第22回:令和元年度 ケアマネ試験】問題6

指定居宅介護支援事業者について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 被保険者証に認定審査会意見の記載があるときは、その意見に配慮した指定居宅介護支援の提供に努めなければならない。
2 事業所の現員では利用申込に応じきれない場合には、サービスの提供を拒むことができる。
3 管理者は、管理 者研修の受講が義務づけられている。
4 通常の事業の実施地域以外であっても、交通費を受け取ることはできない。
5 利用者が30人の場合には、介護支援専門員は、非常勤で1人置けばよい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答】

1、2

 

【どんな問題?】

居宅介護支援事業者が守るべき基準について問われた問題です。基本的なところを理解していれば正答できます。

 

【解説】

 

1 被保険者証に認定審査会意見の記載があるときは、その意見に配慮した指定居宅介護支援の提供に努めなければならない。

認定審査会意見とは介護認定審査会が要介護(要支援)認定のための判定をする際に付けることができる意見のことをいいます。

2 事業所の現員では利用申込に応じきれない場合には、サービスの提供を拒むことができる。

正当な理由なく居宅介護支援サービスの提供を拒否してはいけません。
「事業所の現員では利用申込に応じきれない場合」は正答な理由の一つです。

3 管理者は、管理者研修の受講が義務づけられている。

そのような義務はありません。

4 通常の事業の実施地域以外であっても、交通費を受け取ることはできない。

「通常の事業の実施地域」以外の地域を訪問してサービスを提供する場合は、交通費を受け取ることができます。

5 利用者が30人の場合には、介護支援専門員は、非常勤で1人置けばよい。

常勤の介護支援専門員が必要です。

この過去問解説について
・できるだけ暗記はせず、問題を理解して解くことを目指しています。
・難しい選択肢は消去法で解けばよいというスタンスです(なるべく解説します)。
・難しい用語の利用や根拠法令の提示はなるべく避け、わかりやすい表現を心がけています。
・試験に合格することを目指しているため、表現が正確ではない場合があります。
・内容には万全を期していますが、誤りがあっても責任は負いかねます。また内容は予告なく修正することがあります。

問題5へ     問題7へ

過去問トップへ