【第21回:平成30年度 ケアマネ試験】問題14

介護サービス情報の公表制度において、介護サービスの提供開始時に都道府県知事へ報告すべき情報として規定されているものはどれか。3つ選べ。

1 事業所等の運営に関する方針
2 情報の管理・個人情報保護等のために講じる措置
3 介護サービスの質の確保、透明性の確保等のために講じる措置
4 介護サービスに従事する従業者に関する事項
5 苦情に対応する窓口等の状況

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答】

1、4、5

 

【どんな問題?】

介護サービス情報の公表制度の公表する内容についての理解を問う問題です。
内容の分類まである程度覚えていないと正答できない問題です。

 

【解説】

情報公表する情報は3つのカテゴリーに分類されています。
・基本情報
・運営情報
・任意情報

 

選択肢を当てはめるとこうなります。
・基本情報
1事業所等の運営に関する方針
4介護サービスに従事する従業者に関する事項
5苦情に対応する窓口等の状況
・運営情報
2情報の管理・個人情報保護等のために講じる措置
・任意報告情報
3介護サービスの質の確保、透明性の確保等のために講じる措置

 

このうち、
基本情報は「介護サービスの提供開始時」に
基本情報と運営情報は「介護サービス提供開始時」と「厚生労働省令で定める時」に
公表する必要があります。

任意報告情報は公表の義務はありません。

 

「介護サービスの提供開始時」というのは、
介護サービス事業を新規で始める時のことです。

「厚生労働省令で定める時」というのは、
定期的な公表時期のことです。年1回公表しています。

 

ですので、設問にある「介護サービスの提供開始時」に報告すべき情報
=基本情報ということになります。

 

1 事業所等の運営に関する方針

 

2 情報の管理・個人情報保護等のために講じる措置

 

3 介護サービスの質の確保、透明性の確保等のために講じる措置

 

4 介護サービスに従事する従業者に関する事項

 

5 苦情に対応する窓口等の状況

 

 

【合格に向けてのインプット】

情報公表の公表の中身についてはこのあたりを覚えておきましょう。

情報の区分 報告時期 内容(抜粋)
基本情報 介護サービス提供開始時
厚生労働省令で定める時
運営方針
苦情対応
従業者
運営情報 厚生労働省令で定める時 個人情報
任意報告情報 (報告義務なし)  

 

 

 

この過去問解説について
・できるだけ暗記を少なくし、理解することで問題を解くことを目指しています。
・難しい選択肢は消去法で解けばよいというスタンスです(なるべく解説します)。
・難しい用語の利用や根拠法令の提示はなるべく避け、わかりやすい表現を心がけています。
・試験に合格することを目指しているため、表現が正確ではない場合があります。
・内容には万全を期していますが、誤りがあっても責任は負いかねます。また内容は予告なく修正することがあります。

 

 

問題13へ     問題15へ

過去問トップへ