【第21回:平成30年度 ケアマネ試験】問題5

介護保険の被保険者資格について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 居住する市町村から転出した場合は、その翌日から転出先の市町村の被保険者となる。
2 被保険者が死亡した場合は、死亡届が提出された日から被保険者資格を喪失する。
3 第2号被保険者が医療保険加入者でなくなった場合は、その日から被保険者資格を喪失する。
4 障害者総合支援法による指定障害者支援施設を退所した者が介護保険施設に入所した場合は、当該障害者支援施設入所前の住所地の市町村の被保険者となる。
5 第2号被保険者資格の取得の届出は、原則として本人が行わなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答】

3、4

 

【どんな問題?】

被保険者資格の取得・喪失についての理解を問う問題です。
1、2、3は被保険者資格取得・喪失の時期の話
5は被保険者資格取得・喪失があった場合の届け出の話
4は介護保険の適用除外と住所地特例の話
1、2、3、5は基本的な知識を問われています。

 

【解説】

被保険者資格の取得・喪失時期について

被保険者資格の取得

被保険者資格の取得は要件となる出来事が起こった当日

取得は当日
理由:当日に取得しないと、資格を取得する要件となる出来事(例えば○○市に住所が移る)が発生した日のサービスを利用できないため

被保険者資格の取得時期について動画で解説しました↓

 

被保険者資格の喪失

被保険者資格の喪失は要件となる出来事が起こった翌日が基本ですが、当日になる場合があります。

喪失は翌日が基本
理由:翌日に喪失しないと、資格を喪失する要件となる出来事が発生したの日のサービスを利用できないため
【資格を喪失する要件となる出来事】
・死亡
・適用除外施設に入所
・○○市(町村)に住所がなくなった(○○市(町村)からの転出や国外への転居など)
喪失と取得が同日の場合は喪失当日
理由:当日に喪失しないと1日ダブってしまうため
【資格を喪失・取得する要件となる出来事】
・○○市(町村)に住所がなくなった日にXX市(町村)の住民になった(つまり、転出と転入を同日にした)
・第2号被保険者が医療保険加入者でなくなった(=生活保護の受給が同日に開始する)
←選択肢3の解説をご覧ください

 

ちょっとわかりにくい「喪失」という言葉の意味について

「その日から資格を喪失する」とある場合、その日はすでに資格を失っていることを意味します。
例えば4月1日に資格を喪失となっている場合、資格があるのは3月31日までとなります。

被保険者資格の喪失時期について動画で解説しました↓

 

1 居住する市町村から転出した場合は、その翌日から転出先の市町村の被保険者となる。

転出先の市町村における資格取得の話です。取得時期は当日となります。前半の「居住する市町村から転出した場合は」は影響ありません。

 

2 被保険者が死亡した場合は、死亡届が提出された日から被保険者資格を喪失する。

死亡による資格喪失の話ですので、喪失時期は死亡日の翌日になります。死亡届が提出された日は関係ありませんよ。

 

3 第2号被保険者が医療保険加入者でなくなった場合は、その日から被保険者資格を喪失する。

第2号被保険者が医療保険加入者でなくなったということは介護保険の被保険者の要件を満たさなくなるので資格を喪失します。また生活保護受給開始したことを意味します。この場合、生活保護の介護扶助によって、介護保険と同様のサービスを受けることとなります。
介護保険の被保険者の資格喪失が翌日ですと、介護保険と介護扶助が1日ダブってしまいますので、この場合は介護保険の被保険者資格当日喪失します。生活保護の受給開始は介護保険の被保険者資格の取得とは違いますが、同じようにとらえて喪失当日と覚えましょう。

 

5 第2号被保険者資格の取得の届出は、原則として本人が行わなければならない。

第1号被保険者については届出の決まりがありますが、第2号被保険者には義務がありません。

 

4 障害者総合支援法による指定障害者支援施設を退所した者が介護保険施設に入所した場合は、当該障害者支援施設入所前の住所地の市町村の被保険者となる。

消去法で

 

【覚えなくてよいところ】

4は介護保険適用除外施設から住所地特例対対象施設に移った人の話です。
介護保険適用除外施設のうちの4つの施設から住所地特例対象施設に移った場合、介護保険適用除外施設に入所する前に住所があった(支給決定を行なった)市町村が保険者になることになりました。
平成30年4月より適用です。

「障害者総合支援法による指定障害者支援施設」が介護保険適用除外施設
「介護保険施設」が住所地特例対対象施設

4つの介護保険適用除外施設は
・障害者総合支援法による指定障害者支援施設
・身体障害者福祉法・知的障害福祉法による障害者支援施設
・のぞみの園
・生活保護法による救護施設

 

【合格に向けてのインプット】

介護保険の被保険者資格取得に誕生日が絡む場合

介護保険の被保険者資格の取得時期は上記した通り、当日ですが、
資格を取得する要件となる出来事に年齢が絡む場合は、誕生日の前日が取得日になります。

資格を取得する要件となる出来事に年齢が絡む場合
・医療保険加入者が40歳になった時
・医療保険未加入者が65歳になった時

 

住所地特例対象施設の覚え方

●介護保険施設
●特定施設
●○○老人ホーム

この過去問解説について
・できるだけ暗記を少なくし、理解することで問題を解くことを目指しています。
・難しい選択肢は消去法で解けばよいというスタンスです(なるべく解説します)。
・難しい用語の利用や根拠法令の提示はなるべく避け、わかりやすい表現を心がけています。
・試験に合格することを目指しているため、表現が正確ではない場合があります。
・内容には万全を期していますが、誤りがあっても責任は負いかねます。また内容は予告なく修正することがあります。

問題4へ     問題6へ

過去問トップへ

HOME