【無料】過去問と肢別解説|ケアマネ試験 平成28年度 問題24 

居宅介護支援の開始について適切なものはどれか。3つ選べ。

1 時期は、要介護認定後である。
2 利用申込者の同意を得なければならない。
3 あらかじめ、苦情処理の体制について説明しなければならない。
4 障害者施策の相談支援専門員を介して依頼が来る場合がある。
5 入院患者については、退院後でなければならない。

 

 

 

解答2、3、4

1 適切ではありません。
平成11年厚生省令第38号「指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準」第8条第2項において、要介護認定を受けていない利用申込者がある場合には、援助を行なわなければならない旨規定されています。
「指定居宅介護支援事業者は、指定居宅介護支援の提供の開始に際し、要介護認定を受けていない利用申込者については、要介護認定の申請が既に行われているかどうかを確認し、申請が行われていない場合は、当該利用申込者の意思を踏まえて速やかに当該申請が行われるよう必要な援助を行わなければならない」。

2 適切です。
平成11年厚生省令第38号「指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準」第4条第1項において、居宅介護支援の提供の開始の際には、利用申込者の同意が必要である旨規定されています。
「指定居宅介護支援事業者は、指定居宅介護支援の提供の開始に際し、あらかじめ、利用申込者又はその家族に対し、第十八条に規定する運営規程の概要その他の利用申込者のサービスの選択に資すると認められる重要事項を記した文書を交付して説明を行い、当該提供の開始について利用申込者の同意を得なければならない」。

3 適切です。
平成11年7月29日老企第22号「指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準について」の第2の「3 運営に関する基準」の「(1)内容及び手続きの説明及び同意」において、利用申込の際には苦情処理体制について説明が必要である旨規定されています。
「基準第4条は、…、利用申込があった場合には、あらかじめ、当該利用申込者又はその家族に対し、当該指定居宅介護支援事業所の運営規程の概要、介護支援専門員の勤務の体制、秘密の保持、事故発生時の対応、苦情処理の体制等の利用申込者がサービスを選択するために必要な重要事項を説明書やパンフレット等の文書を交付して説明を行い、当該指定居宅介護支援事業所から居宅介護支援を受けることにつき同意を得なければならないこととしたものである」。

4 適切です。
平成27年2月18日付厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部企画課障害福祉課事務連絡「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づく自立支援給付と介護保険制度の適用関係等に係る留意事項等について」2(3)「指定特定相談支援事業者と指定居宅介護支援事業者等との連携について」に以下の記載があります。
「障害福祉サービス利用者が介護保険サービスを利用するに当たっては、障害者が適切なサービスを受けられるよう、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(平成17 年法律第123 号)における指定特定相談支援事業所の相談支援専門員がモニタリングを通じて、必要な介護保険サービスを円滑に利用できるよう利用者に対し、介護保険制度に関する案内を行うことや、介護保険サービスの利用に際しては、本人に了解の上、利用する指定居宅介護支援事業所等に対し、利用者の状態や障害福祉サービスの利用状況等サービス等利用計画に記載されている情報を提供するよう適切に引継ぎを行うこと」。

5 適切ではありません。
そのような規定はありません。

当サイト運営人が教えます◆ケアマネ試験合格コーチ☆受講者さん募集のご案内

2021年10月に行なわれる
ケアマネ試験(介護支援専門員実務研修研修受講試験)の合格コーチの生徒さんを募集します。

『完全オーダーメイドのカリキュラムとスケジュールで試験対策を行なう贅沢なプログラム』

❖こんな方におすすめ!!
・何度も受験しているけれど合格できない方
・通信講座では物足りないけれど、通学はちょっとという方
・独学で合格できる自信がない方
・どうやって試験対策したらよいかわからない方
・いつでも相談したい方

❖ケアマネ試験合格コーチが提供する価値
一人ひとりの生徒さんに最適化したプログラムで、効率よくケアマネ試験合格に導きます。

・面談の結果に基づき一人ひとりに最適化した試験対策を立案します。
・理解を加速するマンツーマン講義を行ないます。
・試験学習の取り組みをメンタル面からもフォローします。

❖ケアマネ試験合格コーチの内容
○初回面談(1時間x1回)
 個別学習カリキュラム(学習内容・スケジュール)を作成
○マンツーマン講義(計15回~25回程度=30時間~60時間程度)
 マンツーマンで試験範囲の講義
 ※1回目の講義はお試し講義です
○随時フォロー
メール、電話、LINEなどご希望のツールにより、随時フォロー
○各種資料(法令、便利ツール)の提供
 学習に必要な資料、理解を加速する資料などを必要に応じて提供

❖担当コーチ 
熊谷洋平(介護支援専門員・介護福祉士・福祉住環境コーディネーター2級)
プロフィール詳細はこちらでみれます。

❖受講料 
受講料:20万円(税込み)
※グループ割引あり

❖契約&受講料お支払いのタイミング
契約&受講料お支払いは初回面談+1回目の講義(お試し講義)の後です。
※コーチの利用を希望されない場合その時点で利用を中止できます(手数料3千円のみいただきます)。

❖受講料お支払いの方法
指定の銀行口座(三菱UFJ銀行)への振り込みをお願いします。

❖契約後のキャンセル
契約後にキャンセルとなった場合は、キャンセル時期により返金します。
 2回目の講義前のキャンセル:19万7千円を返金します。
 2回目の講義開始後のキャンセル:受講済みの講義の回数に応じて返金します。

❖合格した受講者さん特典
合格後、ケアマネとして活動開始後1年間に限り電話、LINEなどでケアマネ業務を無料フォロー(定価6万円相当)

❖募集終了
令和3年3月31日

❖詳細について
詳細ページをご覧ください。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

❖申し込み方法
まずはお問い合わせフォームからご連絡ください。

申し込みを前提としないお問い合わせも大歓迎です。

担当熊谷より電話またはメールで折り返しご連絡いたします。

お問い合わせいただいた方に無理に受講をお勧めすることは絶対にありませんので、ご安心下さい。



❖主催者情報
「ケアマネ試験合格コーチ」
事務局:くまがい行政書士事務所
担当者:熊谷 洋平
〒349-0114
住所:埼玉県蓮田市馬込5-412
TEL:080-7315-8010 / 048-812-5508
FAX:048-812-5581


お問い合わせフォームはこちらです↓↓↓