【第21回:平成30年度 ケアマネ試験】問題23

介護保険と他制度との関係について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 障害者総合支援法による行動援護を利用している障害者が、要介護認定を受けた場合には、行動援護は利用できなくなる。
2 労働者災害補償保険法の通勤災害に関する療養給付は、介護保険給付に優先する。
3 福祉用具購入費は高額医療合算介護サービス費の利用者負担額の算定対象に含まれる。
4 医療扶助の受給者であって医療保険に加入していない者は、介護保険の第2号被保険者とはならない。
5 介護老人保健施設は、老人福祉施設は含まれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答】

2、4、5

 

【どんな問題?】

「介護保険と他制度との関係」といっても選択肢の内容はバラバラです。
1、2は給付調整(どちらの制度を優先するか)の話
3は利用者負担を軽減する制度の話
4は被保険者の要件の話
5は施設の種類の話です。

 

【解説】

1 障害者総合支援法による行動援護を利用している障害者が、要介護認定を受けた場合には、行動援護は利用できなくなる。

類似した内容のサービスが介護保険法と障害者総合支援法にあった場合、介護保険法のサービスが優先されます。ですが、行動援護に類似するサービスは介護保険法にありません。

2 労働者災害補償保険法の通勤災害に関する療養給付は、介護保険給付に優先する。

労災の給付は、介護保険の給付に優先します。

3 福祉用具購入費は高額医療合算介護サービス費の利用者負担額の算定対象に含まれる。

高額医療合算介護サービス費とは、利用者負担を軽減する制度の一つです。
医療保険と介護保険の自己負担を合算したものが一定の金額を超えた場合にお金が戻ってきます。年単位です。
福祉用具購入住宅改修の費用は計算の対象外です。

4 医療扶助の受給者であって医療保険に加入していない者は、介護保険の第2号被保険者とはならない。

第2号被保険者になるには、医療保険の加入者でなければなりません。

5 介護老人保健施設は、老人福祉施設は含まれない。

「老人福祉施設」とは、老人福祉法に位置付けられた複数の施設の総称です。介護老人保健施設とは別物です。

 

【合格に向けてのインプット】

介護保険第2号被保険者の資格要件

第2号被保険者は医療保険加入が要件となっています。
生活保護受給者の大半は医療保険に未加入であり、医療扶助を受給しています。

介護保険第2号被保険者の資格要件
・市町村内に住所を有する
・40歳以上65歳未満
・医療保険加入

介護保険被保険者の要件について動画で解説しました↓

 

介護保険と他制度との給付調整について

動画で解説しました↓

 

この過去問解説について
・できるだけ暗記を少なくし、理解することで問題を解くことを目指しています。
・難しい選択肢は消去法で解けばよいというスタンスです(なるべく解説します)。
・難しい用語の利用や根拠法令の提示はなるべく避け、わかりやすい表現を心がけています。
・試験に合格することを目指しているため、表現が正確ではない場合があります。
・内容には万全を期していますが、誤りがあっても責任は負いかねます。また内容は予告なく修正することがあります。

問題22へ     問題24へ

過去問トップへ