【無料】過去問と肢別解説|ケアマネ試験 平成28年度 問題36 

次の記述について適切なものはどれか。3つ選べ。

1 入浴の際に、皮膚の発赤や新しいアザを見つけても、褥瘡のできる部位でなければ、そのままにしてもかまわない。
2 膀胱留置カテーテルの使用時は、蓄尿バッグを膀胱と同じ高さに固定する。
3 適切な住宅改修や移動補助具の導入は、介護負担の軽減につながる。
4 摂食・嚥下障害による誤嚥は、嚥下前、嚥下中、嚥下後のいずれのときでも生じることがある。
5 睡眠障害は、痛みやかゆみ、咳、呼吸困難、頻尿などが原因となることがある。

 

 

 

解答3、4、5

1 適切ではありません。
褥瘡は好発部位以外でも、条件が揃えば起こり得ます。皮膚の発赤や新しいアザを見つけた場合は、原因の究明を対策を講じることが必要です。

 

2 適切ではありません。
蓄尿バッグは膀胱よりも低い位置にする必要があります。低い位置にすることで、尿が逆流して、感染症を起こすことを防ぎます。

 

3 適切です。
適切な住宅改修や移動補助具を導入することで、利用者が動作を行なう際の容易性や安全性などが向上するため、介護者の負担を軽減することにつながります。

 

4 適切です。
誤嚥は嚥下反射との関係から以下の3つに分類できます。
嚥下前誤嚥:嚥下反射が起こる前に、飲食物等が気道に入ってしまうことによるもの
嚥下中誤嚥:嚥下反射時に反射の挙動がうまくできず飲食物等が気道に入ってしまう
嚥下後誤嚥:咽頭や喉頭に残留したものが嚥下後に気道にに入ってしまうことによるもの

★これは知識がなくてもテクニックで選別できる肢です。

 

5 適切です。
睡眠障害は他にも環境要因、心理的要因などが原因となり得ます。

★これは知識がなくてもテクニックで選別できる肢です。