ケアマネ試験[在宅医療]一問一答100

ケアマネ試験の頻出テーマである在宅医療に関する過去問(1問1答形式)を100問集めてみました。

さあみんなで考えよう!

Aさん(92歳)は重度の認知症である。長女家族と同居しながら自宅で生活を続けていたが、肺炎を発症し緊急入院した。ある日、入院先の病院の医師より「嚥下の機能が低下しているため、今後経口摂取は難しい。胃ろうを造設して退院しますか?」と言われ、家族が悩んでいる。病院から介護支援専門員に、家族の相談にのってくれるよう依頼があった。この際の介護支援専門員の対応について Aさんが延命処置についてどのような価値観や意向を持っていたかを家族と話し合い、冷静に判断できるように支援した。
Aさん(92歳)は重度の認知症である。長女家族と同居しながら自宅で生活を続けていたが、肺炎を発症し緊急入院した。ある日、入院先の病院の医師より「嚥下の機能が低下しているため、今後経口摂取は難しい。胃ろうを造設して退院しますか?」と言われ、家族が悩んでいる。病院から介護支援専門員に、家族の相談にのってくれるよう依頼があった。この際の介護支援専門員の対応について 「注入した栄養剤が逆流して誤嚥性肺炎が起きることがあるので、胃ろうはしない方がよい」と家族に勧めた。 ×
Aさん(92歳)は重度の認知症である。長女家族と同居しながら自宅で生活を続けていたが、肺炎を発症し緊急入院した。ある日、入院先の病院の医師より「嚥下の機能が低下しているため、今後経口摂取は難しい。胃ろうを造設して退院しますか?」と言われ、家族が悩んでいる。病院から介護支援専門員に、家族の相談にのってくれるよう依頼があった。この際の介護支援専門員の対応について 自宅で生活する際の主治医の意見を聞いてから、家族と話し合うことにした。
Aさん(92歳)は重度の認知症である。長女家族と同居しながら自宅で生活を続けていたが、肺炎を発症し緊急入院した。ある日、入院先の病院の医師より「嚥下の機能が低下しているため、今後経口摂取は難しい。胃ろうを造設して退院しますか?」と言われ、家族が悩んでいる。病院から介護支援専門員に、家族の相談にのってくれるよう依頼があった。この際の介護支援専門員の対応について 病院と在宅サービスの関係者を招集したカンファレンスの開催について、病院と相談した。
在宅酸素療法について 酸素ボンベの使用になれれば、医師の指示がなくても、酸素吸入量は自由に設定してよい。 ×
在宅酸素療法について 酸素消費量が多くなるため、入浴は行わない。 ×
在宅酸素療法について 電磁調理器の使用時には、酸素吸入は行わない。 ×
在宅酸素療法について 鼻腔カニューレの使用中であっても、食事や会話が可能である。
在宅酸素療法について 呼吸同調型酸素供給装置を使用することで、酸素ボンベの消費を減らすことができる。
胃ろうについて 経口摂取に移行しようとする場合には、多職種による経口移行計画を作成して行う。
胃ろうについて 半固形栄養剤の使用により、胃食道逆流や下痢を防止できる可能性がある。
胃ろうについて カテーテルが抜けた場合でも、ろう孔から胃の内容物が漏れなければ、医師に報告する必要はない。 ×
胃ろうについて チューブ型カテーテルを固定する際には、体表から1~2cm程度の「あそび」を持たせるように外部ストッパーを調整する。
胃ろうについて 胃ろうを造設している場合は、原則として、入浴は禁止されている。 ×
介護保険における訪問介護について ストマ装具のパウチにたまった排泄物を捨てることは、身体介護として算定する。
介護保険における訪問入浴介護について 利用者の病態が安定している場合には、気管切開創があっても、入浴は可能である。
呼吸管理について 人工呼吸器を装着している場合には、停電に備えて、バッテリー内臓の吸引器又は手動式や足踏み式の吸引器を備えておく。
呼吸管理について 在宅酸素療法で使用するボンベの航空機内への持ち込みは、すべて禁止されている。 ×
呼吸管理について 在宅酸素療法は、入院しなければ導入の判断はできない。 ×
呼吸管理について 在宅人工呼吸療法には、気管切開や挿管を行わない方法もある。
呼吸管理について 在宅人工呼吸療法を導入する場合には、家族がアンビューバッグの使い方を習得する必要がある。 
口腔ケアについて 経管栄養を行っている場合には、唾液分泌量が減少し、咀嚼による自浄作用が乏しくなるため、積極的な口腔ケアが必要となる。
高齢者の医療について がんの疼痛管理では、麻薬は習慣性があり、幻覚等の症状もきたすため、可能な限り痛みは我慢してもらう。 ×
高齢者の医療について 経管栄養の場合には、錠剤の内服薬は投与できないので、点滴治療となる。 ×
高齢者の栄養・食生活について 在宅での経管栄養剤は、食品の扱いとなるため、すべて自己負担となる。 ×
高齢者の栄養管理について 経管栄養では、腹部膨満感や下痢などの症状をきたしやすいため、注入速度に注意する。
