ケアマネ試験[要介護認定]一問一答100

要介護認定一問一答

ケアマネ試験の頻出テーマである要介護認定に関する過去問(1問1答形式)を100問集めてみました。

レッツゴー!!

要介護認定について  主治の医師の意見は、介護認定審査会に通知しなければならない。
要介護認定等基準時間の算定方法について 「1分間タイムスタディ・データ」による樹形モデルを用いる。
要介護認定等基準時間の算定方法について 「特定疾病」に関する項目から求められた時間を合算する。 ×
要介護認定等基準時間の算定方法について 「特別な医療」に関する項目から求められた時間を合算する。
要介護認定における認定調査票の基本調査項目 サービスの利用状況に関連する項目 ×
介護認定審査会について その合議体の委員定数は、都道府県が条例で定める。 ×
介護認定審査会について その合議体の長は、市町村長が指名する。 ×
介護認定審査会について 委員の定数は、被保険者数に応じて都道府県が定める。 ×
介護認定審査会について 委員は、市町村長が任命する。
要介護認定に係る主治医意見書における「サービス提供時における医学的観点からの留意事項」の項目 飲水 ×
要介護認定の認定調査について 遠隔地に居住する被保険者の申請に係る調査は、その被保険者の住む市町村に調査を嘱託できる。
要介護認定の認定調査票(基本調査)について 家族の介護力は、含まれる。 ×
要介護認定等基準時間の算定方法について 家庭で行われる介護時間を基にする。 ×
要介護認定について 家庭裁判所には、申請権がある。 ×
要介護認定について 介護認定審査会の委員には、医師を任命しなければならない。 ×
介護保険法において市町村が条例により規定することとされているもの 介護認定審査会の委員の定数
要介護認定について 介護認定審査会の委員は、市町村長が任期付きで任命するが、再任することもできる。
要介護認定について 介護認定審査会の意見は、主治の医師に通知しなければならない。 ×
要介護認定について 介護認定審査会の審査及び判定の結果は、介護支援専門員に通知しなければならない。 ×
要介護認定の仕組みについて 介護認定審査会は、市町村に設置される。
要介護認定の手続について 介護認定審査会は、審査・判定を行った結果を申請者に通知する。 ×
要介護認定について 介護認定審査会は、認定に際してサービスの種類の指定権限を持つ。 ×
要介護認定について 介護認定審査会は、必要があるときは、主治医の意見を聴くことができる。
要介護認定について 介護認定審査会は、複数の市町村で共同設置することができる。
要介護認定の広域的実施の目的 介護認定審査会委員の確保
次の記述について 介護保険における主治医意見書は、要介護認定に用いられるものであり、介護支援専門員が介護サービス計画作成に用いることは好ましくない。 ×
要介護認定について 介護保険の被保険者証が未交付の第2号被保険者は、医療保険の被保険者証等を提示して申請する。
要介護認定の申請手続について 介護保険施設は、代行できない。 ×
要介護認定の仕組みについて 介護保険審査会は、市町村に設置される。 ×
要介護認定の認定調査票(基本調査)について 外出頻度は、含まれる。
要介護認定の広域的実施の目的 近隣市町村での公平な判定
要介護認定、要支援認定の有効期間について 区分変更申請の場合は、24月間の設定が可能である。 ×
要介護認定、要支援認定の有効期間について 区分変更申請の場合は、6月間が原則である。
要介護認定に係る主治医意見書における「サービス提供時における医学的観点からの留意事項」の項目 血圧
介護認定審査会について 原則として、保険者である市町村の職員は委員となることができない。
介護認定審査会について 市町村の附属機関である。
要介護認定の認定調査について 市町村は、その職員である市町村保健センターの保健師に認定調査を行わせることができる。
要介護認定の認定調査について 市町村は、その職員である福祉事務所のケースワーカーに認定調査を行わせることができる。
要介護認定の認定調査について 市町村は、介護支援専門員に更新認定の調査を委託できない。 ×
要介護認定の認定調査について 市町村は、指定居宅介護支援事業者に更新認定の調査を委託できない。 ×
要介護認定について 市町村は、職権により、有効期間満了前でも要介護状態区分の変更認定ができる。
要介護認定について 市町村は、新規認定調査を指定市町村事務受託法人に委託できる。
要介護認定の認定調査について 市町村は、地域包括支援センターに更新認定の調査を委託できる。
要介護認定の広域的実施の目的 市町村間の要介護状態区分ごとの分布の統一 ×
要介護認定の手続について 指定居宅介護支援事業者は、申請を代行できない。 ×
要介護認定の申請手続について 指定居宅介護支援事業者は、代行できる。
要介護認定の申請手続について 指定訪問介護事業者は、代行できる。 ×
要介護認定における主治医意見書の項目 社会生活への適応に関する意見 ×
要介護認定における認定調査票の基本調査項目 主たる介護者に関連する項目 ×
