【第21回:平成30年度 ケアマネ試験】問題24

Aさん(85歳、女性)は大腿骨頸部骨折の手術を受け、近々退院予定である。自力での排泄や移動にはやや困難が伴い、要介護2の認定を受けた。本人も同居している息子夫婦も、在宅生活を望んでいる。息子夫婦はお互いに協力して自宅で介護を行うつもりである。介護保険のサービス利用について相談があったが、介護支援専門員の対応として、より適切なものはどれか。2つ選べ。

1 トイレ介助の負担を減らすため、排泄についてはおむつを利用することを提案する。
2 歩行機能の向上を図るため、通所リハビリテーションの利用を提案する。
3 住宅改修の利用を検討するため、住環境のアセスメントを提案する。
4 家族介護者の負担を軽減するため、訪問介護による生活援助の利用を提案する。
5 将来に備えて、施設入所を提案する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答】

2、3

 

【どんな問題?】

正答できる人は当然のように解ける問題だと思います。
正答できなかった人はない人は、恐らく問題のとらえ方を間違ってしまっています。

 

【解説】

介護支援専門員として適切なサービスは何かを考えることも大切ですが、
介護保険がどのような制度であるかということや、介護支援専門員としての姿勢や心構えがより重要です。

問題文に「息子夫婦はお互いに協力して自宅で介護を行うつもり」とあるので、
4の「訪問介護による生活援助の利用を提案」は家族の意向を踏まえているとはいえません。
また、問題文に「本人も同居している息子夫婦も、在宅生活を望んでいる」とあるので、
5の「施設入所を提案」も本人・家族の意向を踏まえているとはいえません。
これでは介護支援専門員として適切な姿勢とはいえません。

1はトイレで排泄する能力があるのに、「おむつを利用」という自立を阻害することを提案してしまっています。
介護保険は自立支援のための制度です。
この選択肢を選んでしまった人は、日々の業務のことをイメージしてしまったのかもしれません。

試験では教科書的なことが問われます。現実を思い浮かべてはダメですよ。

1 トイレ介助の負担を減らすため、排泄についてはおむつを利用することを提案する。

 

2 歩行機能の向上を図るため、通所リハビリテーションの利用を提案する。

無難な提案です。

 

3 住宅改修の利用を検討するため、住環境のアセスメントを提案する。

無難な提案です。

 

4 家族介護者の負担を軽減するため、訪問介護による生活援助の利用を提案する。

 

5 将来に備えて、施設入所を提案する。

 

 

この過去問解説について
・できるだけ暗記を少なくし、理解することで問題を解くことを目指しています。
・難しい選択肢は消去法で解けばよいというスタンスです(なるべく解説します)。
・難しい用語の利用や根拠法令の提示はなるべく避け、わかりやすい表現を心がけています。
・試験に合格することを目指しているため、表現が正確ではない場合があります。
・内容には万全を期していますが、誤りがあっても責任は負いかねます。また内容は予告なく修正することがあります。

 

 

問題23へ     問題25へ

過去問トップへ