第22回:令和元年度 ケアマネ試験】問題10

介護保険の調整交付金について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 国が市町村に交付する。
2 すべての市町村に一律に交付される定率の公費負担となっている。
3 調整交付金の総額は、介護給付費及び予防給付費の総額の5%に相当する額とする。
4 市町村ごとの第1号被保険者の年齢階級別の分布状況を考慮して交付される。
5 市町村ごとの第2号被保険者の所得の分布状況を考慮して交付される。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答】

1、3、4

 

【どんな問題?】

介護保険の財源のうち国の負担部分は、20%の定率分と5%の調整交付金で構成されます。この調整交付金について問われた問題です。基本的なところを理解していれば正答できます。

 

【解説】

1 国が市町村に交付する。

2 すべての市町村に一律に交付される定率の公費負担となっている。

調整交付金は定率ではなく、市町村の状況に応じて交付金額が調整されます。

3 調整交付金の総額は、介護給付費及び予防給付費の総額の5%に相当する額とする。

各市町村に交付される金額を合計すると介護給付費及び予防給付費の総額の5%になります。

4 市町村ごとの第1号被保険者の年齢階級別の分布状況を考慮して交付される。

後期高齢者の構成割合が多い市町村に多く交付されます。

5 市町村ごとの第2号被保険者の所得の分布状況を考慮して交付される。

第2号ではなく第1号被保険者の所得の分布状況を考慮します。所得が低い人が多い市町村に多く交付されます。

この過去問解説について
・できるだけ暗記はせず、問題を理解して解くことを目指しています。
・難しい選択肢は消去法で解けばよいというスタンスです(なるべく解説します)。
・難しい用語の利用や根拠法令の提示はなるべく避け、わかりやすい表現を心がけています。
・試験に合格することを目指しているため、表現が正確ではない場合があります。
・内容には万全を期していますが、誤りがあっても責任は負いかねます。また内容は予告なく修正することがあります。

問題9へ     問題11へ

過去問トップへ