【第21回:平成30年度 ケアマネ試験】問題2

認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)の7つの柱として正しいものはどれか。3つ選べ。

1 若年性認知症施策の強化
2 認知症の人の介護者への支援
3 認知症の発症割合の低減
4 高度認知症の人への集中的支援
5 認知症の人を含む高齢者にやさしい地域づくりの推進

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答】

1、2、5

 

【どんな問題?】

認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)の趣旨・内容の理解を問う問題です。
7つの柱をある程度覚えていないと正答できません。

 

【解説】

認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)とは、一言でいうと、
認知症の人が住み慣れた地域で自分らしく生活できることを目指す政策です。

これを理解しておけば、予防や治療に関する内容である3は
認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)の趣旨に合わないので排除できるかと思います。

ですが、それ以外の4つの選択肢から正答を導くには、7つの柱をある程度覚えておく必要があります。

認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)の7つの柱
1 認知症への理解を深めるための普及・啓発の推進
2 認知症の容態に応じた適時・適切な医療・介護等の提供
3 若年性認知症施策の強化
4 認知症の人の介護者への支援
5 認知症の人を含む高齢者にやさしい地域づくりの推進
6 認知症の予防法、診断法、治療法、リハビリテーションモデル、介護モデル等の研究開発及びその成果の普及の推進
7 認知症の人やその家族の視点の重視

 

【合格に向けてのインプット】

認知症施策推進総合戦略における若年性認知症

認知症全般を対象とした認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)の7つの柱の中に、若年性認知症のみ限定的な認知症(名)として登場します。
これは、若年性認知症の人については、就労や生活費、子どもの教育費等の経済的な問題が大きいという理由によるものです。

若年性認知症≒初老期における認知症(特定疾病)

ととらえておくと覚えやすいかもしれませんね。

問題1へ     問題3へ

過去問トップへ

HOME