【無料】過去問と肢別解説|ケアマネ試験 平成28年度 問題31 

皮膚疾患について、より適切なものはどれか。2つ選べ。

1 脂漏性湿疹では、患部を清潔に保つほか、抗真菌薬、保湿剤、ビタミン薬などが使用される。
2 帯状疱疹は、水痘・帯状疱疹ウイルス感染の再活性化によって起こる。
3 皮脂欠乏症は患部を清潔に保つことが悪化予防になることから、ナイロンタオルなどを使ってよく洗う。
4 白癬は家族内で感染することはまれであるため、爪切りやスリッパなどは共有しても差し支えない。
5 薬疹は、長期間服用している薬剤により生じることはない。

 

 

 

解答1、2

1 適切です。
脂漏性湿疹は、毛穴づまり、真菌、乾燥、ビタミンB不足、ストレスなど、様々な原因により起こります。このため、皮膚の清潔保持、抗真菌薬の使用、保湿剤の使用、ビタミンの摂取などの対策・治療法があります。

 

2 適切です。
帯状疱疹は、過去に感染した水痘・帯状疱疹ウイルスが再び活性化することにより発症するものと言われています。

 

3 適切ではありません。
ナイロンタオルで強くこすると、皮膚を刺激してしまい、状態を悪化させてしまうことがあります。

 

4 適切ではありません。
白癬は感染力が強く、家庭内で感染することはまれではありません。また、爪切りやスリッパを共有することは、感染につながる可能性があります。

 

5 適切ではありません。
薬疹は服用期間の長短に関わらず、生じることがあります。

★これは知識がなくてもテクニックで選別できる肢です。