平成23年頃までは ケアマネ試験は特別に難しい試験ではありませんでした。

ですが、ここ数年で難易度は間違いなく高くなっており、

難関資格の一つといってよいレベルになっています。

 

もう、仕事の合間に何となく勉強すれば合格できるような試験ではありません。

確実に合格するには、しっかりとした試験対策を講じることが必要です。

 


 

ケアマネ試験の試験対策とは

ケママネ試験の具体的な試験対策について今はやりのPDCAサイクルに沿って考えてみます。

 

PDCAサイクルについては以下が参考になります。

参考:目標を達成するための考え方(PDCAサイクル)子供のための個別対応型集団塾 夢塾

 

 

P:プラン

ケアマネ試験を受験する人の目的は、もちろん、試験に合格することですね。

合格するためには合格レベルまで問題を解けることが必要です。

そして、締め切りのことも考えなければなりません。

締め切りとは、試験日のことです。

つまり、試験日までに合格レベルまで問題を解ける状態になることが、ケアマネ試験受験者の目標になります。

そして多くの人はなるべく少ない労力で、短い時間で合格レベルに達したいはずです。

 

ですので、

できるだけ効率よく、試験日までに、合格レベルまで問題を解ける状態になるためにはどうしたらよいかを考えて、計画を立てる

これがプランになります。

 

尚、この時に節目節目での達成目標を決めておくと、チェックがしやすくなります。

 

節目節目というのは、例えば、

試験日から逆算して3月前、1月前、20日前、10日前、3日前

みたいなことです。

 

達成目標というのは、例えば

達成目標の例
  • 過去問を○○%以上正答できる
  • 練習問題を○○%以上正答できる
  • 模試で○○点以上取れる

のようなことです。

 

D:実行

プランを立てたら、実行します。

 

C:チェック

節目節目で実行の進捗や成果について検証します。

 

検証する内容としては

検証する内容の例
  • 計画通り学習できているか
  • 問題を解く能力が目標通りに向上しているか
  • 試験日までに合格レベル(またはそれ以上)に達しそうか

などになるでしょう。

 

A:アクション

チェックで問題がなく、経過が順調であれば、そのまま実行を続けます。

 

チェックで課題が見つかったら、

・学習の仕方を変える

・学習時間を増やす

など、プランを見直しを行ないます。

 

そして見直したプランを実行します。

 

時間的な余裕がれば、このサイクルを2回、3回と回してみましょう。

 

まとめ

試験対策がしっかりできれば、結果が大きく外れることはありません。

 

ですが、自分でスケジュールを立て、テキストなどの教材を選んで…といった試験対策は

ちょっと苦手だなという人もいますよね。

 

通学講座、通信講座というと、

教材を提供してくれるサービスという印象は強いかもしれませんが、

プロが試験対策を代わりにやってくれるという機能も兼ね備えているものもあります。

 

試験対策という観点から、通学講座、通信講座を検討してみるのも

よいかもしれません。

 

自分でするか、プロに任せるか。

 

いずれにしても、試験対策をしっかりやりましょう。

 

運営人熊谷がお勧めするケアマネ試験対策講座比較サイト

自分にあった講座を選ぶためには、まずは比較が大事です。

比較サイトを利用すれば、とっても便利ですよ。

いろいろな試験対策講座を比較できるだけでなく
無料で一度にまとめて資料請求できます。

>>【ケアマネ試験対策講座】の選び方

>>【ケアマネージャー 試験対策講座】の選び方2

 

運営人熊谷も、マンツーマン方式の試験対策プログラムをやっています。

講義ももちろんやりますが、どちらかというと試験対策やモチベーションアップに力を入れています。

ケアマネ試験用のこのようなプログラムは実は珍しいんですよ。

 

下↓にご案内がありますので、ぜひご覧ください!!!

外国人介護スタッフ対象:介護教育サポート事業のご案内 For foreigners' care staff: Guidance for care education support business

介護関連資格の試験に精通した講師が外国人介護スタッフへの介護教育をサポートします。

❖サポートメニュー
●介護技能評価試験合格サポート
●介護資格の取得サポート
・介護福祉士
・介護支援専門員
・福祉住環境コーディネーター
 など
●介護の知識習得サポート

❖方法
 ①zoomなどのテレビ会議システムを使用
 ②出張授業

❖授業の言語
授業は日本語で行ないます。
※ある程度の日本語力がある方が対象となります。

❖対象国
ベトナム
フィリピン
カンボジア
中国
インドネシア
タイ
ミャンマー
ネパール
モンゴル

❖担当講師 
●講師氏名
・熊谷洋平
●保有資格
・介護支援専門員
・介護福祉士
・福祉住環境コーディネーター2級
・認知症サポーター
●経歴
 介護資格情報サイト[介護福祉士とケアマネジャー 試験と勉強法]運営
 ケアマネジャー試験対策講座主催

❖料金 
ご相談に応じます
 日本国内・海外出張もご相談に応じます。
 (旅費・日当が別途必要です)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

❖お問い合わせ方法
まずは「お問い合わせフォーム」または「電話」でご連絡ください。

■お問い合わせフォーム:下の方↓にあります。

■電話:080-7315-8010 (048-812-5508)

「お問い合わせフォーム」よりご連絡いただいた場合は、担当熊谷より電話またはメールで折り返しご連絡いたします。
「電話」は携帯電話までお願いいたします。こちらから折り返しご連絡いたします。


ご不明な点、お気軽にお問い合わせ下さい。


❖主催者情報
事務局:くまがい行政書士事務所
担当者:熊谷 洋平
〒349-0114
住所:埼玉県蓮田市馬込2-449 A208
TEL:048-812-5508 / 080-7315-8010
FAX:048-812-5581


■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■
For foreigners' care staff: Guidance for care education support business

The instructor who is familiar with the examination of the care related qualification supports the care education to the foreigner care staff.

Support menu
● Care skill evaluation examination pass support
● Support for obtaining nursing care qualifications
・Care worker
・Care support specialist
・Welfare residence environment coordinator second grade
● Knowledge acquisition support of care

How to
1 Use a video conferencing system such as zoom
2 business trip classes

Class language
Classes are conducted in Japanese.
※ Those with a certain level of Japanese ability are eligible.

Target country
Vietnam
Philippines
Cambodia
China
Indonesia
Thailand
Myanmar
Nepal
Mongolia

Lesson instructor
● Instructor name
Yohei Kumagai
● Possession qualification
Care support specialist
Care worker
Welfare residence environment coordinator second grade
Dementia supporter
● Career
Care qualification information site [care worker and care manager examination and study method] administration
Care manager examination measures course sponsorship

Charge
We accept consultation
Business trips in Japan and overseas are also available
(Travel expenses, daily allowance required)

◆ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

How to contact us
First of all, please contact us by Inquiry Form or "Phone" .

■ Contact Form: Below ↓

■ Phone: 080-7315-8010 (048-812-5508)

・ If you contact us from "Contact Form" , we will contact you by telephone or email from Kumagai.
・ Please "phone" to mobile phone. We will contact you shortly.


If you have any questions, please feel free to contact us.


Host Info
The secretariat: Kumagai administrative scrivener office
Person in charge: Yohei Kumagai
〒 349-0114
Address: Saitama Prefecture Hasuda City Magome 2-449 A208
TEL: 048-812-5508 / 080-7315-8010
FAX: 048-812-5581


The inquiry form is here ↓