【無料】過去問と肢別解説|ケアマネ試験 平成28年度 問題28 

検査について、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 高齢者のBMI(Body Mass Index)は、脊椎の変形や圧迫骨折により、本来の値より小さくなる。
2 血清アルブミンは、高齢者の長期にわたる栄養状態をみるために有用な指標である。
3 AST(GOT)は、肝臓の疾病以外の原因でも上昇する。
4 糖尿病の指標であるヘモグロビンA1cは、検査前1~2時間の血糖レベルを反映している。
5 CRP(C反応性たんぱく質)は、感染症以外に、悪性腫瘍や膠原病でも高値になることがある。

 

 

 

解答2、3、5

1 適切ではありません。
BMIは肥満度を算出する計算式のことを指します。
計算式は体重(kg)÷身長(m)×身長(m)ですので、身長が疾病により縮んだ場合はBMIの値は小さくなるのではなく大きくなります。

 

2 適切です。
血清アルブミンの数値により血液中のたんぱく質の量を把握することができるため、栄養状態をみる指標となります。

 

3 適切です。
肝臓の疾患以外にも、バセドウ病や心筋梗塞などでも上昇することがあります。

 

4 適切ではありません。
ヘモグロビンA1cは、検査前1~2時間ではなく、1~2カ月の血糖レベルを反映しています。

 

5 適切です。

CRP(C反応性たんぱく質)は炎症や組織細胞の破壊により上昇しますので、悪性腫瘍や膠原病でも高値になることがあります。

★これは知識がなくてもテクニックで選別できる肢です。