【第21回:平成30年度 ケアマネ試験】問題41

介護保険法による訪問看護について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 要介護認定者であれば、主治の医師の指示は必要ない。
2 理学療法士、作業療法士又は言語聴覚士によっても提供される。
3 訪問看護の内容は、療養上の世話又は必要な診療の補助である。
4 原則として、健康保険法による訪問看護より優先的に適用される。
5 心身の機能の維持回復を目指すものであり、要介護状態の悪化防止は含まない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答】

2、3、4

 

【どんな問題?】

訪問看護についての理解を問う問題です。
訪問介護は要介護者を対象とした、スタッフが訪問するタイプのサービスの一つです。
どの選択肢も基本的なことが問われていますので、このまま覚えてしまいましょう。

 

【解説】

1 要介護認定者であれば、主治の医師の指示は必要ない。

訪問看護(予防も含む)を提供する場合には主治の医師指示が必要です。

2 理学療法士、作業療法士又は言語聴覚士によっても提供される。

訪問看護は看護職員以外に理学療法士、作業療法士、言語聴覚士がサービスを提供することができます。

訪問看護を提供できる職種
看護師
保健師
准看護師
理学療法士
作業療法士
言語聴覚士

3 訪問看護の内容は、療養上の世話又は必要な診療の補助である。

療養上の世話」、「診療の補助」という用語として覚えておきましょう。

4 原則として、健康保険法による訪問看護より優先的に適用される。

健康保険と介護保険、どちらも利用可能な場合は介護保険優先されます。

5 心身の機能の維持回復を目指すものであり、要介護状態の悪化防止は含まない。

訪問看護に限らず、介護保険のサービスは全て要介護状態等の軽減や悪化の防止を目指すと覚えておきましょう。

 

この過去問解説について
・できるだけ暗記を少なくし、理解することで問題を解くことを目指しています。
・難しい選択肢は消去法で解けばよいというスタンスです(なるべく解説します)。
・難しい用語の利用や根拠法令の提示はなるべく避け、わかりやすい表現を心がけています。
・試験に合格することを目指しているため、表現が正確ではない場合があります。
・内容には万全を期していますが、誤りがあっても責任は負いかねます。また内容は予告なく修正することがあります。

問題40へ     問題42へ

過去問トップへ