【第21回:平成30年度 ケアマネ試験】問題55

夜間対応型訪問介護について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 緊急時の連絡体制を確保し、日中においてオペレーションセンターサービスを行う等の要件を満たす場合は、24時間通報対応加算を算定できる。
2 定期巡回サービスを行う訪問介護員等は、サービスを提供する時間帯を通じて専従で1人以上配置しなければならない。
3 事業者は、利用者からの苦情に関して市町村等が派遣する者が相談及び援助を行う事業に協力するよう努めなければならない。
4 随時訪問サービスにおいて、オペレーションセンター従事者は、一月ないし三月に1回程度利用者宅を訪問しなければならない。
5 利用者が短期入所生活介護を受けている間も、夜間対応型訪問介護費を算定できる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答】

1、3、4

 

【どんな問題?】

夜間対応型訪問介護についての理解を問う問題です。
細かい内容を把握していないと正答できません。

 

【解説】

夜間対応型訪問介護は要介護者を対象とした、スタッフが訪問するタイプのサービスの一つです。
 →問題40の【合格に向けてのインプット】に要介護者、要支援者別のサービス一覧があります。

頻出ではない夜間対応型訪問介護かつ正答するためには詳細な知識が必要なため、個人的には落としても良い問題と思っています。

1 緊急時の連絡体制を確保し、日中においてオペレーションセンターサービスを行う等の要件を満たす場合は、24時間通報対応加算を算定できる。

夜間対応型訪問介護は夜間に特化した訪問介護のサービスです。
営業時間外である日中に利用者からの連絡を受けられるようにすることで加算を算定できることくらいを理解しておきましょう。

2 定期巡回サービスを行う訪問介護員等は、サービスを提供する時間帯を通じて専従で1人以上配置しなければならない。

定期巡回サービスを行う訪問介護員等の具体的な人数は決まっておらず必要数となっています。

3 事業者は、利用者からの苦情に関して市町村等が派遣する者が相談及び援助を行う事業に協力するよう努めなければならない。

利用者からの苦情に関して市町村等が派遣する者が相談及び援助を行う事業というのは
介護相談員派遣等事業のことを指します。
夜間対応型訪問介護に限らず、あらゆる介護サービス事業・施設は介護相談員派遣等事業への協力努力義務になっています。
介護相談員派遣等事業の詳細は覚える必要ありません。

4 随時訪問サービスにおいて、オペレーションセンター従事者は、一月ないし三月に1回程度利用者宅を訪問しなければならない。

オペレーションセンター従事者とは、訪問介護におけるサービス提供責任者のような職種のことを指します。「一月ないし三月」という表現が特徴的ですが、利用者宅訪問義務があります。

5 利用者が短期入所生活介護を受けている間も、夜間対応型訪問介護費を算定できる。

短期入所生活介護利用中は夜間対応型訪問介護費を算定できません(保険給付で利用できない)。

 

【覚えなくてよいところ】

利用していると夜間対応型訪問介護費を算定できない(併用できない)サービス
・短期入所生活介護
・短期入所療養介護
・特定施設入居者生活介護
・小規模多機能型居宅介護
・複合型サービス
・認知症対応型共同生活介護
・地域密着型特定施設入居者生活介護
・地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護

 

この過去問解説について
・できるだけ暗記を少なくし、理解することで問題を解くことを目指しています。
・難しい選択肢は消去法で解けばよいというスタンスです(なるべく解説します)。
・難しい用語の利用や根拠法令の提示はなるべく避け、わかりやすい表現を心がけています。
・試験に合格することを目指しているため、表現が正確ではない場合があります。
・内容には万全を期していますが、誤りがあっても責任は負いかねます。また内容は予告なく修正することがあります。

問題54へ     問題56へ

過去問トップへ