自宅で生活を続けていたが、肺炎を発症し緊急入院した。ある日、入院先の病院の医師より「嚥下の機能が低下しているため、今後経口摂取は難しい。胃ろうを造設して退院しますか?」と言われ、家族が悩んでいる。病院から介護支援専門員に、家族の相談にのってくれるよう依頼があった。この際の介護支援専門員の対応について 病院と在宅サービスの関係者を招集したカンファレンスの開催について、病院と相談した。
Aさん(92歳)は重度の認知症である。長女家族と同居しながら自宅で生活を続けていたが、肺炎を発症し緊急入院した。ある日、入院先の病院の医師より「嚥下の機能が低下しているため、今後経口摂取は難しい。胃ろうを造設して退院しますか?」と言われ、家族が悩んでいる。病院から介護支援専門員に、家族の相談にのってくれるよう依頼があった。この際の介護支援専門員の対応について 退院後についても病院の医師の判断に任せてはどうかと家族に伝えた。 ×
Bさんは、要介護3であり、軽度の認知症の妻による介護を受けながら二人で暮らしていた。しかし、「妻の認知症の症状が急に重くなり、Bさんの介護は困難になったようだ。」と訪問介護事業所のサービス提供責任者から連絡があった。この際の介護支援専門員の当面の対応について サービス担当者会議を開催し、対応を協議した。
Bさんは、要介護3であり、軽度の認知症の妻による介護を受けながら二人で暮らしていた。しかし、「妻の認知症の症状が急に重くなり、Bさんの介護は困難になったようだ。」と訪問介護事業所のサービス提供責任者から連絡があった。この際の介護支援専門員の当面の対応について 地域包括支援センターに相談した。
Bさんは、要介護3であり、軽度の認知症の妻による介護を受けながら二人で暮らしていた。しかし、「妻の認知症の症状が急に重くなり、Bさんの介護は困難になったようだ。」と訪問介護事業所のサービス提供責任者から連絡があった。この際の介護支援専門員の当面の対応について 妻の医療保護入院の手続きをした。 ×
Bさんは、要介護3であり、軽度の認知症の妻による介護を受けながら二人で暮らしていた。しかし、「妻の認知症の症状が急に重くなり、Bさんの介護は困難になったようだ。」と訪問介護事業所のサービス提供責任者から連絡があった。この際の介護支援専門員の当面の対応について 妻の成年後見について家庭裁判所に相談した。 ×
Bさんは、要介護3であり、軽度の認知症の妻による介護を受けながら二人で暮らしていた。しかし、「妻の認知症の症状が急に重くなり、Bさんの介護は困難になったようだ。」と訪問介護事業所のサービス提供責任者から連絡があった。この際の介護支援専門員の当面の対応について 状況を把握するために速やかに訪問した。
意思疎通が難しくなった認知症のAさん(75歳)は、夫(80歳)と二人で暮らしている。子供も親族もなく、妻の介護は夫一人で行っている。夫なりに工夫して介護しているが、おむつ交換や食事の介助がうまく行えていない。Aさんは最近寝ていることが多くなり、痩せてきている。夫は「妻の介護はできているから、今までどおり介護ベッドを借りるだけでいい」と頑なである。この際の介護支援専門員の対応について 現在の居宅サービス計画を継続して、夫が危機を自ら発見し、相談に来るまで待つ。 ×
意思疎通が難しくなった認知症のAさん(75歳)は、夫(80歳)と二人で暮らしている。子供も親族もなく、妻の介護は夫一人で行っている。夫なりに工夫して介護しているが、おむつ交換や食事の介助がうまく行えていない。Aさんは最近寝ていることが多くなり、痩せてきている。夫は「妻の介護はできているから、今までどおり介護ベッドを借りるだけでいい」と頑なである。この際の介護支援専門員の対応について 夫に妻が最近痩せてきているという観察結果を伝え、まずは、その原因を明らかにするための受診を勧める。
意思疎通が難しくなった認知症のAさん(75歳)は、夫(80歳)と二人で暮らしている。子供も親族もなく、妻の介護は夫一人で行っている。夫なりに工夫して介護しているが、おむつ交換や食事の介助がうまく行えていない。Aさんは最近寝ていることが多くなり、痩せてきている。夫は「妻の介護はできているから、今までどおり介護ベッドを借りるだけでいい」と頑なである。この際の介護支援専門員の対応について 夫の努力を高く評価していることを伝えてねぎらうとともに、一人で頑張らず外部サービスの利用も考えるよう働きかけを行う。
意思疎通が難しくなった認知症のAさん(75歳)は、夫(80歳)と二人で暮らしている。子供も親族もなく、妻の介護は夫一人で行っている。夫なりに工夫して介護しているが、おむつ交換や食事の介助がうまく行えていない。Aさんは最近寝ていることが多くなり、痩せてきている。夫は「妻の介護はできているから、今までどおり介護ベッドを借りるだけでいい」と頑なである。この際の介護支援専門員の対応について 今後の生活をどのように考えているのか、夫婦二人の考えを聞く。
意思疎通が難しくなった認知症のAさん(75歳)は、夫(80歳)と二人で暮らしている。子供も親族もなく、妻の介護は夫一人で行っている。夫なりに工夫して介護しているが、おむつ交換や食事の介助がうまく行えていない。Aさんは最近寝ていることが多くなり、痩せてきている。夫は「妻の介護はできているから、今までどおり介護ベッドを借りるだけでいい」と頑なである。この際の介護支援専門員の対応について 受けるべき支援が受けられていない状況は虐待に当たるので、地域包括支援センターに通報する。 ×
一人暮らしのAさん(80歳、女性)は、身寄りがなく、要介護1で訪問介護を利用している。最近、訪問介護員に対して怒りっぽくなり、以前に比べて身支度に無頓着になってくるなど、認知症が疑われる状況となってきた。この際の介護支援専門員の対応について 訪問介護事業所に担当の訪問介護員の交代を依頼した。 ×
一人暮らしのAさん(80歳、女性)は、身寄りがなく、要介護1で訪問介護を利用している。最近、訪問介護員に対して怒りっぽくなり、以前に比べて身支度に無頓着になってくるなど、認知症が疑われる状況となってきた。この際の介護支援専門員の対応について 市に措置入所を依頼した。 ×
一人暮らしのAさん(80歳、女性)は、身寄りがなく、要介護1で訪問介護を利用している。最近、訪問介護員に対して怒りっぽくなり、以前に比べて身支度に無頓着になってくるなど、認知症が疑われる状況となってきた。この際の介護支援専門員の対応について 精神科の受診について主治医に相談した。
一人暮らしのAさん(80歳、女性)は、身寄りがなく、要介護1で訪問介護を利用している。最近、訪問介護員に対して怒りっぽくなり、以前に比べて身支度に無頓着になってくるなど、認知症が疑われる状況となってきた。この際の介護支援専門員の対応について 近隣住民も含めた支援体制などについて地域包括支援センターに相談した。
一人暮らしのAさん(80歳、女性)は、身寄りがなく、要介護1で訪問介護を利用している。最近、訪問介護員に対して怒りっぽくなり、以前に比べて身支度に無頓着になってくるなど、認知症が疑われる状況となってきた。この際の介護支援専門員の対応について 認知症初期集中支援チームの支援を依頼した。

