包括的支援事業の第1号介護予防支援事業は[要支援者を除く]理由

ケアマネ試験の介護支援分野の中で、地域支援事業は難所の一つといわれています。

中でもややこしいのが、第1号介護予防支援事業(介護予防ケアマネジメント)。

第1号介護予防支援事業(介護予防ケアマネジメント)は総合事業(介護予防・日常生活支援総合事業)と包括的支援事業の両方に登場します。

どいういうことなんだ?と思って市販のテキストを読んでみると、「一体的に運営」とか「総合事業の介護予防ケアマネジメントとして実施」などと書かれよくわからないことになっています。

さらに、
包括的支援事業第1号介護予防支援事業に至っては、
要支援者は対象ではないときています。

私は居宅ケアマネをやっていた当時に、この説明を資料で目にしたものの、意味が全くわからず、超悩んで調べまくったものです。

今回は
興味がある人以外は存在すら気づかないであろう疑問
『包括的支援事業の第1号介護予防支援事業はどうして要支援者が対象ではないのか?』
の謎に迫りたいと思います。

 

第1号介護予防支援事業の規定

まず、法令で第1号介護予防支援事業がどのように規定されているかをみてみます。

介護保険法における第一号介護予防支援事業の規定

介護保険法において、第一号介護予防支援事業それぞれ以下のように規定されています。

●総合事業の第一号介護予防支援事業

居宅要支援被保険者等(指定介護予防支援又は特例介護予防サービス計画費に係る介護予防支援を受けている者を除く。)の介護予防を目的として、厚生労働省令で定める基準に従って、その心身の状況、その置かれている環境その他の状況に応じて、その選択に基づき、第一号訪問事業、第一号通所事業又は第一号生活支援事業その他の適切な事業が包括的かつ効率的に提供されるよう必要な援助を行う事業(以下「第一号介護予防支援事業」という。)

介護保険法第115条の45第1項1号ニ

 

●包括的支援事業の第一号介護予防支援事業

地域包括支援センターは、第一号介護予防支援事業(居宅要支援被保険者に係るものを除く。)及び第百十五条の四十五第二項各号に掲げる事業(以下「包括的支援事業」という。)その他厚生労働省令で定める事業を実施し、地域住民の心身の健康の保持及び生活の安定のために必要な援助を行うことにより、その保健医療の向上及び福祉の増進を包括的に支援することを目的とする施設とする。

介護保険法第115条の46第1項

 

総合事業包括的支援事業の両方に第一号介護予防支援事業があること、
包括的支援事業の第一号介護予防支援事業は居宅要支援被保険者は対象外であることがわかりますね。

 

地域支援事業実施要綱における第一号介護予防支援事業の規定

地域支援事業実施要綱において、包括的支援事業の第一号介護予防支援事業は以下のように規定されています。

法第115条の46第1項に規定する包括的支援事業のうち、第1号介護予防支援事業(居宅要支援被保険者に係るものを除く。)は、法第115条の45第1項第1号ニに基づき、別記1の(1)イ(エ)の介護予防ケアマネジメントとして実施するものとし、費用についても、総合事業として賄われるものとする。

地域支援事業実施要綱別記2の1(1)

ちなみに別記1の(1)イ(エ)には何が書かれているかというと

①定義
法第115条の45第1号ニに規定するサービス

地域支援事業実施要綱別記1の(1)イ(エ)

とシンプルに記載されています。
[法第115条の45第1号ニに規定するサービス]とは、総合事業の第一号介護予防支援事業のことですね。

これら地域支援事業実施要綱の内容を言い換えると、包括的支援事業の第一号介護予防支援事業は、総合事業の第一号介護予防支援事業として実施するということになるかと思います。

この要綱の内容が、各社のテキストにおいて、包括的支援事業の第一号介護予防支援事業と総合事業の第一号介護予防支援事業を「一体的に運営」するとか「総合事業の介護予防ケアマネジメントとして実施」するとか説明している根拠になります。

では、いよいよ、どうして包括的支援事業の第1号介護予防支援事業は(居宅要支援被保険者に係るものを除く。)なのかという疑問に踏み込んでいきます。

どうして包括的支援事業の第1号介護予防支援事業は(居宅要支援被保険者に係るものを除く。)なのか

いろいろ探してみましたが、根拠となる法令は見つかりませんでした。

根拠となる法令などをご存知の方がいらっしゃいましたら、ご一報いただけるととても嬉しいです。

で、私なりに出した結論は、
包括的支援事業は、第2号保険料を使わないから
です。

第1号介護予防支援事業の対象者は誰だ?

