【無料】過去問と肢別解説|ケアマネ試験 平成28年度 問題22 

サービス担当者会議について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 特記事項を書いた認定調査員は、出席しなければならない。
2 地域包括支援センターの主任介護支援専門員は、出席しなければならない。
3 利用者が要支援更新認定を受けた場合は、開催するのが原則である。
4 介護予防サービス計画の原案の内容について、担当者から意見を求める。
5 施設サービス計画の原案を作成するため、常に開催しなければならない。

 

 

 

解答3、4

1 誤りです。
認定調査員とは要介護(要支援)認定のための認定調査を行なう人のことを指します。認定調査員が居宅介護支援に直接関わることはありません。

2 誤りです。
サービス担当者会議は利用者、家族、居宅サービス等の担当者が参加して行なわれる会議です。地域包括支援センターの主任介護支援専門員に出席する義務はありません(ケースによっては参加することはあるかもしれませんが・・・)。

3 正しいです。
平成18年厚生省令第37号「指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに指定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準」第30条十七において、要支援更新認定を受けた際のサービス担当者会議の開催が義務付けられています。
「担当職員は、次に掲げる場合においては、サービス担当者会議の開催により、介護予防サービス計画の変更の必要性について、担当者から、専門的な見地からの意見を求めるものとする。ただし、やむを得ない理由がある場合については、担当者に対する照会等により意見を求めることができるものとする。
イ 要支援認定を受けている利用者が法第三十三条第二項 に規定する要支援更新認定を受けた場合」。

4 正しいです。
平成18年厚生省令第37号「指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに指定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準」第30条九において、サービス担当者会議によって、介護予防サービス計画の原案について、担当者から意見を求めることが義務付けられています。
「担当職員は、サービス担当者会議(…)の開催により、利用者の状況等に関する情報を担当者と共有するとともに、当該介護予防サービス計画の原案の内容について、担当者から、専門的な見地からの意見を求めるものとする。ただし、やむを得ない理由がある場合については、担当者に対する照会等により意見を求めることができるものとする」。

5 誤りです。
施設サービス計画を作成・変更する際には、アセスメント→原案作成、担当者会議→計画書の交付という一連の業務が必要となっていますが、入所者の希望により、計画に軽微な変更を行なう際にはこの業務が必要ない旨が、平成12年3月17日老企第43号「指定介護老人福祉施設の人員、設備及び運営に関する基準について」の第4の「10 施設サービス計画の作成」の「(11)施設サービス計画の変更」及び平成12年3月17日老企第44号「介護老人保健施設の人員、施設及び設備並びに運営に関する基準について」の第4の「12 施設サービス計画の作成」の「(11)施設サービス計画の変更」において、規定されています。

「計画担当介護支援専門員は、施設サービス計画を変更する際には、原則として、…施設サービス計画作成に当たっての一連の業務を行うことが必要である。なお、入所者の希望による軽微な変更をおこなう場合には、この必要はないものとする」。

当サイト運営人が教えます◆ケアマネ試験合格コーチ☆受講者さん募集のご案内

2021年10月に行なわれる
ケアマネ試験(介護支援専門員実務研修研修受講試験)の合格コーチの生徒さんを募集します。

『完全オーダーメイドのカリキュラムとスケジュールで試験対策を行なう贅沢なプログラム』

❖こんな方におすすめ!!
・何度も受験しているけれど合格できない方
・通信講座では物足りないけれど、通学はちょっとという方
・独学で合格できる自信がない方
・どうやって試験対策したらよいかわからない方
・いつでも相談したい方

❖ケアマネ試験合格コーチが提供する価値
一人ひとりの生徒さんに最適化したプログラムで、効率よくケアマネ試験合格に導きます。

・面談の結果に基づき一人ひとりに最適化した試験対策を立案します。
・理解を加速するマンツーマン講義を行ないます。
・試験学習の取り組みをメンタル面からもフォローします。

❖ケアマネ試験合格コーチの内容
○初回面談(1時間x1回)
 個別学習カリキュラム(学習内容・スケジュール)を作成
○マンツーマン講義(計15回~25回程度=30時間~60時間程度)
 マンツーマンで試験範囲の講義
 ※1回目の講義はお試し講義です
○随時フォロー
メール、電話、LINEなどご希望のツールにより、随時フォロー
○各種資料(法令、便利ツール)の提供
 学習に必要な資料、理解を加速する資料などを必要に応じて提供

❖担当コーチ 
熊谷洋平(介護支援専門員・介護福祉士・福祉住環境コーディネーター2級)
プロフィール詳細はこちらでみれます。

❖受講料 
受講料:20万円(税込み)
※グループ割引あり

❖契約&受講料お支払いのタイミング
契約&受講料お支払いは初回面談+1回目の講義(お試し講義)の後です。
※コーチの利用を希望されない場合その時点で利用を中止できます(手数料3千円のみいただきます)。

❖受講料お支払いの方法
指定の銀行口座(三菱UFJ銀行)への振り込みをお願いします。

❖契約後のキャンセル
契約後にキャンセルとなった場合は、キャンセル時期により返金します。
 2回目の講義前のキャンセル:19万7千円を返金します。
 2回目の講義開始後のキャンセル:受講済みの講義の回数に応じて返金します。

❖合格した受講者さん特典
合格後、ケアマネとして活動開始後1年間に限り電話、LINEなどでケアマネ業務を無料フォロー(定価6万円相当)

❖募集終了
令和3年3月31日

❖詳細について
詳細ページをご覧ください。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

❖申し込み方法
まずはお問い合わせフォームからご連絡ください。

申し込みを前提としないお問い合わせも大歓迎です。

担当熊谷より電話またはメールで折り返しご連絡いたします。

お問い合わせいただいた方に無理に受講をお勧めすることは絶対にありませんので、ご安心下さい。



❖主催者情報
「ケアマネ試験合格コーチ」
事務局:くまがい行政書士事務所
担当者:熊谷 洋平
〒349-0114
住所:埼玉県蓮田市馬込5-412
TEL:080-7315-8010 / 048-812-5508
FAX:048-812-5581


お問い合わせフォームはこちらです↓↓↓