当サイト運営人が教えます◆ケアマネ試験合格コーチ☆受講者さん募集のご案内

2019年10月13日に行なわれる
ケアマネ試験(介護支援専門員実務研修研修受講試験)の合格コーチの受講者さんを募集します。

『完全オーダーメイドのカリキュラムとスケジュールで試験対策を行なう贅沢なプログラム』

❖こんな人におすすめ!!

独学で始めたものの挫折しそうな人

受験が今回で3回目、4回目・・・の人
◇絶対に合格したい
◇通信講座では物足りないけれど、通学はちょっと
◇独学で合格できる自信がない
◇どうやって試験対策したらよいかわからない
◇いつでも相談したい

❖ケアマネ試験合格コーチが提供する価値
あなたに最適化したプログラムで、効率よくケアマネ試験合格に導きます。

●あなたに最適化した試験対策を立案します。
●理解を加速するマンツーマン講義を行ないます。
●あなたの試験学習の取り組みをメンタル面からフォローします。

❖ケアマネ試験合格コーチの方法
[①面談方式]は予定の定員数となりましたので、受講者さんの募集を終了しました。
現在は[②テレビ会議方式]のみ受講者さんを募集しております。


①面談方式
あなたのご希望の場所まで出向きます
(概ね関東地方限定)
例えば
●勤務先の空きスペース
●ご自宅
●ファミリーレストラン/カラオケボックス


②テレビ会議方式
zoom、スカイプなどのテレビ会議(テレビ電話)システムを利用
*セッティングもお手伝いします。

❖ケアマネ試験合格コーチの内容
○初回面談(1時間x1回)
 個別学習カリキュラム(学習内容・スケジュール)を作成
○マンツーマン講義(計14時間~40時間程度)
 マンツーマンで試験範囲の講義
 *講義の時間はあなたに合わせて延長・短縮できます
○随時フォロー
 メール、電話、LINEなどご希望のツールにより、随時フォロー
 *時間/回数の制限なくフォローします
○各種資料(法令、便利ツール)の提供
 学習に必要な資料、理解を加速する資料などを必要に応じて提供

❖担当コーチ 
熊谷洋平(介護支援専門員・介護福祉士・住環境コーディネーター2級)
プロフィール詳細はこちらでみれます。

❖受講料 
受講料:20万円10万円(税込み)
試験までの期間が短くなってきましたので7月1日以降値下げします。

〇受講料入金のタイミング
初回面談終了後

❖申し込み後のキャンセル
初回面談は無料です。
(受講料のご入金は初回面談の後です)

講義開始前のキャンセル::全額返金いたします。
講義開始後のキャンセル:受講済み講義の回数に応じての返金となります。

半額返金保証
第22回ケアマネ試験を受験したものの不合格だった場合は10万円返金いたします。
7月1日以降のお申し込みにつきましては半額返金保証はありません。

❖合格した受講者さん特典
合格後、電話、LINEなどでケアマネ実務研修、ケアマネ業務などを無料フォローします(期間1年間:定価6万円相当)。

❖募集終了
受講者の募集は予告なしに終了することがあります。

❖詳細について
詳細ページをご覧ください。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

❖お問い合わせ方法
まずは「お問い合わせフォーム」または「電話」でご連絡ください。

■お問い合わせフォーム:下の方↓にあります。

■電話:080-7315-8010 (048-812-5508)

「お問い合わせフォーム」よりご連絡いただいた場合は、担当熊谷より電話またはメールで折り返しご連絡いたします。
「電話」は携帯電話までお願いいたします。こちらから折り返しご連絡いたします。


ご不明な点、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせいただいた方に無理に受講をお勧めすることは絶対にありませんのでご安心下さい。

❖主催者情報
「ケアマネ試験合格コーチ」
事務局:くまがい行政書士事務所
担当者:熊谷 洋平
〒349-0114
住所:埼玉県蓮田市馬込2-449 A208
TEL:048-812-5508 / 080-7315-8010
FAX:048-812-5581


お問い合わせフォームはこちらです↓↓↓