【無料】過去問と肢別解説|ケアマネ試験 平成27年度 問題2 

介護保険法における介護支援専門員の義務として正しいものはどれか。2つ選べ。

1 資質向上努力義務
2 サービス事業者指導義務
3 基準遵守義務
4 要介護度改善義務
5 保険者協力義務

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解答

1、3

 

1 資質向上努力義務

正しいです。

介護支援専門員が資質の向上を図ることが、努力義務として規定されています。

「介護支援専門員は、要介護者等が自立した日常生活を営むのに必要な援助に関する専門的知識及び技術の水準を向上させ、その他その資質の向上を図るよう努めなければならない」(介護保険法)。

 

2 サービス事業者指導義務

正しくありません。

介護支援専門員の義務としての規定はありません。

 

3 基準遵守義務

正しいです。

介護支援専門員が厚生労働省令で定める基準に従うことが義務として規定されています。

「介護支援専門員は、厚生労働省令で定める基準に従って、介護支援専門員の業務を行わなければならない」(介護保険法)。

 

4 要介護度改善義務

正しくありません。

介護支援専門員の義務としての規定はありません。

 

5 保険者協力義務

正しくありません。

介護支援専門員の義務としての規定はありません。

 

 

問題1へ     問題3へ

過去問トップへ