【第21回:平成30年度 ケアマネ試験】問題50

介護保険における短期入所生活介護について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 緊急短期入所受入加算と認知症行動・心理症状緊急対応加算は、同時に算定できる。
2 一定の条件を満たした事業所が、喀痰吸引等の医療ニーズの高い利用者に対してサービス提供を行った場合には、医療連携強化加算を算定できる。
3 利用者の心身状態や家族等の事情から送迎を行う場合には、送迎加算を算定できる。
4 一定の条件を満たした事業所が、認知症の高齢者に対して専門的な認知症ケアを行った場合には、認知症専門ケア加算を算定できる。
5 連続して30日を越えて同一の事業所に入所してサービスを受けている利用者がいる場合には、加算を算定できる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答】

2、3、4

 

【どんな問題?】

短期入所生活介護の加算・減算についての理解を問う問題です。
短期入所生活介護は要介護者を対象とした、利用者が短期入所(ショートステイ)するタイプのサービスの一つです。
加算・減算についてはポイントを絞って覚えましょう。

 

【解説】

1 緊急短期入所受入加算と認知症行動・心理症状緊急対応加算は、同時に算定できる。

緊急短期入所受入加算と認知症行動・心理症状緊急対応加算は、
ともに緊急に短期入所生活介護をサービス提供をした際に算定できる加算です。
この二つの加算は同時算定できません。

加算の名前 必要性を判断する人 加算できる日数
緊急短期入所受入加算 介護支援専門員 7日間(例外で14日間)
認知症行動・心理症状緊急対応加算 医師 7日間

 

5 連続して30日を越えて同一の事業所に入所してサービスを受けている利用者がいる場合には、加算を算定できる。

短期入所生活介護は同一事業所連続30日を越えたサービス提供をした場合、加算ではなく31日目から減算となります。
ややこしいんですが、短期入所生活介護は連続して30日を超えて利用はできないという別の決まりがあります。

適用条件 何が起こる 視点
同一事業所で連続30日を越えたサービス提供した場合 31日目から減算される 事業所の報酬が減る
利用者が短期入所生活介護を連続30日利用した場合 31日目は保険給付しない
(全額自己負担)
→32日目から保険給付再開
利用者の負担が増える

 

2、3、4は消去法で

3 利用者の心身状態や家族等の事情から送迎を行う場合には、送迎加算を算定できる。

短期入所生活介護において送迎する場合は送迎加算を算定できます。
通所系のサービスにおいては送迎をしても加算は算定できません(逆に送迎しないと減算)。

サービスの名称 送迎した場合 送迎しない場合
サービス名に【短期入所】がつくもの
・短期入所○○介護
・介護予防短期入所○○介護
加算 影響なし
サービス名に【通所】がつくもの
・通所○○
・△△通所○○
影響なし(サービス費に含む) 減算

 

【覚えなくてよいところ】

2 一定の条件を満たした事業所が、喀痰吸引等の医療ニーズの高い利用者に対してサービス提供を行った場合には、医療連携強化加算を算定できる。

4 一定の条件を満たした事業所が、認知症の高齢者に対して専門的な認知症ケアを行った場合には、認知症専門ケア加算を算定できる。

 

この過去問解説について
・できるだけ暗記を少なくし、理解することで問題を解くことを目指しています。
・難しい選択肢は消去法で解けばよいというスタンスです(なるべく解説します)。
・難しい用語の利用や根拠法令の提示はなるべく避け、わかりやすい表現を心がけています。
・試験に合格することを目指しているため、表現が正確ではない場合があります。
・内容には万全を期していますが、誤りがあっても責任は負いかねます。また内容は予告なく修正することがあります。

問題49へ     問題51へ

過去問トップへ