ケアマネ試験に合格するには、どこまで・どれくらい学習すればよいでしょうか?

これは、ケアマネ試験を受験する人であれば、誰もが気になるテーマではないかと思います。
 


 
自分の実力を把握する一つの方法としては、大勢の人が参加する模擬試験に参加するというのがよいかもしれません。

でも模試の結果からは、その後、どの水準まで学習すればよいかは導くことができませんよね。

 

私はケアマネ試験に合格できる実力について以下のように定義しています(私見です)。

 

5年分の過去問の正答率90%

 

90%の正答率とは

5年分の過去問の正答率90%という表現は実は正確ではありません。

 

細かく解説しますね。

 

ケアマネ試験は各回60問の問題が出ます。

それぞれの問題が設問と5つの選択肢で構成されていますね。

ということは、各回300個の選択肢があるということです。

過去5年間では1500個の選択肢になります。

 

その選択肢すべてについて、

①正しく○×をつけられること。
②さらに、Xの選択肢については、間違っている部分とその部分の正答を「言う」ことができること。

間違っている部分については、書ける必要はありません。言えればよいです。

 

これが私のいう「正答」です。

 

つまり、1500個の選択肢のうち、90%以上(つまり1350個以上)で正答できること。

これが私が考える合格できる実力の定義です。

 

まとめると

「過去5年分の過去問300問の選択肢1500個の〇X(Xの場合間違っている部分の正答も含めて)を90%以上正答できる」。

ということになります。

 

300問の90%ではだめ

どうして300問ではなく、1500肢(Xの場合間違っている部分の正答も含む)なのでしょうか。

それは、普通に300問解くのでは、問題は2択や3択になっていますでの、すべての選択肢を正しく理解していなくても、

消去法で回答できてしまうからです。

これでは理解しているのは2~3割程度に過ぎません。

 

やってみるとわかりますが、普通に解くだけであれば、300問を全問正解することはすぐにできてしまいます。

すべての選択肢を当たること、間違いを正せることがとにかく重要なんです。

 

特別な能力はいらない やればできる

1500肢の90%と聞くと何だか凄く難しそうに感じるかもしれませんね。

しかし、実はそうではありません。

 

ではどうしたら、このレベルに達することができるでしょうか。

 

基本はたったの2つです。

やるべきこと
・過去問を選択肢別に解いていく(○×する)

・わからないところ・間違えたところは、必ず調べて理解する

 

実はこれ、特別な能力も何もいりません。

やれば選択肢を覚えてしまい、イヤでもできるようになります。

できるようになるまでにかかる時間には個人差がありますが、本当に特別な能力はいりません。

 

ただし努力は必要です。

 

つまり、やった人はできるし、やらない人はできない。

 

わからないところ・間違えたところはどうするか

わからないところや間違えたところがあった時には、必ず調べてください。

当たるものは何でも構いません。

その人の学習のスタイルによって、

市販のテキストだったり、通学講座や通学講座のテキスト・資料だったりすると思います。

 

早く正答できるようにするためには、

自分で書き出す、表にするなど、自分にあった工夫をするとよりよいでしょう。

 

学習の効率を上げたり、合格の可能性をより高めるためには、

●テキストを熟読する

●練習問題を解く、

●模擬試験に参加する

などの取り組みもお勧めします。

 

ですが、基本は過去問をしっかり理解して解けるようになること。

これにつきます。

 

絶対に合格したいあなたにお勧めします。

是非トライしてみてください。

 

運営人がお勧めするケアマネ試験対策講座比較サイト

いろいろな試験対策講座を比較できるだけでなく
無料で一度にまとめて資料請求できます。

>>【ケアマネ試験対策講座】の選び方

>>【ケアマネージャー 試験対策講座】の選び方2

 

 

運営人熊谷も家庭教師的なマンツーマン方式の試験対策(ケアマネ試験合格コーチ)をやっています~。

マンツーマン方式になりますので、どうしても費用がちょっと高くなってしまいますが、

完全個別でやりますので、一般的な試験対策講座とは効率が違います。

下↓にご案内がありますので、興味のある方はご覧下さい!!

