【第21回:平成30年度 ケアマネ試験】問題29

29

次の記述について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 腹囲は、メタボリックシンドロームの診断に使われる。
2 血清アルブミン値は、栄養状態の指標とはならない。
3 血中尿素窒素(BUN)は、腎機能の指標となる。
4 白血球数は、細菌感染で減少する。
5 AST(GOT)は、心臓の疾患でも上昇することがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答】

1、3、5

 

【どんな問題?】

検査のスケールの理解を問う問題です。どれも基本的な内容ですので、覚えておきましょう。
血清アルブミンは3年連続で出題されています。

 

【解説】

1 腹囲は、メタボリックシンドロームの診断に使われる。

腹囲=ウエストのサイズですね。
メタボリックシンドロームとは生活習慣病のリスクが高い状態のことです。

2 血清アルブミン値は、栄養状態の指標とはならない。

血清アルブミン値は、栄養状態の指標として用いられます。

3 血中尿素窒素(BUN)は、腎機能の指標となる。

4 白血球数は、細菌感染で減少する。

白血球の増減は感染する病原体によって違います。

白血球数の増減
細菌  :増加
ウイルス:減少

5 AST(GOT)は、心臓の疾患でも上昇することがある。

AST(GOT)は肝臓疾患の指標ですが、心臓疾患でも上昇することがあります。
*【「~ことがある」選択肢】です。→【「~ことがある」選択肢】についてはこちらをどうぞ

 

この過去問解説について
・できるだけ暗記を少なくし、理解することで問題を解くことを目指しています。
・難しい選択肢は消去法で解けばよいというスタンスです(なるべく解説します)。
・難しい用語の利用や根拠法令の提示はなるべく避け、わかりやすい表現を心がけています。
・試験に合格することを目指しているため、表現が正確ではない場合があります。
・内容には万全を期していますが、誤りがあっても責任は負いかねます。また内容は予告なく修正することがあります。

問題28へ     問題30へ

過去問トップへ