災害対応について 人工呼吸器等電源を必要とする医療機器使用者の停電時の対応については、平時より、主治医等と話し合い、対応を決めておく。
在宅での医療管理について 疼痛に対して麻薬を使用する際は、副作用の便秘に注意する必要がある。
在宅での医療管理について インスリンの自己注射の効果は、利用者の体調によって変わることはない。 ×
在宅での医療管理について 人工透析を受けている者は、心筋梗塞や脳卒中のリスクが高い。
在宅での医療管理について 人工呼吸器を装着している場合には、パルスオキシメーターによって酸素飽和度を測定する。
在宅での医療管理について 在宅自己導尿は、膀胱内にカテーテルを留置するよりも感染のリスクが高い。 ×
在宅で医療機器を使用する場合の留意点について 腹膜透析を実施している場合は、感染に注意が必要である。
在宅で医療機器を使用する場合の留意点について 在宅中心静脈栄養法を行っている場合は、入浴は禁忌である。 ×
在宅で医療機器を使用する場合の留意点について 在宅経管栄養法では、カテーテルの定期的な交換は不要である。 ×
在宅で医療機器を使用する場合の留意点について 気管切開を伴った人工呼吸療法では、気管切開部の管理が必要である。
在宅で医療機器を使用する場合の留意点について 在宅酸素療法では、機器の周囲2m以内に火気を置かないようにする。
在宅で行われる呼吸管理について ネブライザーで吸入薬を用いる際に副作用と思われる症状がみられた場合には、吸入を中止して医療者に報告する。
在宅で行われる呼吸管理について 在宅酸素療法を受けている利用者が息苦しさを訴えた場合には、医師の指示の有無にかかわらず、酸素流量を増やす。 ×
在宅で行われる呼吸管理について 在宅酸素療法を実施している場合には、定期的にバッテリーの充電状態を確認する。
在宅で行われる呼吸管理について 人工呼吸器を利用する場合には、緊急時の対応方法や連絡先を確認しておく。
在宅で行われる呼吸管理について 痰の吸引器は、介護保険の給付の対象となる。 ×
在宅医療について 人工呼吸器を装着している場合には、外出はできないため、社会参加は考慮しなくてもよい。 ×
在宅医療について 在宅酸素療法を実施している場合には、酸素濃縮器にはバッテリーが内蔵されているので、2日間程度なら停電になっても問題はない。 ×
在宅医療について パルスオキシメータの測定値は、貧血、末梢循環不全、あるいは濃いマニキュアを爪に塗っている場合には、正確な数値を示さないことがある。
在宅医療について 胃ろうからの経管栄養を受けている者が下痢になった場合には、消化吸収を速やかに行う必要があるため、注入速度を速くする。 ×
在宅医療について 人工呼吸器を装着して外出する場合には、外部バッテリーやアンビューバッグなどのチェックを行い、緊急の連絡先などを確認する。
在宅医療について 在宅酸素療法として、高圧ガスボンベを使用する場合には、2m以上火気から離し火気厳禁とするが、酸素濃縮器を使用する場合には、そばで火気を使用することができる。 ×
在宅医療について 在宅人工呼吸療法を導入する場合には、気管切開が必須となる。 ×
在宅医療について 在宅自己腹膜灌流(CAPD)をしている場合には、週1回以上は医療機関を訪問する必要がある。 ×
在宅医療について 胃ろうの管が皮膚から抜けてしまった場合には、穴が塞がってしまうので、すぐに新しいものと交換するなどの対応が必要である。
在宅医療管理について 悪性腫瘍の疼痛管理のために麻薬を使う場合は、便秘になることが多いので、排便コントロールに留意する。
在宅医療管理について 疼痛管理などに自動注入ポンプを用いる場合には、トラブル発生時の対応方法をあらかじめ関係者間で共有しておく。
在宅医療管理について 腹膜透析は、在宅で行うことができるため、血液透析に比べて通院回数は少ない。
在宅医療管理について インスリンを自己注射している場合に、冷や汗、動悸、震えがみられたら、高血糖を疑う。 ×
在宅医療管理について 在宅酸素療法や人工呼吸療法を実施している場合は、パルスオキシメーター購入費用の補助を受けられることがある。
在宅医療管理について 胃ろうに栄養剤を注入する際には、水平仰臥位で実施する。 ×
在宅医療管理について ストーマを造設しても、入浴は可能である。
在宅医療管理について 在宅中心静脈栄養法を実施しているときは、経口摂取を行ってはならない。 ×
在宅医療管理について 血液透析を行っている利用者では、シャント側の腕での血圧測定を避ける。
在宅医療管理について 胃ろうを取り扱うときは、損傷防止のためカテーテルを回転させないようにする。 ×
次の記述について 麻薬によるがんの疼通管理をしている場合には、腸の蠕動運動が抑制されるため、便秘になりやすい。
次の記述について 医師・歯科医師が麻薬を処方する場合には、麻薬施用者免許は不要である。 ×
