【第21回:平成30年度 ケアマネ試験】問題53

介護保険における通所介護について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 通所介護に係る介護報酬は、併設事業所の有無によって異なっている。
2 通常の事業の実施地域内に住む利用者の送迎に要する費用は、通所介護費に含まれる。
3 指定通所介護事業所は、利用定員数にかかわらず、生活相談員を配置しなければならない。
4 指定通所介護事業所において、夜間及び深夜に指定通所介護以外のサービスを提供する場合は、その開始前に都道府県知事に届け出をしなければならない。
5 非常災害に際して必要な設備や備品を備えておくことは、各事業所の任意である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答】

2、3、4

 

【どんな問題?】

通所介護についての理解を問う問題です。
通所介護要介護者を対象とした、利用者が通うタイプのサービスの一つです。
問題40の【合格に向けてのインプット】に要介護者、要支援者別のサービス一覧があります。
色々な内容を寄せ集めた問題です。

 

【解説】

1 通所介護に係る介護報酬は、併設事業所の有無によって異なっている。

通所介護の介護報酬は、併設事業所の有無に左右されません。
利用者の要介護度、事業所の規模、サービス提供時間の組み合わせによって決まります。

2 通常の事業の実施地域内に住む利用者の送迎に要する費用は、通所介護費に含まれる。

通所介護に限らず、サービス名に【通所】がつくサービスは送迎サービス費に含まれています
問題50の選択肢3の解説も参考になると思います。
通所介護費というのは通所介護のサービス費のことですね。

3 指定通所介護事業所は、利用定員数にかかわらず、生活相談員を配置しなければならない。

4 指定通所介護事業所において、夜間及び深夜に指定通所介護以外のサービスを提供する場合は、その開始前に都道府県知事に届け出をしなければならない。

「夜間及び深夜に指定通所介護以外のサービスを提供する場合」というのは、いわゆる「お泊りデイ」「宿泊サービス」(保険外のサービス)の話です。開始前に都道府県知事届け出が必要です。

5 非常災害に際して必要な設備や備品を備えておくことは、各事業所の任意である。

通所介護に限らず、利用者が滞在して利用するサービス・施設では、利用者を守る観点から、非常災害に際して必要な設備や備品を備えておくことが必要(義務)です。任意ではありません。

 

この過去問解説について
・できるだけ暗記を少なくし、理解することで問題を解くことを目指しています。
・難しい選択肢は消去法で解けばよいというスタンスです(なるべく解説します)。
・難しい用語の利用や根拠法令の提示はなるべく避け、わかりやすい表現を心がけています。
・試験に合格することを目指しているため、表現が正確ではない場合があります。
・内容には万全を期していますが、誤りがあっても責任は負いかねます。また内容は予告なく修正することがあります。

問題52へ     問題54へ

過去問トップへ