【無料】過去問と肢別解説|ケアマネ試験 平成28年度 問題41 

高齢者の特性について、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 老年症候群に対しては、できる限り安静や臥床が必要である。
2 せん妄は、原因や誘因を取り除いても消失しない。
3 体重減少、疲れやすい、身体活動レベルの低下、握力低下、歩行速度低下の5つの要素のうち、3つ以上あればフレイル(虚弱)と定義される。
4 サルコペニア(加齢性筋肉減少症)は、運動器全体の機能低下をきたすことがある。
5 加齢により、最近の出来事に対する記憶が低下していくことが多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解答

3、4、5

 

1 老年症候群に対しては、できる限り安静や臥床が必要である。

適切ではありません。

老年症候群とは、高齢者に特有でよくみられ る症状や徴候のことをいいます。
代表的なものとしては、めまい、歩行障害・ 転倒、睡眠障害、圧迫骨折、脱水、関節痛、便秘、頻尿・失禁、せん妄、抑うつ、難聴、視力障害、貧血、低栄養・体重減少、摂食・嚥下、認知機能障害、褥瘡などがあります。
老年症候群を悪化させないようにするには、運動をし活動的に過ごすことや栄養バランスの良い食事をとることが必要と言われています。

 

2 せん妄は、原因や誘因を取り除いても消失しない。

適切ではありません。

せん妄とは、一時的な意識障害や精神障害のことを指します。加齢や服薬、入院・手術など様々な原因や誘因により生じることがあります。原因や誘因を取り除くことで、消失することが多いとされます。

 

3 体重減少、疲れやすい、身体活動レベルの低下、握力低下、歩行速度低下の5つの要素のうち、3つ以上あればフレイル(虚弱)と定義される。

適切です。

フレイル(Frailty)とは老化に伴う様々な機能低下により、健康障害に陥りやすい状態のことを指します。

・体重減少
・疲れやすい
・身体活動レベルの低下
・握力低下
・歩行速度低下

の5つのうち、3つ以上あればフレイル(虚弱)と定義されます(Friedらの定義)。

 

4 サルコペニア(加齢性筋肉減少症)は、運動器全体の機能低下をきたすことがある。

適切です。

サルコペニアとは、加齢に伴う筋力の減少や老化に伴う筋肉量の減少のことを指します。サルコペニアにより、運動器全体の機能低下をきたすことがあります。

★これは知識がなくてもテクニックで選別できる肢です。

 

5 加齢により、最近の出来事に対する記憶が低下していくことが多い。

適切です。

古い出来事よりも最近の出来事に対する記憶が低下しやすいとされています。

 

 

問題40へ     問題42へ

過去問トップへ