第1号介護予防支援事業の対象者は要支援者(居宅要支援被保険者)と、事業対象者(基本チェックリスト該当者)です。
それぞれ、対象となる保被保険者を比較してみると、

要支援者:第1号被保険者+第2号被保険者
事業対象者:第1号被保険者

となります。

要支援者には第1号被保険者、第2号被保険者が含まれますが、事業対象者には第2号被保険者は含まれません。

包括的支援事業の費用負担(財源)

包括的支援事業の費用負担(財源)は以下のようになります。

都道府県 市町村 第1号
保険料
第2号
保険料
38.50% 19.25% 19.25% 23.00% なし

包括的支援事業の財源には第2号被保険者が払う保険料は使われていません。

結論

包括的支援事業には第2号被保険者が払う保険料は使われていません。包括的支援事業の第1号介護予防支援事業の対象に要支援者を含めてしまうと、
第2号保険料を使わない事業であるにも関わらず第2号被保険者のためのサービスを提供することになってしまいます。

そうならないようにするために、包括的支援事業の第1号介護予防支援事業は(居宅要支援被保険者に係るものを除く。)になっているというのが、私が出した結論です。

法的根拠がみつかっていないため、正直なところ、正しい答えかどうかはわかりません。ですがこのように考えると理解しやすいと思いませんか?

当サイト運営人が教えます◆ケアマネ試験合格コーチ☆受講者さん募集のご案内

2019年10月13日に行なわれる
ケアマネ試験(介護支援専門員実務研修研修受講試験)の合格コーチの受講者さんを募集します。

『完全オーダーメイドのカリキュラムとスケジュールで試験対策を行なう贅沢なプログラム』

❖こんな人におすすめ!!

独学で始めたものの挫折しそうな人

受験が今回で3回目、4回目・・・の人
◇絶対に合格したい
◇通信講座では物足りないけれど、通学はちょっと
◇独学で合格できる自信がない
◇どうやって試験対策したらよいかわからない
◇いつでも相談したい

❖ケアマネ試験合格コーチが提供する価値
あなたに最適化したプログラムで、効率よくケアマネ試験合格に導きます。

●あなたに最適化した試験対策を立案します。
●理解を加速するマンツーマン講義を行ないます。
●あなたの試験学習の取り組みをメンタル面からフォローします。

❖ケアマネ試験合格コーチの方法
[①面談方式]は予定の定員数となりましたので、受講者さんの募集を終了しました。
現在は[②テレビ会議方式]のみ受講者さんを募集しております。


①面談方式
あなたのご希望の場所まで出向きます
(概ね関東地方限定)
例えば
●勤務先の空きスペース
●ご自宅
●ファミリーレストラン/カラオケボックス


②テレビ会議方式
zoom、スカイプなどのテレビ会議(テレビ電話)システムを利用
*セッティングもお手伝いします。

❖ケアマネ試験合格コーチの内容
○初回面談(1時間x1回)
 個別学習カリキュラム(学習内容・スケジュール)を作成
○マンツーマン講義(計14時間~40時間程度)
 マンツーマンで試験範囲の講義
 *講義の時間はあなたに合わせて延長・短縮できます
○随時フォロー
 メール、電話、LINEなどご希望のツールにより、随時フォロー
 *時間/回数の制限なくフォローします
○各種資料(法令、便利ツール)の提供
 学習に必要な資料、理解を加速する資料などを必要に応じて提供

❖担当コーチ 
熊谷洋平(介護支援専門員・介護福祉士・住環境コーディネーター2級)
プロフィール詳細はこちらでみれます。

❖受講料 
受講料:20万円10万円(税込み)
試験までの期間が短くなってきましたので7月1日以降値下げします。

〇受講料入金のタイミング
初回面談終了後

❖申し込み後のキャンセル
初回面談は無料です。
(受講料のご入金は初回面談の後です)

講義開始前のキャンセル::全額返金いたします。
講義開始後のキャンセル:受講済み講義の回数に応じての返金となります。

半額返金保証
第22回ケアマネ試験を受験したものの不合格だった場合は10万円返金いたします。
7月1日以降のお申し込みにつきましては半額返金保証はありません。

❖合格した受講者さん特典
合格後、電話、LINEなどでケアマネ実務研修、ケアマネ業務などを無料フォローします(期間1年間:定価6万円相当)。

❖募集終了
受講者の募集は予告なしに終了することがあります。

❖詳細について
詳細ページをご覧ください。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

❖お問い合わせ方法
まずは「お問い合わせフォーム」または「電話」でご連絡ください。

■お問い合わせフォーム:下の方↓にあります。

■電話:080-7315-8010 (048-812-5508)

「お問い合わせフォーム」よりご連絡いただいた場合は、担当熊谷より電話またはメールで折り返しご連絡いたします。
「電話」は携帯電話までお願いいたします。こちらから折り返しご連絡いたします。


ご不明な点、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせいただいた方に無理に受講をお勧めすることは絶対にありませんのでご安心下さい。

❖主催者情報
「ケアマネ試験合格コーチ」
事務局:くまがい行政書士事務所
担当者:熊谷 洋平
〒349-0114
住所:埼玉県蓮田市馬込2-449 A208
TEL:048-812-5508 / 080-7315-8010
FAX:048-812-5581


お問い合わせフォームはこちらです↓↓↓