第22回:令和元年度 ケアマネ試験】問題1

2017(平成29)年の介護保険制度改正について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 介護医療院の創設
2 共生型サービスの創設
3 看護小規模多機能型居宅介護の創設
4 介護給付及び予防給付に係る3割負担の導入
5 介護予防訪問介護及び介護予防通所介護の介護予防・日常生活支援総合事業への移行

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答】

1、2、4

 

【どんな問題?】

2017(平成29)年の介護保険制度の改正時期を単純に問う問題です。このタイプの問題は改正がある度に出題されていますので、最新の改正のポイントは押さえておきましょう。

 

【解説】

3 看護小規模多機能型居宅介護の創設

平成23年の改正により、訪問看護小規模多機能型居宅介護を組み合わせて提供するサービスとして「複合型サービス」が誕生しました。しかし、提供するサービス内容のイメージがしにくいとの指摘により、平成27年の介護報酬改定において、「看護小規模多機能型居宅介護」に名称が変更となりました。
つまり 複合型サービス=看護小規模多機能型居宅介護です。

5 介護予防訪問介護及び介護予防通所介護の介護予防・日常生活支援総合事業への移行

介護予防訪問介護と介護予防通所介護は平成26年の改正により介護予防・日常生活支援総合事業へ移行することとなりました。

 

この過去問解説について
・できるだけ暗記はせず、問題を理解して解くことを目指しています。
・難しい選択肢は消去法で解けばよいというスタンスです(なるべく解説します)。
・難しい用語の利用や根拠法令の提示はなるべく避け、わかりやすい表現を心がけています。
・試験に合格することを目指しているため、表現が正確ではない場合があります。
・内容には万全を期していますが、誤りがあっても責任は負いかねます。また内容は予告なく修正することがあります。

問題2へ

過去問トップへ