次の記述について 在宅で人工呼吸器を利用する場合、災害等による停電に備えて、予備バッテリーの確保や必要な連絡体制を確認する。
次の記述について 在宅酸素療法では、引火のおそれがあるため、火気から2m以上離すことや禁煙することが必要である。
次の記述について 完全皮下埋め込み式のポート型の在宅中心静脈栄養では、感染のおそれがない。 ×
次の記述について 経管栄養では、栄養剤は腸管ですべて吸収されるために排便はなくなる。 ×
次の記述について 胃ろうで経管栄養を行っている場合に使用されるすべての経管栄養剤は 医師の処方に基づき医療保険から提供される。 ×
次の記述について 胃ろう部にスキントラブルのない療養者は、胃ろう部をドレッシング材で被わずに、胃ろう周囲を石けんで洗うことも、浴槽に入ることもできる。
次の記述について 嚥下障害の初期症状を認めたら、誤嚥性肺炎や低栄養を予防するため、直ちに経管栄養チューブや胃ろうに切り替え、必要栄養摂取量の確保を行う。 ×
次の記述について 胃ろうから栄養補給している療養者でも、摂食・嚥下機能をアセスメントして経口摂取が可能な場合には、経口移行計画を作成し、それに基づき経口摂取をすすめる。
次の記述について 尿道留置カテーテルによる尿路感染を予防するため、日常的に膀胱洗浄を行う。 ×
次の記述について 尿道留置カテーテルの蓄尿バッグについては、移乗時に勝胱より高い位置になって逆流が起こらないよう留意しなければならない。
次の記述について 介護職員は、喀痰吸引等研修を修了し、都道府県知事から認定証の交付を受けた場合に、痰の吸引を行うことができる。
次の記述について 胃ろうを造設しても、誤嚥性肺炎のリスクがなくなるわけではない。
次の記述について インスリン注射は、医師の指示があれば、介護職員も行うことができる。 ×
次の記述について 経管栄養を行っている場合には、食事後はすぐに水平に臥床させることが望ましい。 ×
次の記述について 喀痰の吸引に必要な吸引器は、介護保険により給付される。 ×
次の記述について 膀胱留置カテーテルを留置している場合には、蓄尿バッグは、膀胱より低い位置に置く。
次の記述について 人工呼吸療法には、気管切開により行う場合や、口や鼻からマスクにより行う場合などがある。
次の記述について インスリンの自己注射を行っている場合には、低血糖による意識レベルの変化に注意する。
次の記述について 人工透析を行っている場合には、シャント側で血圧測定を行う。 ×
次の記述について 中心静脈栄養法を行っている者は、入浴はできない。 ×
次の記述について 呼吸の苦しさを訴えた場合は、速やかに症状を緩和するため、医師の指示にかかわらず酸素流量を増やす。 ×
次の記述について 膀胱留置カテーテルを使用し、尿漏れがある場合は、カテーテルの閉塞を疑う。
次の記述について 急変時に予想される事態への対応、緊急受診先等をあらかじめ主治医や家族と共有しておくことが望ましい。
次の記述について 膀胱留置カテーテルの使用時は、蓄尿バッグを膀胱と同じ高さに固定する。 ×
次の記述について 在宅自己注射は、患者に代わって家族が行うことはできない。 ×
次の記述について パルスオキシメータにより簡便に酸素飽和度が測定できるが、脈が検知されないときは、表示された数値の信頼性は乏しい。
短期入所療養介護について 喀痰吸引を必要とする要介護高齢者は、介護老人保健施設での短期入所療養介護を利用できない。 ×
訪問看護について 訪問介護事業所の利用者に対し、喀痰吸引等に係る特定行為業務を円滑に行うための支援を行った場合には、看護・介護職員連携強化加算を算定できる。
薬剤について 麻薬は、口渇の原因となり得る薬剤である。
薬剤の管理について 在宅の患者が使用する必要がなくなった麻薬は、自宅で廃棄処理しなければならない。 ×
薬剤の管理について 在宅で使用される中心静脈栄養に使用する注射薬は、病院から届けられるものであり、薬局から届けられることはない。 ×
薬剤の管理について 胃ろうから薬剤を注入する際には、それぞれの薬剤について、錠剤を粉砕したり、微温湯で溶解させたりしてよいか、確認する必要がある。
痰の吸引について 長期療養で気管切開や気管挿管を受けている者では、自力で気道内の分泌物を喀出できない場合も多いので、気道確保のために吸引が必要である。
痰の吸引について 意識のある療養者では、吸引は激しい咳嗽(がいそう)反射を起こし、負担がかかるので、吸引は慎む。 ×
痰の吸引について 口腔・鼻腔吸引及び気管内吸引が必要な療養者では、カテーテルを介した感染の危険性があるので、口腔・鼻腔用と気管内用のカテーテルは別にする。
痰の吸引について 療養者の退院に当たっては、その家族が日常的に吸引の操作を行うことができるように、トレーニングを受けることが望ましい。
痰の吸引について 吸引に際しては、事前に体位ドレナージを行うと喀痰が移動してしまうので、有効な排痰ができなくなる。 ×

