【第21回:平成30年度 ケアマネ試験】問題31

高齢者に多い病状や疾患について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 フレイルとは、高齢になって筋力や活動が低下している状態を指す。
2 機能性尿失禁とは、くしゃみ、咳などによって尿がもれることである。
3 急性縁内障発作では、頭痛、嘔吐がみられることがある。
4 慢性腎不全では、全身倦怠感、動悸、頭痛、浮腫などの症状がみられることがある。
5 加齢によるインスリンの増加が、糖尿病の原因である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答】

1、3、4

 

【どんな問題?】

高齢者によくみられる病状・疾患の理解を問う問題です。
3以外は基本的なことが問われています。

 

【解説】

1 フレイルとは、高齢になって筋力や活動が低下している状態を指す。

虚弱ともいわれる状態です。

2 機能性尿失禁とは、くしゃみ、咳などによって尿がもれることである。

機能性尿失禁とは排尿機能以外の原因による失禁を指します。

4 慢性腎不全では、全身倦怠感、動悸、頭痛、浮腫などの症状がみられることがある。

*【「~ことがある」選択肢】です。→【「~ことがある」選択肢】についてはこちらをご覧ください。

5 加齢によるインスリンの増加が、糖尿病の原因である。

インスリンが増加するのではなく、減少するのでインスリン注射で補う訳ですね。

 

3は消去法で

 

【覚えなくてよいところ】

3 急性縁内障発作では、頭痛、嘔吐がみられることがある。
*【「~ことがある」選択肢】です。→【「~ことがある」選択肢】についてはこちらをご覧ください。

 

【合格に向けてのインプット】

フレイルとサルコペニア

・フレイル  :虚弱した状態5項目をチェック(3項目以上で該当)
・サルコペニア:肉・量の低下

 

尿失禁の種類と特徴

・腹圧性:くしゃみで漏れる
・切迫性:がまんできず漏れる
・溢流性:じわじわ漏れ出す
・機能性:排尿機能以外の原因で失禁

 

この過去問解説について
・できるだけ暗記を少なくし、理解することで問題を解くことを目指しています。
・難しい選択肢は消去法で解けばよいというスタンスです(なるべく解説します)。
・難しい用語の利用や根拠法令の提示はなるべく避け、わかりやすい表現を心がけています。
・試験に合格することを目指しているため、表現が正確ではない場合があります。
・内容には万全を期していますが、誤りがあっても責任は負いかねます。また内容は予告なく修正することがあります。

問題30へ     問題32へ

過去問トップへ