【第21回:平成30年度 ケアマネ試験】問題45

介護老人保健施設について正しいものはどれか。3 つ選べ。

1 医療法人が設置する介護老人保健施設では、協力病院を定める必要がない。
2 サテライト型小規模介護老人保健施設及び分館型介護老人保健施設の2つの類型からなる。
3 介護老人保健施設は、入所者が不正行為によって保険給付を受けたときは、市町村に通報しなければならない。
4 感染症又は食中毒の予防のため、その対策を検討する委員会をおおむね三月に1回以上開催しなければならない。
5 入所者の心身の諸機能の維持回復を図り、日常生活の自立を助けるため、リハビリテーションを計画的に行わなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答】

3、4、5

 

【どんな問題?】介護老人保健施設についての理解を問う問題です。
介護老人保健施設はは要介護者を対象とした、利用者が入所するタイプのサービスの一つです。
1、3、4は他のサービスと共通する決まりでもあります。

 

【解説】

1 医療法人が設置する介護老人保健施設では、協力病院を定める必要がない。

介護老人保健施設では協力病院を定めなければなりません。
ちなみに協力歯科については定めておくよう努めなければならなりません。
これらは介護保険施設共通の決まりです。

協力病院:義務
協力歯科:努力義務

2 サテライト型小規模介護老人保健施設及び分館型介護老人保健施設の2つの類型からなる。

ベーシックな(○○型とつかない)介護老人保健施設がありますので明らかに間違っています。すべての類型を覚える必要はありません。

3 介護老人保健施設は、入所者が不正行為によって保険給付を受けたときは、市町村に通報しなければならない。

入所者(利用者)が不正行為によって保険給付を受けたときの市町村への通報義務
介護老人保健施設に限らず、あらゆる介護サービス共通する決まりです。

4 感染症又は食中毒の予防のため、その対策を検討する委員会をおおむね三月に1回以上開催しなければならない。

介護保険施設共通の決まりです。

5 入所者の心身の諸機能の維持回復を図り、日常生活の自立を助けるため、リハビリテーションを計画的に行わなければならない。

その通りですが、わざわざ覚えておくような内容でもありません。消去法で解けば良いかと思います。

 

この過去問解説について
・できるだけ暗記を少なくし、理解することで問題を解くことを目指しています。
・難しい選択肢は消去法で解けばよいというスタンスです(なるべく解説します)。
・難しい用語の利用や根拠法令の提示はなるべく避け、わかりやすい表現を心がけています。
・試験に合格することを目指しているため、表現が正確ではない場合があります。
・内容には万全を期していますが、誤りがあっても責任は負いかねます。また内容は予告なく修正することがあります。

問題44へ     問題46へ

過去問トップへ