外国人介護スタッフ対象:介護教育サポート事業のご案内 For foreigners' care staff: Guidance for care education support business

介護関連資格の試験に精通した講師が外国人介護スタッフへの介護教育をサポートします。

❖サポートメニュー
●介護技能評価試験合格サポート
●介護資格の取得サポート
・介護福祉士
・介護支援専門員
・福祉住環境コーディネーター
 など
●介護の知識習得サポート

❖方法
 ①zoomなどのテレビ会議システムを使用
 ②出張授業

❖授業の言語
授業は日本語で行ないます。
※ある程度の日本語力がある方が対象となります。

❖対象国
ベトナム
フィリピン
カンボジア
中国
インドネシア
タイ
ミャンマー
ネパール
モンゴル

❖担当講師 
●講師氏名
・熊谷洋平
●保有資格
・介護支援専門員
・介護福祉士
・福祉住環境コーディネーター2級
・認知症サポーター
●経歴
 介護資格情報サイト[介護福祉士とケアマネジャー 試験と勉強法]運営
 ケアマネジャー試験対策講座主催

❖料金 
ご相談に応じます
 日本国内・海外出張もご相談に応じます。
 (旅費・日当が別途必要です)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

❖お問い合わせ方法
まずは「お問い合わせフォーム」または「電話」でご連絡ください。

■お問い合わせフォーム:下の方↓にあります。

■電話:080-7315-8010 (048-812-5508)

「お問い合わせフォーム」よりご連絡いただいた場合は、担当熊谷より電話またはメールで折り返しご連絡いたします。
「電話」は携帯電話までお願いいたします。こちらから折り返しご連絡いたします。


ご不明な点、お気軽にお問い合わせ下さい。


❖主催者情報
事務局:くまがい行政書士事務所
担当者:熊谷 洋平
〒349-0114
住所:埼玉県蓮田市馬込2-449 A208
TEL:048-812-5508 / 080-7315-8010
FAX:048-812-5581


■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■
For foreigners' care staff: Guidance for care education support business

The instructor who is familiar with the examination of the care related qualification supports the care education to the foreigner care staff.

Support menu
● Care skill evaluation examination pass support
● Support for obtaining nursing care qualifications
・Care worker
・Care support specialist
・Welfare residence environment coordinator second grade
● Knowledge acquisition support of care

How to
1 Use a video conferencing system such as zoom
2 business trip classes

Class language
Classes are conducted in Japanese.
※ Those with a certain level of Japanese ability are eligible.

Target country
Vietnam
Philippines
Cambodia
China
Indonesia
Thailand
Myanmar
Nepal
Mongolia

Lesson instructor
● Instructor name
Yohei Kumagai
● Possession qualification
Care support specialist
Care worker
Welfare residence environment coordinator second grade
Dementia supporter
● Career
Care qualification information site [care worker and care manager examination and study method] administration
Care manager examination measures course sponsorship

Charge
We accept consultation
Business trips in Japan and overseas are also available
(Travel expenses, daily allowance required)

◆ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

How to contact us
First of all, please contact us by Inquiry Form or "Phone" .

■ Contact Form: Below ↓

■ Phone: 080-7315-8010 (048-812-5508)

・ If you contact us from "Contact Form" , we will contact you by telephone or email from Kumagai.
・ Please "phone" to mobile phone. We will contact you shortly.


If you have any questions, please feel free to contact us.


Host Info
The secretariat: Kumagai administrative scrivener office
Person in charge: Yohei Kumagai
〒 349-0114
Address: Saitama Prefecture Hasuda City Magome 2-449 A208
TEL: 048-812-5508 / 080-7315-8010
FAX: 048-812-5581


The inquiry form is here ↓