【第21回:平成30年度 ケアマネ試験】問題21

要介護認定について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 認定調査票の基本調査項目には、口腔清潔に関する項目が含まれる。
2 認定調査票の基本調査項目には、主たる介護者に関する項目が含まれる。
3 認定調査票の基本調査項目には、集団への不適応に関する項目が含まれる。
4 要介護認定等基準時間の算定の合算対象には、疼痛の看護が含まれる。
5 要介護認定等基準時間の算定の合算対象には、認定調査票の特記事項の内容が含まれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答】

1、3、4

 

【どんな問題?】

問題20に続き、要介護認定についての理解を問う問題です。
この問題は認定調査票の項目の詳細がわからなくても、
認定調査や一次判定の基本的な仕組みががわかっていれば、正答できます。

 

【解説】

認定調査票の「基本調査」、「特記事項」の項目は被保険者本人自身に関するもののみです。

2 認定調査票の基本調査項目には、主たる介護者に関する項目が含まれる。

 

認定調査票は大きく、「基本調査」と「特記事項」に分かれます。
「基本調査」と「特記事項」の項目は同じですが、記載方法が異なります。
「基本調査」:マークシート
「特記事項」:自由に記載

要介護認定等基準時間の算定はコンピューターで行ないますので、
マークシートで記入した「基本調査」は処理できますが、自由記載した「特記事項」は使用することができません。

5 要介護認定等基準時間の算定の合算対象には、認定調査票の特記事項の内容が含まれる。

 

1、3、4は消去法で
1 認定調査票の基本調査項目には、口腔清潔に関する項目が含まれる。

3 認定調査票の基本調査項目には、集団への不適応に関する項目が含まれる。

4 要介護認定等基準時間の算定の合算対象には、疼痛の看護が含まれる。

要介護認定等基準時間の算定とは
認定調査の基本調査をコンピューターで処理することですから、
「要介護認定等基準時間の算定の合算対象」=認定調査の基本調査項目
です。
「疼痛の看護」は認定調査の基本調査項目の1つです。

 

【覚えなくてよいところ】

認定調査票や主治医意見書の項目は度々試験で問われていますが、内容が細かいので、もれなく覚えるのはなかなか大変です。
覚えられれば覚えることが望ましいですが、
それよりも認定調査や一次判定の基本的な仕組みを理解することを大切にしましょう。
基本的なところをしっかりマスターできて、さらに余裕があれば覚えるくらいでよいのではないかと思います。

 

 

この過去問解説について
・できるだけ暗記を少なくし、理解することで問題を解くことを目指しています。
・難しい選択肢は消去法で解けばよいというスタンスです(なるべく解説します)。
・難しい用語の利用や根拠法令の提示はなるべく避け、わかりやすい表現を心がけています。
・試験に合格することを目指しているため、表現が正確ではない場合があります。
・内容には万全を期していますが、誤りがあっても責任は負いかねます。また内容は予告なく修正することがあります。

 

 

問題20へ     問題22へ

過去問トップへ