【第21回:平成30年度 ケアマネ試験】問題49

ソーシャルワークにおける地域援助として、より適切なものはどれか。3 つ選べ。

1 難病患者の家族の会による会員向けの介護体験報告会
2 社会福祉協議会による地域住民向けの生活支援サポーター養成講座の開催
3 地域包括支援センターに登録された虚弱高齢者向けの健康教室でのプログラム活動
4 精神障害者の地域移行のための病院や障害福祉サービス事業者、不動産会社等のネットワークの構築
5 自治体や社会福祉法人と大学との協働による認知症カフェの設置・運営

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答】

2、4、5

 

【どんな問題?】

問題48に続いてソーシャルワークの対人援助技術についての問題です。
今回は対人援助技術の一つである地域援助について問われています。。
地域援助「地域を対象とした働きかけ」「地域住民を対象とした働きかけ」とらえましょう。
この問題はの選択肢の方が分かりやすいです。

 

【解説】

1 難病患者の家族の会による会員向けの介護体験報告会

これは地域ではなく難病患者の家族という属性の集団に対する働きかけととらえられます。

3 地域包括支援センターに登録された虚弱高齢者向けの健康教室でのプログラム活動

これは地域ではなく虚弱高齢者という属性の集団に対する働きかけととらえられます。

2 社会福祉協議会による地域住民向けの生活支援サポーター養成講座の開催

地域住民向け講座ですから「地域住民を対象とした働きかけ」ととらえられます。

4 精神障害者の地域移行のための病院や障害福祉サービス事業者、不動産会社等のネットワークの構築

地域にある病院、事業者、会社等への働きかけですので「地域を対象とした働きかけ」ととらえられます。

5 自治体や社会福祉法人と大学との協働による認知症カフェの設置・運営

地域に住む住民を対象とした交流の場所である認知症カフェを運営することは「地域住民を対象とした働きかけ」ととらえられます。

 

この過去問解説について
・できるだけ暗記を少なくし、理解することで問題を解くことを目指しています。
・難しい選択肢は消去法で解けばよいというスタンスです(なるべく解説します)。
・難しい用語の利用や根拠法令の提示はなるべく避け、わかりやすい表現を心がけています。
・試験に合格することを目指しているため、表現が正確ではない場合があります。
・内容には万全を期していますが、誤りがあっても責任は負いかねます。また内容は予告なく修正することがあります。

問題48へ     問題50へ

過去問トップへ