【第21回:平成30年度 ケアマネ試験】問題38

高齢者に起こりやすい急変や急変時の対応について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 ジャパン・コーマ・スケール(Japan Coma Scale:JCS)では、数字が小さいほど意識障害が重度である。
2 心不全による呼吸困難は、座位をとらせることで軽減することがある。
3 心筋梗塞による痛みは、胸痛だけでなく、腹痛のこともある。
4 寝たきりの高齢者が嘔吐した場合には、側臥位をとらせた方が吐物で窒息するのを防ぎやすい。
5 発熱時には、直ちに解熱剤を用いて苦痛を緩和する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答】

2、3、4

 

【どんな問題?】

よくある急変とその対応についての理解を問う問題です。
どの選択肢も基本的なことが問われていますので、このまま覚えてしまいましょう。

 

【解説】

1 ジャパン・コーマ・スケール(Japan Coma Scale:JCS)では、数字が小さいほど意識障害が重度である。

ジャパン・コーマ・スケール(Japan Coma Scale:JCS)では
数字が小さいほどではなく大きいほど、意識障害重度です。

0:意識がクリア

300:最も重度

2 心不全による呼吸困難は、座位をとらせることで軽減することがある。

就寝の際にも少しギャッジアップすると楽な場合があります。

3 心筋梗塞による痛みは、胸痛だけでなく、腹痛のこともある。

高齢者の場合は症状が一律ではない(腹痛以外にもいろいろある)ことがあるとされています。

4 寝たきりの高齢者が嘔吐した場合には、側臥位をとらせた方が吐物で窒息するのを防ぎやすい。

嘔吐側臥位はセットで覚えましょう。

参考:仰臥位

5 発熱時には、直ちに解熱剤を用いて苦痛を緩和する。

発熱があっても衰弱する様子がなければ、むやみに解熱剤を用いる必要はありません。

 

この過去問解説について
・できるだけ暗記を少なくし、理解することで問題を解くことを目指しています。
・難しい選択肢は消去法で解けばよいというスタンスです(なるべく解説します)。
・難しい用語の利用や根拠法令の提示はなるべく避け、わかりやすい表現を心がけています。
・試験に合格することを目指しているため、表現が正確ではない場合があります。
・内容には万全を期していますが、誤りがあっても責任は負いかねます。また内容は予告なく修正することがあります。

問題37へ     問題39へ

過去問トップへ