【無料】過去問と肢別解説|ケアマネ試験 平成28年度 問題7 

地域包括支援センターの業務として正しいものはどれか。3つ選べ。

1 地域ケア会議の開催
2 居宅介護支援事業所開設の許可
3 第一号介護予防支援事業の実施
4 要介護認定の申請代行
5 介護・医療連携推進会議の開催

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解答

1、3、4

 

1 地域ケア会議の開催

正しいです。

平成18年の厚生労働省課長通知「地域包括支援センターの設置運営について」の「4 事業内容」の中に地域ケア会議の実施が規定されています。

 

2 居宅介護支援事業所開設の許可

誤りです。

居宅介護支援事業所の開設の際に必要なのは、「許可」ではなく、「指定」です。また、指定を行なうのは都道府県または指定都市、中核市になります。尚、今後、指定権者が市町村に移行する予定があります。

 

3 第一号介護予防支援事業の実施

正しいです。

法第115条の46第1項において、規定されています。

「地域包括支援センターは、第一号介護予防支援事業(居宅要支援被保険者に係るものを除く。)及び第百十五条の四十五第二項各号に掲げる事業(以下「包括的支援事業」という。)その他厚生労働省令で定める事業を実施し、地域住民の心身の健康の保持及び生活の安定のために必要な援助を行うことにより、その保健医療の向上及び福祉の増進を包括的に支援することを目的とする施設とする」。

 

4 要介護認定の申請代行

正しいです。

法第27条第1項において、規定されています。

「要介護認定を受けようとする被保険者は、厚生労働省令で定めるところにより、申請書に被保険者証を添付して市町村に申請をしなければならない。この場合において、当該被保険者は、厚生労働省令で定めるところにより、第四十六条第一項に規定する指定居宅介護支援事業者、地域密着型介護老人福祉施設若しくは介護保険施設であって厚生労働省令で定めるもの又は第百十五条の四十六第一項に規定する地域包括支援センターに、当該申請に関する手続を代わって行わせることができる」。

 

5 介護・医療連携推進会議の開催

誤りです。

介護・医療連携推進会議を開催するのは定期巡回・随時対応型訪問介護看護です。

 

 

問題6へ     問題8へ

過去問トップへ