問題:特例特定施設入居者生活介護サービス費の支給は介護給付の種類として正しい

解答

 

特例サービス費とは

特例サービス費とは、簡単に言うと
要介護者が
●基準該当サービスを利用した時
●相当サービスを利用した時
●要介護認定・要支援認定の申請前にサービスを利用した時(但し、緊急その他やむを得ない理由がある場合)
●その他政令で定める時
の保険給付の名前です。

特例サービス費はサービスの名前ではなく給付される費用の名前であることを意識すると理解しやすくなります。

要支援者の場合は特例「介護予防」サービス費となります。

 

特例サービス費が設定される/されないについて

特例サービス費が設定されるのは
居宅介護サービス費、地域密着型介護サービス費、居宅介護サービス計画費、施設介護サービス費、特定入所者介護サービス費
です。

特例居宅介護サービス費
特例地域密着型介護サービス費
特例居宅介護サービス計画費
特例施設介護サービス費
特例特定入所者介護サービス費

福祉用具購入費、住宅改修費、高額介護サービス費、高額医療合算介護サービス費については特例サービスの設定がありません。

 

解答の解説

特定施設入居者生活介護サービスは居宅サービスの1種です。

特定施設入居者生活介護サービスを利用した場合の介護給付の名称は
「居宅介護サービス費」になります。

つまり
特定施設入居者生活介護サービスが特例サービス費として保険給付される場合の費用の名前は
「特例特定施設入居者生活介護サービス費」ではなく
「特例居宅介護サービス費」となります。

「特例特定施設入居者生活介護サービス費」というものは存在しません。