【無料】過去問と肢別解説|ケアマネ試験 平成28年度 問題2 

介護保険法第8条に規定されている居宅介護支援の内容として正しいものはどれか。2つ選べ。

1 地域包括ケアシステムの推進
2 要介護状態の軽減
3 居宅サービス計画の作成
4 介護認定審査会との連絡調整
5 指定居宅サービス事業者との連絡調整

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解答

3、5

 

法第8条第24項において、居宅介護支援について定義されています。
「この法律において「居宅介護支援」とは、…、その心身の状況、その置かれている環境、当該居宅要介護者及びその家族の希望等を勘案し、利用する指定居宅サービス等の種類及び内容、これを担当する者その他厚生労働省令で定める事項を定めた計画(以下この項、第百十五条の四十五第二項第三号及び別表において「居宅サービス計画」という。)を作成するとともに、当該居宅サービス計画に基づく指定居宅サービス等の提供が確保されるよう、第四十一条第一項に規定する指定居宅サービス事業者、第四十二条の二第一項に規定する指定地域密着型サービス事業者その他の者との連絡調整その他の便宜の提供を行い、並びに当該居宅要介護者が地域密着型介護老人福祉施設又は介護保険施設への入所を要する場合にあっては、地域密着型介護老人福祉施設又は介護保険施設への紹介その他の便宜の提供を行うことをいい、…」。

 

1 地域包括ケアシステムの推進

誤りです。

地域包括ケアシステムの推進についての記載はありません。

2 要介護状態の軽減

誤りです。

要介護状態の軽減についての記載はありません。

 

3 居宅サービス計画の作成

正しいです。

 

4 介護認定審査会との連絡調整

誤りです。

介護認定審査会との連絡調整についての記載はありません。

 

5 指定居宅サービス事業者との連絡調整

正しいです。

 

 

問題1へ     問題3へ

過去問トップへ