【無料】過去問と肢別解説|ケアマネ試験 平成28年度 問題34 

感染症について、より適切なものはどれか。2つ選べ。

1. 感染症罹患者に対する特別な対応を、標準予防策(スタンダード・プリコーション)と呼ぶ。
2. 介護施設で集団感染を起こしやすい感染症には、C型肝炎や麻しんがある。
3. ヘリコバクター・ピロリ菌に感染していると、胃潰瘍は治りにくかったり再発したりする。
4. ノルウェー疥癬は、感染力が非常に強いので、一定期間の個室での管理が必要である。
5. ウイルス感染により引き起こされる肝がんは、終末期であっても介護保険の特定疾病には該当しない。

 

 

 

解答3、4

1 適切ではありません。
標準予防策(スタンダード・プリコーション)とは、感染の有無に関わらずに行なう標準的な感染症対策のことを指します。

 

2 適切ではありません。
C型肝炎は血液感染する感染症であるため、集団感染のリスクは低いと考えられます。
麻しんは、感染力は高いものの、一度罹ると免疫を獲得して再発することは少ないと言われています。高齢者は幼いうちに自然感染していることが多いため、免疫を獲得しており、集団感染のリスクは低いと考えられます。

 

3 適切です。
ヘリコバクター・ピロリ菌に感染することで、胃粘膜が傷つけられたり、傷つきやすくなるため、胃潰瘍は治りにくかったり再発したりすると考えられます。

 

4 適切です。
ノルウェー疥癬は、感染力が非常に強いため、個室に隔離の上、治療を行なうことが必要と言われています。

 

5 適切ではありません。
がん「末期」の診断があれば、がんの種類に関わらず、特定疾病に該当します。

病名以外に条件があるものとしては他にも以下のものがあります。
・「骨折を伴う」骨粗鬆症
・「両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う」変形性関節症