【第21回:平成30年度 ケアマネ試験】問題36

次の記述のうち、より適切なものはどれか。2つ選べ。

1 高齢者の低栄養状態を改善するには、水分を多く摂取することが重要である。
2 介護保険施設では、入所者全員について栄養ケア計画の作成が義務付けられている。
3 栄養マネジメント加算の要件には、栄養に関するスクリーニング、アセスメント及びケア計画の作成が含まれる。
4 高齢になっても、味覚は低下しない。
5 認知症の高齢者への食事摂取の促しとしては、声かけ、見守りなども重要である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答】

3、5

 

【どんな問題?】

低栄養や栄養マネジメントについての理解を問う問題です。
全体として解きづらい印象のある問題です。3は覚えなくてよいかと思います。

 

【解説】

1 高齢者の低栄養状態を改善するには、水分を多く摂取することが重要である。

水分を摂取することが低栄養の改善につながらないとは言い切れないため、判断しづらい選択肢ではないかと思います。
水分を多くとることは、低栄養改善の一般的な方法ではありません。

低栄養改善の一般的な方法としては
・食事の回数を増やす
・義歯の調整
・楽しい食事
・栄養補助食品の利用
・食事の形状の工夫
などがあります。

2 介護保険施設では、入所者全員について栄養ケア計画の作成が義務付けられている。

介護保険施設で入所者全員に作成が必須であるのは施設サービス計画だけです。
それ以外の計画は何かしらの加算に紐づく計画です。

4 高齢になっても、味覚は低下しない。

高齢になると低下するとされています。
「しない」と断言する表現が何とも・・。
「低下することが多い」などの表現であれば自信を持って答えやすいんですけれど・・。

5 認知症の高齢者への食事摂取の促しとしては、声かけ、見守りなども重要である。

認知症の方ですので、声かけ見守りは一つのポイントですね。

 

3 消去法で

 

【覚えなくてよいところ】

栄養マネジメント加算の要件には、栄養に関するスクリーニング、アセスメント及びケア計画の作成が含まれる。

 

この過去問解説について
・できるだけ暗記を少なくし、理解することで問題を解くことを目指しています。
・難しい選択肢は消去法で解けばよいというスタンスです(なるべく解説します)。
・難しい用語の利用や根拠法令の提示はなるべく避け、わかりやすい表現を心がけています。
・試験に合格することを目指しているため、表現が正確ではない場合があります。
・内容には万全を期していますが、誤りがあっても責任は負いかねます。また内容は予告なく修正することがあります。

問題35へ     問題37へ

過去問トップへ