要介護認定について 主治医がいないときは、介護認定審査会が医師を指定できる。 ×
要介護認定等基準時間の算定方法について 主治医意見書の「移動」の項に記入された時間を合算する。 ×
要介護認定における認定調査票の基本調査項目 精神・行動障害に関連する項目
要介護認定に係る主治医意見書における「サービス提供時における医学的観点からの留意事項」の項目 摂食
要介護認定について 第1号被保険者は、医療保険の被保険者証を添付して申請する。 ×
要介護認定の広域的実施の目的 第2号被保険者の保険料の統一 ×
要介護認定の認定調査について 地域包括支援センターは、更新認定に係る調査を受託できる。
要介護認定について 地域包括支援センターは、申請手続きを代行することができる。
要介護認定の申請手続について 地域包括支援センターは、代行できる。
介護認定審査会について 地域包括支援センター職員が参加しなければならない。 ×
要介護認定の申請手続について 地域密着型介護老人福祉施設は、代行できない。 ×
要介護認定の認定調査票(基本調査)について 点滴の管理は、含まれない。 ×
要介護認定の認定調査について 特定施設入居者生活介護を行う有料老人ホームは、受託できる。 ×
要介護認定における認定調査票の基本調査項目 特別な医療に関連する項目
要介護認定における主治医意見書の項目 認知症初期集中支援チームとの連携に関する意見 ×
要介護認定について 認定されなかった場合には、被保険者証は返還されない。 ×
要介護認定の手続について 認定に不服がある場合には、介護保険審査会が審査及び要介護認定を行う。 ×
介護認定審査会について 認定の有効期限について意見を付すことができる。
要介護認定の広域的実施の目的 認定事務の効率化
要介護認定の手続について 認定調査の結果及び主治の医師の意見書は、介護認定審査会に通知される。
介護認定審査会について 認定調査を行うことができる。 ×
要介護認定について 認定調査票の基本調査項目には、口腔清潔に関する項目が含まれる。
要介護認定について 認定調査票の基本調査項目には、主たる介護者に関する項目が含まれる。 ×
要介護認定について 認定調査票の基本調査項目には、集団への不適応に関する項目が含まれる。
要介護認定について 認定調査表の基本調査項目には、身体障害者程度等級が含まれる。 ×
要介護認定について 認定又は非該当の決定等は、申請日から60日以内に行わなければならない。 ×
要介護認定に係る主治医意見書における「サービス提供時における医学的観点からの留意事項」の項目 排泄 ×
要介護認定の認定調査票(基本調査)について 買い物は、含まれる。
要介護認定の仕組みについて 判定は、市町村が定める客観的基準に基づき行われる。 ×
介護認定審査会について 被保険者が受けることができるサービスの種類を指定することができる。 ×
要介護認定の仕組みについて 被保険者が住所を移転した場合には、14日以内に判定をし直す。 ×
要介護認定について 被保険者が調査又は診断命令に従わないときは、申請を却下することができる。
介護認定審査会について 被保険者に主治の医師がいないときは、診断を行う医師を指定することができる。 ×
要介護認定の手続について 被保険者に主治の医師がないときは、市町村が指定する医師又は市町村の職員である医師の診断を受けることができる。
介護認定審査会について 必要に応じて、審査対象者の家族の意見を聞くことができる。
要介護認定に係る主治医意見書における「医学的管理の必要性」の項目 訪問飲水管理指導 ×
要介護認定に係る主治医意見書における「医学的管理の必要性」の項目 訪問栄養食事指導
介護認定審査会について 要介護状態の軽減のために必要な療養について意見を付すことができる。
介護支援専門員の業務について 要介護度の変化があれば、認定調査員に再調査を依頼する。 ×
要介護認定について 要介護認定の効力は申請のあった日にさかのぼって生ずる。
終末期のケアについて 要介護認定の前でも、保険者が必要があると認めた場合には、暫定ケアプランを作成して介護サービスを利用することができる。
要介護認定について 要介護認定は、申請者の家庭での介護時間を計測して行う。 ×
要介護認定について 要介護認定等基準時間には、「じょく瘡の処置」が含まれる。
要介護認定について 要介護認定等基準時間には、「家族の介護負担」が含まれる。 ×
要介護認定について 要介護認定等基準時間には、輸液の管理が含まれる。
要介護認定について 要介護認定等基準時間には、徘徊に対する探索が含まれる。
要介護認定について 要介護認定等基準時間の算定の合算対象には、認定調査票の特記事項の内容が含まれる。 ×
要介護認定について 要介護認定等基準時間の算定の合算対象には、疼痛の看護が含まれる。
要介護認定について 要介護認定等基準時間は、1日当たりの時間として推計される。
要介護認定に係る主治医意見書における「サービス提供時における医学的観点からの留意事項」の項目 嚥下
要介護認定の認定調査票(基本調査)について 徘徊は、含まれない。 ×

