【第21回:平成30年度 ケアマネ試験】問題37

在宅での医療管理について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 インスリンの自己注射の効果は、利用者の体調によって変わることはない。
2 人工透析を受けている者は、心筋梗塞や脳卒中のリスクが高い。
3 疼痛に対して麻薬を使用する際は、副作用の便秘に注意する必要がある。
4 人工呼吸器を装着している場合には、パルスオキシメーターによって酸素飽和度を測定する。
5 在宅自己導尿は、膀胱内にカテーテルを留置するよりも感染のリスクが高い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答】

2、3、4

 

【どんな問題?】

在宅医療利用者の留意点についての理解を問う問題です。
どの選択肢も基本的なことが問われていますので、このまま覚えてしまいましょう。

 

【解説】

1 インスリンの自己注射の効果は、利用者の体調によって変わることはない。

体調によりインスリンの効果は変化することがあります。
ですので糖尿病患者が風邪など他の病気にかかった場合は注意が必要です。
他の病気にかかった時のことをシックデイと呼びます。

2 人工透析を受けている者は、心筋梗塞や脳卒中のリスクが高い。

人工透析の原因の1位は糖尿病です。糖尿病は動脈硬化の進行を早めてしまうため、
結果として心筋梗塞脳卒中のリスクが高くなります。

3 疼痛に対して麻薬を使用する際は、副作用の便秘に注意する必要がある。

疼痛麻薬便秘はセットで覚えましょう。

4 人工呼吸器を装着している場合には、パルスオキシメーターによって酸素飽和度を測定する。

人工呼吸が適切に行われているかどうかを確認する手段の一つとしてパルスオキシメーターによって酸素飽和度を測定します。

5 在宅自己導尿は、膀胱内にカテーテルを留置するよりも感染のリスクが高い。

留置カテーテルは、ルート(膀胱から畜尿バッグまでのカテーテルの道筋のこと)や畜尿バッグが感染源になりやすいため、感染リスクが高い

参考:畜尿バッグ

 

【合格に向けてのインプット】

糖尿病患者の低血糖

低血糖の原因と症状
低血糖の主な原因
・食事量が少ない
・運動量が多い
・気温が高い

低血糖の主な症状
・冷や汗
・意識低下
・震え

 

この過去問解説について
・できるだけ暗記を少なくし、理解することで問題を解くことを目指しています。
・難しい選択肢は消去法で解けばよいというスタンスです(なるべく解説します)。
・難しい用語の利用や根拠法令の提示はなるべく避け、わかりやすい表現を心がけています。
・試験に合格することを目指しているため、表現が正確ではない場合があります。
・内容には万全を期していますが、誤りがあっても責任は負いかねます。また内容は予告なく修正することがあります。

問題36へ     問題38へ

過去問トップへ