【第21回:平成30年度 ケアマネ試験】問題34

次の記述について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 BMI(Boby Mass Index)が18.5以上の場合は、肥満とされる。
2 喫煙は、心疾患のリスクを高める。
3 多量の飲酒習慣は、脳卒中のリスクを高める。
4 骨粗鬆症の予防には、運動は効果がない。
5 大腿部頸部骨折の予防には、ヒップ・プロテクターも効果がある。

 

 

 

 

 

 

 

【解答】

2、3、5

 

【どんな問題?】

生活習慣と疾病予防に関する知識の寄せ集め問題ですね。
BMIの基準を知っていればすんなり解けますが、知らなくても解けそうです。

 

【解説】

1 BMI(Boby Mass Index)が18.5以上の場合は、肥満とされる。

25以上の場合を肥満、18.5未満である場合が低体重とされます。

2 喫煙は、心疾患のリスクを高める。

これはわかりますよね。

3 多量の飲酒習慣は、脳卒中のリスクを高める。

これもわかりますよね。「多量」とあるので、脳卒中に限らずリスクを高める方向性を選べば間違いありません。

4 骨粗鬆症の予防には、運動は効果がない。

「効果がない」という言い切りは凄いですね。

5 大腿部頸部骨折の予防には、ヒップ・プロテクターも効果がある。

ヒップ・プロテクターを知らなければ、悩んだかもしれませんね。
転んだ際に、股関節を守るクッションのようなものです。
参考:ヒップ・プロテクター

この過去問解説について
・できるだけ暗記を少なくし、理解することで問題を解くことを目指しています。
・難しい選択肢は消去法で解けばよいというスタンスです(なるべく解説します)。
・難しい用語の利用や根拠法令の提示はなるべく避け、わかりやすい表現を心がけています。
・試験に合格することを目指しているため、表現が正確ではない場合があります。
・内容には万全を期していますが、誤りがあっても責任は負いかねます。また内容は予告なく修正することがあります。

問題33へ     問題35へ

過去問トップへ