当サイト運営人が講師をやっています■ケアマネ試験対策講座[ケアマネ3000]◆受講者さん募集のご案内

2019年10月13日に行なわれる
ケアマネ試験(介護支援専門員実務研修研修受講試験)の試験対策講座の受講者さんを募集します。

『聴いて理解して合格する』音声配信講座です。

❖こんな人におすすめ!!
◇テキストを読んでもよくわからない
◇試験範囲の内容をしっかり理解したい
◇問題の意味がわからない
◇独学で合格できる自信がない

❖ケアマネ試験対策講座[ケアマネ3000]が提供する価値
インプットに特化したプログラムです。丁寧な解説によりケアマネ試験の出題範囲を理解できるようにします。

●テキストを見ながら講義を聴くことで、テキストをただ読むことに比べて、各段に試験範囲の内容の理解を高めることができます。
●試験対策のプロが難しい制度や用語をわかりやすく解説します。
●独学者の弱点となりやすいインプット(=試験範囲の内容の理解)に特化した講座です。アウトプットのコツは講座の中で解説。
●仕事や家事に追われながらの試験学習にピッタリの聴く講座です。

❖ケアマネ試験対策講座[ケアマネ3000]の内容
〇講義
 講義は音声ファイルにて配信(mp3形式)
 *7回に分けて配信します
 配信済の講義はいつもで聴くこと・ダウンロード可能(2019年10月31日まで)
〇資料
 講義を補足する資料を随時配信(PDF形式)
 資料はいつでも閲覧・ダウンロード・印刷可能(2019年10月31日まで)
〇過去問題
 8年分(計480問・2400肢)の過去問題を配信(excel形式)
 過去問題はいつでも閲覧・ダウンロード・印刷可(2019年10月31日まで)
〇LINE・メールでのサポート
 学習上の疑問点はLINE・メールでサポート(2019年10月31日まで)

❖担当講師 
熊谷洋平(介護支援専門員・介護福祉士・福祉住環境コーディネーター2級)
プロフィール詳細はこちらでみられます。

❖受講料 
受講料:1万円

❖お支払い方法
・クレジットカード
・銀行振込 

❖申し込み後のキャンセル
講義の再生ができない場合のみキャンセルのお取り扱いをいたします。

❖募集終了
受講者さんの募集は予告なしに終了することがあります。

❖詳細について
詳細ページをご覧ください。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

❖申し込み方法
詳細ページよりお入りください。

❖お問い合わせ
お問い合わせは「お問い合わせフォーム」または「電話」でご連絡ください。
お問い合わせフォーム
電話:080-7315-8010 (048-812-5508)

「お問い合わせフォーム」よりご連絡いただいた場合は、担当熊谷より電話またはメールで折り返しご連絡いたします。
「電話」は携帯電話までお願いいたします。こちらから折り返しご連絡いたします。

ご不明な点、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせいただいた方に無理に受講をお勧めすることは絶対にありませんのでご安心下さい。

❖主催者情報
「ケアマネ試験対策講座[ケアマネ3000]」
事務局:くまがい行政書士事務所
担当者:熊谷 洋平
〒349-0114
住所:埼玉県蓮田市馬込2-449 A208
TEL:048-812-5508/080-7315-8010
FAX:048-812-5581


詳細ページはこちらです↓↓↓