【第21回:平成30年度 ケアマネ試験】問題33

在宅で医療機器を使用する場合の留意点について適切なものはどれか。3つ選べ。

1 腹膜透析を実施している場合は、感染に注意が必要である。
2 在宅中心静脈栄養法を行っている場合は、入浴は禁忌である。
3 在宅経管栄養法では、カテーテルの定期的な交換は不要である。
4 気管切開を伴った人工呼吸療法では、気管切開部の管理が必要である。
5 在宅酸素療法では、機器の周囲2m以内に火気を置かないようにする。

 

 

 

 

 

【解答】

1、4、5

 

【どんな問題?】

在宅で医療機器を使用する場合の留意点に関する問題です。
覚えるというよりは、何と言いますか、想像力を働かせて解きたい問題です。

 

【解説】

1 腹膜透析を実施している場合は、感染に注意が必要である。

腹膜透析に限らず、感染に注意が不要な訳ないですよね。

2 在宅中心静脈栄養法を行っている場合は、入浴は禁忌である。

「○○の人は入浴してはならない」みたいな設問が過去に何度も何度も出題されています(【合格に向けてのインプット】参照)。
どんな在宅医療機器を使用していようが入浴は可能です。

3 在宅経管栄養法では、カテーテルの定期的な交換は不要である。

カテーテルの定期的な交換をしなかったら、カテーテルの中が不衛生になってしまいます。

4 気管切開を伴った人工呼吸療法では、気管切開部の管理が必要である。

切開部分ですから、ほったらかしにはできません。ストマや胃ろうの造設部分なども同様ですね。

5 在宅酸素療法では、機器の周囲2m以内に火気を置かないようにする。

在宅酸素火気厳禁です。
何メートル離すべきかを問うような問題はあまり出ませんので、火気厳禁を覚えておきましょう。

 

【合格に向けてのインプット】

入浴「できる」「できない」問題一覧

在宅医療、感染症、終末期、褥瘡のいずれであっても、入浴は可能です。

 

この過去問解説について
・できるだけ暗記を少なくし、理解することで問題を解くことを目指しています。
・難しい選択肢は消去法で解けばよいというスタンスです(なるべく解説します)。
・難しい用語の利用や根拠法令の提示はなるべく避け、わかりやすい表現を心がけています。
・試験に合格することを目指しているため、表現が正確ではない場合があります。
・内容には万全を期していますが、誤りがあっても責任は負いかねます。また内容は予告なく修正することがあります。

問題32へ     問題34へ

過去問トップへ