第22回:令和元年度 ケアマネ試験】問題5

指定居宅サービス事業者の指定について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 共生型居宅サービス事業者の指定は、市町村長が行う。
2 居宅サービスの種類ごとに行う。
3 6年ごとに更新を受けなければ、効力を失う。
4 申請者が都道府県の条例で定める者でないときは、指定をしてはならない。
5 都道府県介護保険事業支援計画の見込量に達しているときは、指定をしてはならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答】

2、3、4

 

【どんな問題?】

居宅サービス事業者の指定に関するルールについて問われた問題です。基本的なことが理解できていれば正答できます。

 

【解説】

1 共生型居宅サービス事業者の指定は、市町村長が行う。

居宅サービスの指定は都道府県知事の仕事となっています。共生型居宅サービスも居宅サービスの一部ですので、都道府県知事が指定を行ないます。

2 居宅サービスの種類ごとに行う。

都道府県知事はサービスの種類ごとに一つずつ指定することになっています。例えば訪問介護と通所介護の2事業を同じ場所で行なう事業所の場合、それぞれ指定を受けることになります。

3 6年ごとに更新を受けなければ、効力を失う。

指定の有効期間が6年ということですね。

4 申請者が都道府県の条例で定める者でないときは、指定をしてはならない。

指定申請をした者が要件を満たしていない場合は、都道府県知事は居宅サービス事業者を指定してはならないことになっています。その一つが「条例で定める者でないとき」です。

5 都道府県介護保険事業支援計画の見込量に達しているときは、指定をしてはならない。
消去法で

この過去問解説について
・できるだけ暗記はせず、問題を理解して解くことを目指しています。
・難しい選択肢は消去法で解けばよいというスタンスです(なるべく解説します)。
・難しい用語の利用や根拠法令の提示はなるべく避け、わかりやすい表現を心がけています。
・試験に合格することを目指しているため、表現が正確ではない場合があります。
・内容には万全を期していますが、誤りがあっても責任は負いかねます。また内容は予告なく修正することがあります。

問題4へ     問題6へ     

過去問トップへ