【無料】過去問と肢別解説|ケアマネ試験 平成28年度 問題26 

高齢者に多い症状・疾患について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 高齢者の難聴では、伝音性難聴が多い。
2 服用する薬剤数が多くなると、副作用のリスクは増大する。
3 心房細動では、心内で形成された血栓により、脳梗塞をきたすことが多い。
4 高齢者のめまいは、内耳の障害のほか、血圧のコントロール不良、脳腫瘍などが原因となることがある。
5 加齢黄斑変性では、進行しても視力が失われることはない。

 

 

 

解答2、3、4

1 誤りです。
高齢者に多い難聴の種類は感音性難聴と言われています。

難聴の種類は以下の通り分類することができます。
・伝音性難聴
・感音性難聴
・混合性難聴

 

2 正しいです。
薬剤数が増加すると副作用が発生しやすくなると言われています。

 

3 正しいです。
心房細動の代表的な合併症の一つとして脳梗塞が知られています。

 

4 正しいです。
めまいは肢の内容以外にも、精神的な作用、脳梗塞、低血糖など色々なことが原因で起こり得ます。

★これは知識がなくてもテクニックで選別できる肢です。

 

5 誤りです。
加齢黄斑変性が進行すると、視力が失われることがあります。

★これは知識がなくてもテクニックで選別できる肢です。