【第21回:平成30年度 ケアマネ試験】問題32

認知症について適切なものはどれか。3つ選べ。

1 レビー小体型認知症では、便秘や立ちくらみなどの自立神経症状を伴うことがある。
2 うつ状態が続くと、認知症と診断されてしまうことがある。
3 認知症の初期では、ADLの低下がみられ、進行するとIADLの低下が起こってくる。
4 せん妄は意識障害であり、認知症と区別する必要がある。
5 認知症初期集中支援チームの訪問支援対象者は、初期の認知症患者に限られる。

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答】

1、2、4

 

【どんな問題?】

認知症に関係する内容の寄せ集め問題です。
5は消去法で解けば良いでしょう。

 

【解説】

1 レビー小体型認知症では、便秘や立ちくらみなどの自立神経症状を伴うことがある。

レビー小体型認知症の代表的な症状としては便秘、幻視、パーキンソン症状あたりを覚えておきましょう。
*【「~ことがある」選択肢】です。→【「~ことがある」選択肢】についてはこちらをご覧ください。

2 うつ状態が続くと、認知症と診断されてしまうことがある。

記憶力・理解力の低下など、認知症に似た症状を伴った場合には、認知症と診断されることがあるでしょう。
*【「~ことがある」選択肢】です。→【「~ことがある」選択肢】についてはこちらをご覧ください。

3 認知症の初期では、ADLの低下がみられ、進行するとIADLの低下が起こってくる。

ADLよりもIADLの方が高度な能力が必要とされています。
そのため、家事や金銭管理などIADLから先に問題を生じることが一般的です。

4 せん妄は意識障害であり、認知症と区別する必要がある。

せん妄意識障害で、急激な変動があり得ます。
認知症は急激に悪化することも、完治することもありません。

5 認知症初期集中支援チームの訪問支援対象者は、初期の認知症患者に限られる。

認知症初期集中支援チームとは、
認知症総合支援事業の一環として地域包括支援センターなどに配置される専門家のあつまりのことです。
在宅認知症の人を対象
訪問して支援する
医者を含む
くらいを覚えておきましょう。

 

【合格に向けてのインプット】

認知症初期集中支援チームの位置づけ

認知症初期集中支援チームは
地域支援事業の中の包括的支援事業の中の認知症総合支援事業に位置付けられています。

 

この過去問解説について
・できるだけ暗記を少なくし、理解することで問題を解くことを目指しています。
・難しい選択肢は消去法で解けばよいというスタンスです(なるべく解説します)。
・難しい用語の利用や根拠法令の提示はなるべく避け、わかりやすい表現を心がけています。
・試験に合格することを目指しているため、表現が正確ではない場合があります。
・内容には万全を期していますが、誤りがあっても責任は負いかねます。また内容は予告なく修正することがあります。

問題31へ     問題33へ

過去問トップへ