【第21回:平成30年度 ケアマネ試験】問題25

Aさん(80歳、女性、変形性膝関節症、要介護1)は、週2回介護保険の訪問介護で買い物と掃除を利用し、一人暮らしをしていたが、息子が来月から同居することになった。Aさんは「息子は精神的に弱い面があり、仕事をしながら私の世話をするのは無理だ」と言って、現在利用している訪問介護の継続を希望している。介護支援専門員の当面の対応として、より適切なものはどれか。2つ選べ。

 一人暮らしではなくなるため、訪問介護の対象外となることをAさんに伝える。
 訪問介護が受けられなくなっても自分でできるように、住宅改修を提案する。
 息子に対して、Aさんに必要な援助ができる状況かを確認する。
 Aさんの希望どおり、同居後も今までのサービスを継続することを約束する。
 改めてアセスメントを行う必要があることをAさんに伝える。

 

 

 

 

 

 

 

【解答】

3、5

 

【どんな問題?】

訪問介護サービスの生活援助のルールについて理解していれば解ける問題という見方もできますが、正しいケアマネジメントの手順を考えれば正答できます。

 

【解説】

利用者さんの状況が大きく変わったら、再アセスメントをする必要があります。
ですので、
5 改めてアセスメントを行う必要があることをAさんに伝える。
ですね。

今回の状況の変化の中心は息子さんの同居ですから、アセスメントで把握すべき点には息子さんの意向や状況も含みます。
3 息子に対して、Aさんに必要な援助ができる状況かを確認する。
となります。

 

次に訪問介護サービスの「掃除」と「買い物」(生活援助)について解説します。

訪問介護サービスの中の【生活援助】は
原則として
一人暮らしの場合
同居家族が障害や疾病
でないと利用できません。

しかし、それ以外の場合、一律に利用できないという訳ではなく、
利用の可否については個別に判断することになっています。

ですので、
息子さんの状況を把握できていない段階では
利用できないとも利用できるとも断言できません。

1 一人暮らしではなくなるため、訪問介護の対象外となることをAさんに伝える。
4 Aさんの希望どおり、同居後も今までのサービスを継続することを約束する。
となります。

 

2について。
訪問介護が利用できなくなることを前提にしているのでですが、
介護保険は自立支援ですから、住宅改修によって、家事の自立が可能なのであれば、住宅改修を行ない、家事は自分で行なうべきということになります。住宅改修を行なっても家事の自立ができないために、訪問介護を利用していると考えるのが自然です。
また、ご本人の心身状況に変化があったような記述はありませんし、仮に変化があったとしても、住宅改修が家事の自立につながるのかどうかはアセスメントをしてみないとわかりません。住宅改修を望んでいる様子もありません。

 

この過去問解説について
・できるだけ暗記を少なくし、理解することで問題を解くことを目指しています。
・難しい選択肢は消去法で解けばよいというスタンスです(なるべく解説します)。
・難しい用語の利用や根拠法令の提示はなるべく避け、わかりやすい表現を心がけています。
・試験に合格することを目指しているため、表現が正確ではない場合があります。
・内容には万全を期していますが、誤りがあっても責任は負いかねます。また内容は予告なく修正することがあります。

問題24へ     問題26へ

過去問トップへ

HOME