当サイト運営人が教えます◆ケアマネ試験合格コーチ☆受講者さん募集のご案内

2020年3月8日に行なわれる予定の
ケアマネ試験(介護支援専門員実務研修研修受講試験)の合格コーチの受講者さんを募集します。

『完全オーダーメイドのカリキュラムとスケジュールで試験対策を行なう贅沢なプログラム』

❖こんな人におすすめ!!

独学で始めたものの挫折しそうな人

受験が今回で3回目、4回目・・・の人
◇絶対に合格したい
◇通信講座では物足りないけれど、通学はちょっと
◇独学で合格できる自信がない
◇どうやって試験対策したらよいかわからない
◇いつでも相談したい

❖ケアマネ試験合格コーチが提供する価値
あなたに最適化したプログラムで、効率よくケアマネ試験合格に導きます。

●あなたに最適化した試験対策を立案します。
●理解を加速するマンツーマン講義を行ないます。
●あなたの試験学習の取り組みをメンタル面からフォローします。

❖ケアマネ試験合格コーチの方法
テレビ会議方式
zoom、スカイプなどのテレビ会議(テレビ電話)システムを利用
*セッティングもお手伝いします。

❖ケアマネ試験合格コーチの内容
○初回面談(1時間x1回)
 個別学習カリキュラム(学習内容・スケジュール)を作成
○マンツーマン講義(計14時間~40時間程度)
 マンツーマンで試験範囲の講義
 *講義の時間はあなたに合わせて延長・短縮できます
○随時フォロー
 メール、電話、LINEなどご希望のツールにより、随時フォロー
 *時間/回数の制限なくフォローします
○各種資料(法令、便利ツール)の提供
 学習に必要な資料、理解を加速する資料などを必要に応じて提供

❖担当コーチ 
熊谷洋平(介護支援専門員・介護福祉士・住環境コーディネーター2級)
プロフィール詳細はこちらでみれます。

❖受講料 
受講料:20万円(税込み)

〇受講料入金のタイミング
初回面談終了後

❖申し込み後のキャンセル
初回面談は無料です。
(受講料のご入金は初回面談の後です)

講義開始前のキャンセル::全額返金いたします。
講義開始後のキャンセル:受講済み講義の回数に応じての返金となります。

❖合格した受講者さん特典
合格後、電話、LINEなどでケアマネ実務研修、ケアマネ業務などを無料フォローします(期間1年間:定価6万円相当)。

❖募集終了
受講者の募集は予告なしに終了することがあります。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

❖お問い合わせ方法
まずは「お問い合わせフォーム」または「電話」でご連絡ください。

■お問い合わせフォーム:下の方↓にあります。

■電話:080-7315-8010 (048-812-5508)

「お問い合わせフォーム」よりご連絡いただいた場合は、担当熊谷より電話またはメールで折り返しご連絡いたします。
「電話」は携帯電話までお願いいたします。こちらから折り返しご連絡いたします。


ご不明な点、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせいただいた方に無理に受講をお勧めすることは絶対にありませんのでご安心下さい。

❖主催者情報
「ケアマネ試験合格コーチ」
事務局:くまがい行政書士事務所
担当者:熊谷 洋平
〒349-0114
住所:埼玉県蓮田市馬込5-412
TEL:080-7315-8010 / 048-812-5508
FAX:048-812-5581


お問い合わせフォームはこちらです↓↓↓