【第21回:平成30年度 ケアマネ試験】問題26

高齢者に多い症状や疾患について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 パーキンソン病の臨床的重症度の評価は、NYHAの重症度分類によって行う。
2 狭心症の発作に対しては、ニトログリセリン製剤の投与が効果的である。
3 褥瘡は、大転子部には発症しにくい。
4 疥癬は、集団感染の危険性がある。
5 肝不全の症状として、食欲不振、全身倦怠感、黄疸がみられることが多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答】

2、4、5

 

【どんな問題?】

高齢者に多い病気・症状についての基本的な知識を問う問題です。

 

【解説】

どの選択肢もベーシックな内容です。そのまま覚えておきましょう。

 

1 パーキンソン病の臨床的重症度の評価は、NYHAの重症度分類によって行う。

パーキンソン病の重症度の評価ツールの代表は「ホーエン・ヤール」です。
NYHAはパーキンソン病ではなく心不全の重症度評価ツールです。

2 狭心症の発作に対しては、ニトログリセリン製剤の投与が効果的である。

狭心症の発作の際はニトログリセリン製剤が有効です。

3 褥瘡は、大転子部には発症しにくい。

褥瘡の好発部位
大転子部
仙骨

骨が出っ張っているところが褥瘡になりやすいんですね。

4 疥癬は、集団感染の危険性がある。

疥癬集団感染の危険があります。
感染経路は接触感染。
疥癬の中でも感染力の強い「ノルウェー疥癬」は個室管理(=隔離)が必要です。

5 肝不全の症状として、食欲不振、全身倦怠感、黄疸がみられることが多い。

肝不全の代表的な症状は黄疸です。

 

 

この過去問解説について
・できるだけ暗記を少なくし、理解することで問題を解くことを目指しています。
・難しい選択肢は消去法で解けばよいというスタンスです(なるべく解説します)。
・難しい用語の利用や根拠法令の提示はなるべく避け、わかりやすい表現を心がけています。
・試験に合格することを目指しているため、表現が正確ではない場合があります。
・内容には万全を期していますが、誤りがあっても責任は負いかねます。また内容は予告なく修正することがあります。

問題25へ     問題27へ

過去問トップへ