【無料】過去問と肢別解説|ケアマネ試験 平成28年度 問題29 

呼吸状態について適切なものはどれか。3つ選べ。

1 チアノーゼは、呼吸状態が悪いため血液中の酸素が欠乏し、皮膚や粘膜が紫藍色になることである。
2 心不全により呼吸困難をきたしている場合は、起坐位又は半坐位となることで呼吸困難が軽減される。
3 慢性閉塞性肺疾患(COPD)の場合は、口をすぼめて息を吸う呼吸を積極的に勧める。
4 呼吸のたびに顎であえぐような下顎呼吸が始まると、1〜2時間後に死亡することが多い。
5 チェーンストークス呼吸は、睡眠時無呼吸症候群に特徴的な呼吸である。

 

 

 

解答1、2、4

1 適切です。

 

2 適切です。
起坐位とは、上半身を起こし、枕やクッションを抱えるように前かがみの姿勢を保つ姿勢を指します。
半坐位とは上半身を約45度起こした姿勢を指します。

 

3 適切でありません。
慢性閉塞性肺疾患(COPD)の場合は、口をすぼめて息を吸うのではなく、口をすぼめて息を吐く呼吸(口すぼめ呼吸)が推奨されます。

 

4 適切です。
下顎呼吸の後、チェーンストークス呼吸に移行して呼吸停止に至ることが多いと言われています。

 

5 適切でありません。
チェーンストークス呼吸とは小さい呼吸が徐々に大きな呼吸となり、また小さな呼吸になり、一時的に呼吸停止となるというサイクルが繰り返される呼吸のことをいいます。
睡眠時無呼吸とは10秒以上の無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、若しくは1時間あたり5回以上あることをいいます。