【第21回:平成30年度 ケアマネ試験】問題56

小規模多機能型居宅介護について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 通いサービス、訪問サービス及び宿泊サービスの算定月における提供回数について、登録者1人当たり平均回数が週4回に満たない場合には、介護報酬は減算される。
2 従事者のうち1人以上は、常勤の看護師又は、准看護師でなければならない。
3 一定の条件を満たす事業所において、看取り期におけるサービス提供を行った場合は、看取り連携体制加算を算定できる。
4 利用者の処遇上必要と認められる場合であっても、一の宿泊室の定員は1人である。
5 介護支援専門員は、利用者の処遇に支障がない場合には、管理者と兼務することができる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答】

1、3、5

 

【どんな問題?】

小規模多機能型居宅介護についての理解を問う問題です。

 

【解説】

小規模多機能型居宅介護は要介護者を対象とした、利用者が通うサービス、利用者が泊まるサービス、スタッフが訪問するサービスが一体となったサービスです。
 →問題40の【合格に向けてのインプット】に要介護者、要支援者別のサービス一覧があります。

1 通いサービス、訪問サービス及び宿泊サービスの算定月における提供回数について、登録者1人当たり平均回数が週4回に満たない場合には、介護報酬は減算される。

過少サービスに対する減算と呼ばれています。

2 従事者のうち1人以上は、常勤の看護師又は、准看護師でなければならない。

看護師又は准看護師が1人以上必要ですが、常勤要件はありません(非常勤でよい)。

3 一定の条件を満たす事業所において、看取り期におけるサービス提供を行った場合は、看取り連携体制加算を算定できる。

4 利用者の処遇上必要と認められる場合であっても、一の宿泊室の定員は1人である。

小規模多機能型居宅介護に限らず、個室(1人部屋)に宿泊・入居するするタイプのサービスではいずれも例外的な2人利用が認められています。

5 介護支援専門員は、利用者の処遇に支障がない場合には、管理者と兼務することができる。

介護支援専門員は原則は専従ですが、例外的に他の職務との兼務が認められています。管理者との兼務も可能です。

 

この過去問解説について
・できるだけ暗記を少なくし、理解することで問題を解くことを目指しています。
・難しい選択肢は消去法で解けばよいというスタンスです(なるべく解説します)。
・難しい用語の利用や根拠法令の提示はなるべく避け、わかりやすい表現を心がけています。
・試験に合格することを目指しているため、表現が正確ではない場合があります。
・内容には万全を期していますが、誤りがあっても責任は負いかねます。また内容は予告なく修正することがあります。

問題55へ     問題57へ

過去問トップへ