【第21回:平成30年度 ケアマネ試験】問題46

面接場面におけるコミュニケーション技術について、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 「もう少し詳しく話してください」という質問は、クローズドクエスチョン(閉じられた質問)である。
2 コミュニケーション手段としては、言語的なものと非言語的なものがある。
3 傾聴は「聴いている」ということをクライエントに理解してもらうことを含む。
4 「励まし、明確化、要約」はクライエントとの関係を形成するための重要な技術である。
5 話すときの表情、抑揚、速さは重要ではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答】

2、3、4

 

【どんな問題?】

コミュニケーションの知識・技術についての理解を問う問題です。
コミュニケーション技術の問題は同じような問題がひたすら繰り返し出題されています。
確実に正答していきましょう。

 

【解説】

1 「もう少し詳しく話してください」という質問は、クローズドクエスチョン(閉じられた質問)である。

クローズドクエスチョン(閉じられた質問)とは「はい」「いいえ」など選択肢の中から選んで答えられる質問のことをいいます。

2 コミュニケーション手段としては、言語的なものと非言語的なものがある。

選択肢5にある「話すときの表情」、「抑揚」、「速さ」が非言語的コミュニケーションの代表です。
言語的コミュニケーションより非言語的コミュニケーションの方が情報量が多いといわれています。

3 傾聴は「聴いている」ということをクライエントに理解してもらうことを含む。

そのために、あいづち、要約、質問などのコミュニケーション技術を活用します。

4 「励まし、明確化、要約」はクライエントとの関係を形成するための重要な技術である。

「励まし、明確化、要約」によって課題を明確にしていきます。

5 話すときの表情、抑揚、速さは重要ではない。

いずれも代表的な非言語的コミュニケーション手段です。

 

この過去問解説について
・できるだけ暗記を少なくし、理解することで問題を解くことを目指しています。
・難しい選択肢は消去法で解けばよいというスタンスです(なるべく解説します)。
・難しい用語の利用や根拠法令の提示はなるべく避け、わかりやすい表現を心がけています。
・試験に合格することを目指しているため、表現が正確ではない場合があります。
・内容には万全を期していますが、誤りがあっても責任は負いかねます。また内容は予告なく修正することがあります。

問題45へ     問題47へ

過去問トップへ