【第21回:平成30年度 ケアマネ試験】問題35

在宅で行われる呼吸管理について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 ネブライザーで吸入薬を用いる際に副作用と思われる症状がみられた場合には、吸入を中止して医療者に報告する。
2 在宅酸素療法を受けている利用者が息苦しさを訴えた場合には、医師の指示の有無にかかわらず、酸素流量を増やす。
3 在宅酸素療法を実施している場合には、定期的にバッテリーの充電状態を確認する。
4 人工呼吸器を利用する場合には、緊急時の対応方法や連絡先を確認しておく。
5 痰の吸引器は、介護保険の給付の対象となる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答】

1、3、4

 

【どんな問題?】

この問題も問題33同様、覚えるというよりは、何と言いますか、想像力を働かせて解きたい問題です(5以外)。

【解説】

1と2は同じような趣旨のことが問われています。
医療が関係する場面で、何か変化があれば、医療従事者と相談するべきと思っていれば、試験対策上間違いありません。

1 ネブライザーで吸入薬を用いる際に副作用と思われる症状がみられた場合には、吸入を中止して医療者に報告する。

選択肢の表現が分かりにくいので、吸入途中で中止してしていいのかな?吸入が終わった後の話なのかな?と悩んだ方もいるかもしれません。
吸入薬に限らず、副作用と思われる症状がみられれば、報告が必要ですね。

2 在宅酸素療法を受けている利用者が息苦しさを訴えた場合には、医師の指示の有無にかかわらず、酸素流量を増やす。

酸素流量医師の指示に従います。まずは報告ですね。

 

3、4も同じような趣旨のことが問われています。
緊急時への備えの話です。
在宅酸素、人工呼吸器に限らず、電源を使う在宅医療機器を使っている場合、
停電等緊急時の備え(対応法、連絡先バッテリーがあればバッテリーの点検)が必要ということですね。

3 在宅酸素療法を実施している場合には、定期的にバッテリーの充電状態を確認する。

4 人工呼吸器を利用する場合には、緊急時の対応方法や連絡先を確認しておく。

 

5 痰の吸引器は、介護保険の給付の対象となる。

痰の吸引器は介護保険の給付対象ではありません。これは実務上も役立つ豆知識ですよ。

【合格に向けてのインプット】

在宅医療の緊急時対応問題一覧

在宅医療(主に人工呼吸器)の問題は同じような問題が毎年のように繰り返し出題されています。

 

この過去問解説について
・できるだけ暗記を少なくし、理解することで問題を解くことを目指しています。
・難しい選択肢は消去法で解けばよいというスタンスです(なるべく解説します)。
・難しい用語の利用や根拠法令の提示はなるべく避け、わかりやすい表現を心がけています。
・試験に合格することを目指しているため、表現が正確ではない場合があります。
・内容には万全を期していますが、誤りがあっても責任は負いかねます。また内容は予告なく修正することがあります。

問題34へ     問題36へ

過去問トップへ